このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
クローゼットには「棚」がおすすめの理由。収納のコツやDIYも紹介

クローゼットには「棚」がおすすめの理由。収納のコツやDIYも紹介

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年5月 2日

クローゼットという限られた空間をいかに有効活用するかで、収納力が大幅に変わってくる。うまく収納できない方は、棚を取り入れてみよう。クローゼットにおすすめの棚や、限られた空間を生かす収納のコツ、賃貸OKのDIY棚などを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「棚」でクローゼットの限られた空間を生かすコツ

映画に出てくるような、ウォークイン・クローゼットが備わっているご家庭ならそれほど苦労しないかもしれない。だが現実は、なかなかそうはいかない。クローゼットは空間が限られており、デッドスペースをいかになくしていくかが上手な収納のコツとなる。そこでおすすめしたいのが「棚」だ。

デッドスペースを生かすのがコツ

クローゼットで多いのは、ハンガーパイプが1本(あるいは前後に2本など)設置されており、その上に棚板があるといったタイプだろう。通常はハンガーパイプに衣類を、棚板の上に小物や季節モノの寝具、使用頻度の少ないアイテムなどを置くのが一般的だ。

このとき、衣類の下に使いにくい中途半端なスペース、いわゆるデッドスペースができていないだろうか?実はそのデッドスペースを生かすのが、今回のテーマである棚の、大きな役割なのである。

クローゼット+棚がおすすめの理由

円型のデッドスペースなら話は変わってくるが、クローゼットに生まれるデッドスペースはたいていの場合、両サイドおよび奥の壁と、床に囲まれた四角い空間だろう。

その四角い空間を、棚を使ってさらに四角く区切っていくことで効率よくスペースを埋めていける。クローゼット+棚をおすすめする理由はここにある。

ただし別のポイントも

そもそも、モノが溢れかえっているとしたら、いくら棚を取り入れてもクローゼットはスッキリしない。モノが多い方は、まず「必要なモノ」「要らないモノ」に分けることが先になる。

たとえば衣類なら「毎日」「ときどき」「季節ごとに入れ替える」などに分けておこう。その際「1年着ていない」など出番がほとんどない衣類は、思い切って処分することも大切だ。クローゼットの収容量に応じたモノの量に調整していこう。

2. 賃貸もOK!クローゼットの「棚」をDIYする方法

クローゼットに、棚がないこともある。持ち家なら棚を設置することで解消できるが、賃貸にお住まいの方は、トラブルの元になるので勝手に棚を追加するのはキケンだ。

もちろん市販の棚を購入する手もあるが、ここでは賃貸でもOKという、クローゼットの棚のDIY方法を紹介しよう。

賃貸OK!棚がないクローゼットのDIYアイデアその1

  • クローゼットに生じたデッドスペースのサイズを測る
  • 「1」に合わせて市販のメタルラックを購入する
  • メタルラックに、同じく市販の突っ張り棒を渡らせる
たったこれだけでクローゼットに棚が完成する。突っ張り棒は衣類や小物などを追加で掛けたいときに便利だが、使わなくても構わない。DIYというと大がかりなイメージがあるが、組み立てるだけなのでどなたでも簡単に棚が作れるだろう。

賃貸OK!棚がないクローゼットのDIYアイデアその2

  • クローゼットに生じたデッドスペースのサイズを測る
  • 「1」に合わせて、柱になる角材およびダボレール、棚板を購入する
  • ビスを使って角材にダボレールを固定し、棚板を載せる
ダボレールとは、内側に棚板が載せられるほどの突起がついた支柱。高さを調節できる便利なアイテムだ。賃貸の場合、ビスを打ち付けて壁にダボレールを直接固定するのはNGなので、角材に固定しよう。

市販の棚ではサイズが合わない、せっかくならオリジナルの棚を作りたいという方は、ぜひDIYにもチャレンジしてみてほしい。

3. クローゼットにピッタリ!おすすめの「棚」3選

最後に、クローゼットにピッタリな棚を紹介する。棚選びに迷ったときの参考になれば幸いだ。

天馬「ピタッ!と伸びるん棚」

幅76〜93cm、奥行き37cm、高さ(4段階)36〜43cmで伸縮する棚。クローゼットに生じたデッドスペースに合わせて調節できる。なおこちらはレギュラータイプだが、トールタイプなら高さ48〜80cmまで無段階で調節できる。

ニトリ「マルチラック Sユーティー」

幅21cm、奥行き54cm、高さ64cmとスリムな棚がこちら。空間に余裕のないクローゼットでも設置しやすいだろう。キャスター付きなので出し入れが楽にでき、ロックをかければ安定感もある。棚板の高さは調節可能だ。

JAJAN「キャスター付きコミックラック」

幅56cm、奥行き20.5cm、高さ60cm(いずれも内寸)のコミックラックではあるが、クローゼットに置いて小物などを収納する棚としても使える。同じようにキャスターが付いており、可動棚も2枚あるのでアイテムに合わせて調節できる。

結論

クローゼットにできてしまったデッドスペースは、棚を使えば上手に埋めることができる。ただし、そもそもモノが多ければ棚を取り入れてもゴチャゴチャしてしまうおそれがある。まずはモノを整理し、量を調節してから棚を設置しよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >