このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
クリアファイル収納にお困りの方必見!収納アイデアとおすすめグッズ

クリアファイル収納にお困りの方必見!収納アイデアとおすすめグッズ

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年4月27日

「クリアファイルが増えてしまったが、どれも捨てたくない」という方もいるだろう。そこで問題になるのが収納だ。今回は、クリアファイルをうまく収納するためのアイデアや、収納に便利なおすすめグッズを紹介していくので参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 気づくと増えてしまうクリアファイル、収納にお困りでは?

クリアファイルとは、書類などを収納するためのもので、A4やB5などさまざまなサイズがある。普通に仕事でクリアファイルを使う方も多いが、キャラものやアイドルもの、限定ものなども多く「クリアファイルを集めるのが趣味」という方もいる。

クリアファイルが収納に困るのはなぜ?

数枚なら収納に困ることはほとんどないが、多くなりすぎるとかさばってしまう。クリアファイルは薄くて柔らかいので自立することができない。そのため寝かせて重ねる、本と本の間に挟む、バインダーに挟むなどして収納している方も多いのではないだろうか?

クリアファイルが増えるのはなぜ?

不要になった書類などであればためらうことなく捨てられるのだが、限定品ややっと手に入れたキャラものといったクリアファイルは、そうはいかない。しかも次々と新商品が発売される。

最初は数枚だったクリアファイルも、集めていくうちに増えてしまい、収納スペースがなくなってしまうことも考えられる。

ちょっとした収納に便利なクリアファイルだが、いつの間にか増えてそれ自体の収納に困ってしまうのも、クリアファイルの特徴だ。

2. 増えすぎたクリアファイルをスッキリ収納するアイデア集

増えすぎたクリアファイルは、やはりスッキリと収納したほうがいいだろう。寝かせて重ねてしまうと、何がどこにあるか分からないし、重さで曲がってしまうかもしれない。

趣味で集めた貴重なクリアファイルはとくに、上手に収納してキレイな状態をキープさせたいところだ。そこで、続いてはクリアファイルを収納するアイデアを紹介しよう。

クリアファイルを収納するホルダー

なんと、クリアファイルそのものを収納するためのホルダーが販売されている。100均でも手に入るし、無印良品といった通販でも購入可能だ。A4やA5などサイズがあり、収納できる枚数も異なるので、間違えないようにじっくり選ぼう。

ファイルボックス

ボックスに収納しておけば倒れることがない。ただし、クリアファイルの枚数が少ないとヨレて曲がってしまう可能性がある。ファイルボックスを使うのは、ある程度枚数がある場合か、本など硬いモノを支えにして一緒に収納できる場合にしよう。

ファイルスタンドや書類棚

ファイルスタンドとは、書類を立てたまま保管できるボックスだ。中に仕切り板があるものも多いので、クリアファイルの種類ごとに分けて収納するのに便利だろう。

書類棚は、引き出しが付いた小さめの棚のこと。収納できる量は少ないかもしれないが、ホコリや日焼け(色あせ)などからも守れるので、大切なクリアファイルなどの収納に向いている。

3. クリアファイルに最適!おすすめの収納グッズ3選

それでは最後に、クリアファイルに最適な収納グッズを紹介する。似たような商品はたくさん販売されているので、参考にしていただき自分好みのグッズを見つけてほしい。

アニメイト「クリアファイル収納ホルダー」

先ほどお伝えした、クリアファイル自体を収納するためのホルダーだ。A4サイズがちょうど収まるサイズになっている。ポケットが20付いているので、トータル40枚のクリアファイルを収納できる。

コアデ「大容量クリアファイル収納ホルダー」

同じくクリアファイル自体を収納するためのホルダーなのだが、こちらは大容量タイプだ。ポケットが40付いており、トータル80枚のクリアファイルを入れておける。表紙が透明なので、中に何が入っているかも分かりやすい。

無印良品「ポリプロピレンファイルボックス」

こちらは、幅約10cm、奥行き約32cm、高さ約24cmのA4用のファイルボックス。無印良品らしいシンプルなデザインが特徴だ。半透明タイプなので、両サイドに目印となるクリアファイルを入れておけば中身を認識しやすいだろう。

結論

クリアファイルは、油断しているとすぐに増えてしまうことがある。大切な書類が入ったクリアファイルや限定もののクリアファイルなどは、折れ曲がったり紛失したりしないよう、ホルダーやボックスを使って上手に収納しよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >