このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【Tシャツの黄ばみの落とし方】重曹を使った対策と予防方法

【Tシャツの黄ばみの落とし方】重曹を使った対策と予防方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月22日

動きやすく、過ごしやすいTシャツは季節や年代を問わず人気の衣類である。お気に入りのTシャツを大事に持っている方も多いだろう。しかし、いざTシャツを着ようとしたときに、首元や脇などが黄ばんでしまっていることがある。そこで今回は、Tシャツの黄ばみの原因と落とし方のコツを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. Tシャツの黄ばみの原因と落とし方のコツ

Tシャツの黄ばみをキレイに落とすためには、汚れの原因を理解し、適切に対処する必要がある。まずは、Tシャツの黄ばみの原因と効率のよい落とし方のコツを知ろう。

Tシャツの黄ばみの原因

Tシャツの黄ばみの原因は、皮膚から分泌される皮脂である。そのため、汗をかきやすい首元や脇に黄ばみができやすい。毎回きちんと洗濯できていれば問題ないが、洗濯が不十分だった場合は皮脂を落としきれず、黄ばみができてしまう。

汗で汚れたTシャツを放置したり、洗濯時間を短縮したりすると黄ばみはできやすいので、汗をかいた日は洗濯方法に注意しよう。黄ばみを放置していると、ホコリや汚れなどが付着して黒ずみができてしまうこともあるので、早めに対処しよう。

黄ばみの落とし方のコツ

黄ばみの原因である皮脂は、酸性の性質を持った汚れである。汚れを落とすときの基本は、中和させることだ。皮脂のような酸性汚れの場合は、アルカリ性の洗剤を使うと効率的に落とすことができる。家庭用の掃除道具として人気のクエン酸などは、酸性の性質を持っているのでTシャツの黄ばみとはあまり相性がよくない。

また、皮脂はお湯に溶けやすいという性質も持っている。食器などについている油汚れをお湯で洗うと落ちやすいように、皮脂も40℃程度のお湯を使うとキレイに落ちやすい。皮脂の性質を理解して、効率的に漂白しよう。

2. Tシャツの黄ばみには重曹がおすすめ!

重曹はアルカリ性の性質を持ち、自然由来の成分なので人体への影響が少ないのが特徴だ。小さな子どもやペットがいる家庭、皮膚の弱い方でも安心して使用できるのが魅力である。ここでは、重曹を使ってTシャツの黄ばみを落とす方法を紹介する。

重曹ペーストを塗り込む

重曹は白くサラサラとした粉末で、そのままふりかけたり水に溶かしたりして使用することが多い。Tシャツの黄ばみを落とすのに使う場合は、少量の水に溶かしてペースト状にするとよい。

Tシャツの黄ばみ部分に重曹ペーストを塗り込み、1〜2時間程度放置しておくと、重曹が皮脂を中和して黄ばみが落ちやすくなる。しっかり中和したあとは通常通り洗濯機で洗えばよい。部分的な黄ばみにおすすめの方法である。

重曹で煮洗いする

煮洗いとは、洗濯物を鍋などで煮て洗う方法である。殺菌や消臭の効果が期待できるので、Tシャツの黄ばみや雑巾など、頑固な汚れの洗濯におすすめだ。ただし、色柄もののTシャツは色落ちのおそれがあるので注意しよう。

煮洗いの方法は、まず水とTシャツを鍋に入れ火にかける。お湯が沸いたら重曹を入れる。沸騰したお湯に重曹を入れると泡が発生し、吹きこぼれることがあるのでやけどに注意しよう。しっかりと黄ばみが落ちたら、鍋から取り出し、通常通り洗濯機で洗えば終了だ。鍋から取り出すときはトングなどを使うと便利である。

3. Tシャツの黄ばみを防止するには?

軽い黄ばみは重曹で落とすことができるが、時間が経ってしまって黄ばみがしみ付いている場合は落とすのが難しいこともある。無駄な家事を増やさないために、普段の生活を工夫して黄ばみを防止しよう。

お湯で洗濯する

黄ばみの原因である皮脂は油汚れの一種である。食器などに付着した油汚れは、水よりもお湯を使ったほうが落としやすいが、皮脂も同様にお湯で洗うのが効果的だ。普段の洗濯でお湯が使える場合は活用してもよいだろう。風呂の残り湯などを利用すると節水にも役立つ。

洗浄力重視なら粉末洗剤

洗濯用洗剤には粉末タイプや液体タイプ、ジェルボールタイプなどがあるが、この中で最も洗浄力が高いのは粉末タイプの洗剤である。粉末洗剤は水の温度や量などによって溶け残ってしまうことがあるので、あまり使わないという方も多いだろう。しかし、洗浄力の点では弱アルカリ性の粉末洗剤がすぐれているので、黄ばみの防止になる。Tシャツが黄ばみやすいという方は、一度洗剤を見直してみるのをおすすめする。

肌着を着る

黄ばみは、Tシャツに皮脂が付着することが原因である。肌着を着れば、Tシャツに皮脂がつくのを防止する効果が期待できる。脇に汗をかきやすい方は、袖付きの肌着がおすすめだ。暑い時期は吸水速乾生地の肌着などを活用すると、ストレスを軽減できるだろう。

結論

Tシャツの黄ばみは、少しの工夫で防止することができる。まずは黄ばみを作らないことを意識して、普段の洗濯や生活を見直すとよいだろう。もしも黄ばみができてしまった場合は、アルカリ性の重曹などを利用すれば効率よく漂白できる。重曹は洗濯以外にも幅広く使えるものなので、いつでも使用できるように常備しておこう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >