このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
キッチンスポンジの基本マニュアル!選び方から除菌方法までを解説

キッチンスポンジの基本マニュアル!選び方から除菌方法までを解説

投稿者:ライター 吉田梨紗(よしだりさ)

2020年5月 7日

キッチンのスポンジにはいろいろなタイプがある。材質などの違いがわからず、選び方で迷っている方は多いだろう。この記事では、キッチンで使うスポンジの種類や選び方を解説する。使いやすく収納するコツや除菌方法、交換する頻度など、役立つ知識と合わせてまとめた。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キッチンスポンジの種類や選び方

キッチンスポンジの種類について解説する。特徴とメリットを紹介するので、選ぶときの参考にしてほしい。

素材をチェック

キッチンスポンジの素材は主に3つだ。1つ目の「ウレタンフォーム」は一般的なスポンジ素材で、押すと元の形状に戻る性質がある。目が荒いタイプは泡切れがよく、細かいタイプは泡が立ちやすい。

2つ目の「セルロース」は水を含ませると柔らかくなる天然素材だ。泡立ちはウレタンフォームに劣るが、軽い汚れなら洗剤をつけなくても落とせる。吸水性が高いため、シンク周りに飛び散った水を拭く布巾としても使用が可能だ。

3つ目の「不織布」はゴワゴワとした触り心地が特徴で、頑固な汚れや焦げ付きを落とすのに向いている。研磨剤が入ったタイプはとくに効果が高いが、食器を傷つけることがあるので注意が必要だ。ウレタンフォームのスポンジと一体化したタイプが多い。

「層」の数で選ぶ

キッチンスポンジは、一層と二層、三層のタイプに分かれる。一層タイプは一種類の素材でできており、柔らかく泡切れがしやすいのが特徴だ。柔軟性があるので、コップなど形が複雑で洗いにくい食器に向いており、中にはネットに入ったタイプもある。

複数の素材を組み合わせた二層や三層のスポンジは、表と裏で使い分けができる。ウレタンフォームと不織布を貼り合わせたタイプが一般的だ。柔らかい面で一般的な汚れ、固い面で頑固な汚れというように、汚れの度合いや洗う素材で変えられるのが魅力だ。

三層タイプは機能性の高さが特徴だ。目が粗いタイプのウレタンフォームと細かいタイプのウレタンフォーム、不織布の三層に別れている。目が粗いウレタンフォームは泡切れをよくし、中央の目が細かいウレタンフォームで泡を立てて保持することが可能だ。

2. キッチンスポンジのおすすめ収納方法

キッチンスポンジは生活感が出やすいアイテムだ。スッキリ収納するためのアイデアについて、3つ紹介しよう。

ラックに収納

シンクのラックやホルダーにスポンジを収納すれば使いやすい。もともとシンクに付属しているラックがある場合は、キッチンに合ったオシャレな商品に変えてもよいだろう。洗剤の詰め替え容器とスポンジのカラーをそろえて並べれば、統一感を出すことが可能だ。

吊るして収納

省スペースで収納したいなら、スポンジをキッチンに吊るそう。シンクの上なら、使用後に水を切れるので衛生的だ。クリップや洗濯バサミに紐をつけて吊るし、スポンジを挟むことで収納できる。

ストックは隠す

頻繁に取り替えるキッチンのスポンジは、ストックを用意しておくと便利だ。パッケージから出したあと、専用の容器にまとめて入れておくとわかりやすい。同じスポンジでそろえれば、縦に並べてもスッキリと並べられる。

3. キッチンスポンジを清潔に保つ除菌方法

使用したあとの食器を洗うキッチンスポンジは雑菌が繁殖しやすい。清潔に保つための除菌方法について、詳しく解説する。

簡単な除菌方法

使用後はスポンジについた汚れを洗って落とし、水気が残らないように絞ろう。あとは熱湯をかけたり、天日干しにしたりすれば除菌ができる。

もっと手軽にお手入れをしたいなら、除菌効果がある食器用洗剤がおすすめだ。洗って絞ったあとのキッチンスポンジで泡立てて浸透させるだけで、菌の繁殖を抑えられる。

台所用漂白剤で徹底除菌

より徹底的に除菌したいなら、台所用の塩素系漂白剤を使おう。10mLの台所用漂白剤を1L水に混ぜ、水洗いしたキッチンスポンジをつける。

長くつけすぎると色が変わるので、2分ほどしたらすすいで乾燥させよう。作業中はゴム手袋を着用するのがポイントだ。毒ガスが発生するので、酸性の洗剤と併用してはいけない。

4. キッチンスポンジを交換する頻度

キッチンスポンジは、使っているうちに洗浄力が落ちたり雑菌が繁殖したりする。定期的な交換が必要なので、頻度について確認しておこう。

泡立ちが悪くなったら

使用する状況や回数によって、キッチンスポンジの交換時期は変わる。泡が立ちにくくなったり、形が悪くなったりしたときが交換のサインだ。洗浄力が落ちている状態なので、早めに交換してほしい。

2~3週間に1回

キッチンスポンジを交換する目安は2~3週間に1回だ。泡立ちや形が変わらなくても、内部で雑菌が繁殖している可能性も考えられる。

ほとんど使っておらず小まめに除菌している場合でも、1カ月に1度は交換してほしい。湿気が多く気温が高い時期は雑菌が繁殖しやすいので、早めの交換を心がけよう。

結論

キッチンスポンジを正しく選べば、洗い物の効率がアップする。素材や層の違いをチェックして、使いやすいスポンジを選ぼう。また、清潔に使うためには小まめな除菌が必要だ。除菌タイプの台所用洗剤や台所用漂白剤を活用すれば、安心して使用できるだろう。除菌をしていても長く使っていると機能性が悪くなるので、2~3週間に1度の交換頻度を守ってほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >