このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カトラリーの収納方法を紹介!おしゃれに見せる収納もDIYできる!

カトラリーの収納方法を紹介!おしゃれに見せる収納もDIYできる!

投稿者:ライター 藤田幸恵 (ふじたゆきえ)

2020年5月28日

カトラリーは、システムキッチンに備え付けの引き出しに収納しているという方も多いだろう。だが、引き出しのスペース以上にカトラリーが増えてしまい、収納しきれないと悩んでいる方もいるかもしれない。また、適当な引き出しがない場合には、カトラリーを置く場所に困っているという方もいるだろう。カトラリーをすっきり収納するためのコツや、簡単なDIYで収納アイテムを作る方法を解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カトラリーをすっきり収納する方法やコツ

システムキッチンなどにある備え付けのカトラリー収納スペースがある方は、そこに手持ちのカトラリーがすべて収納できれば、キッチンがすっきり片付くだろう。引き出しの中にカトラリーを使いやすく収納するポイントを紹介しよう。

カトラリーを引き出しに収納するなら、種類ごとに分けておくと使いやすい。仕切りケースやトレイを引き出しに入れて使うのがおすすめだ。ケースは100均やホームセンターなどで購入できる。引き出しにぴったりなサイズであることが、仕切りケースやトレイを選ぶポイントだ。伸縮可能なケースや複数のトレイを組み合わせて使うなど、サイズ合わせを工夫してみよう。

2. 引き出しがない場合のカトラリーの収納術

キッチンに引き出しがない場合、カトラリーはどのように収納したらよいのだろうか?

瓶やカップに立てる

空き瓶やカップにカトラリーを立てて収納する方法がおすすめだ。カトラリーの長さに合わせて瓶やカップの大きさを変えると、取り出しやすい収納になる。

コンテナボックスに入れる

100均のコンテナボックスや収納ケースにカトラリーを入れて、食器棚などに置くのもよいだろう。家族の箸やフォークなどといった、毎食使うカトラリーとそれ以外に分けて別々のボックスに入れて収納しておくのがおすすめだ。普段使いのボックスのほうを取り出して食卓に出すと、食事の準備が簡単になる。ボックスはスタッキング可能なものを選んで2段に重ねて置くと、収納スペースも最小限で済む。

3. おしゃれな見せるカトラリー収納アイデア

カトラリーをそのまま出しておくと、どうしても生活感が出てしまう。カトラリーをおしゃれに見せながら収納する方法を解説する。

カトラリー入れにこだわる

カトラリーを収納するボックスや瓶などにこだわると、それだけでおしゃれに見せられる。例えば、籐製のかごや白いホーローのマグカップなどに入れると、カフェのような雰囲気が出る。そのまま卓上に出してもおしゃれだ。カトラリー入れを複数使う場合には、すべて同じものにすると統一感が生まれる。

吊るしてみる

キッチンにスペースがないときは、カトラリー収納自体を吊るすこともおすすめだ。ワイヤーネットや突っ張り棒、S字フックを使うことで簡単に吊るす収納を作れる。

4. カトラリー収納アイテムをDIYしてみよう

気に入ったカトラリー収納がない場合は、DIYしてオリジナルのものを作ってみよう。

100均のカトラリーケースをリメイクする

100均には木製のカトラリーケースが売られている。そのまま使ってもよいが、少し手を加えるだけでおしゃれ感が増す。例えば、ケースの底にタイルシールを貼ったりおしゃれな布を敷いたりすると、オリジナルのカトラリー収納になる。

引き出しにぴったりの仕切りを自作する

カトラリーを収納できる引き出しがあるなら、ホームセンターなどで販売されている工作用木材で仕切りをDIYするのもおすすめだ。工作用木材を使えば、カッターと木工用ボンドで仕切りを作ることができる。引き出しのサイズを測ったり手持ちのカトラリーを把握したりして、事前に設計図を書いておくことがDIYのコツだ。

結論

カトラリーはさまざまな種類があり、所有する数も多くなりがちだ。このため、カトラリーの収納に悩んでいる方も多いだろう。キッチンに収納に適した引き出しがあれば、それを利用しない手はない。使いやすいようにカスタマイズしてみよう。引き出しがない場合には、瓶にカトラリーを立てたり収納ボックスに入れたりして、そのまま卓上に出せるようにすると便利だ。ご家庭によって使いやすいタイプは異なるので、ぜひ記事を参考に試してほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ