このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
タオルの黄ばみを落とそう!酸素系漂白剤と重曹で白さを取り戻す方法

タオルの黄ばみを落とそう!酸素系漂白剤と重曹で白さを取り戻す方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月 3日

新品のときは真っ白だったタオル。洗濯を重ねるうちに黄ばんでしまった経験がある方も多いだろう。洗濯機でしっかり洗ったつもりでも、なぜか黄ばみが強くなっていく。そんなときにはいつもの洗濯前にひと手間加えて黄ばみ落としをしよう。今回はタオルが黄ばむ原因とその対処法を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. タオルに黄ばみが起こる原因

タオルの黄ばみのおもな原因は、服の繊維の中に残った皮脂や石鹸カスである。洗濯をしてもこれらの物質が完全に取れないこともあり、残ってしまった物質が空気に触れて酸化し黄色くなる。液体洗剤よりも粉石鹸(粉末洗剤とは別のもの)のほうが繊維内に残りやすいため、粉石鹸を使っている方はとくに注意してほしい。そのほかにも洗剤に含まれている蛍光増白剤が完全に落ちていない、日光によるタオルの日焼けなどタオルの黄ばみには複数の原因がある。

また、タオルの素材にも注目しよう。綿や麻などは折り目が粗いため、内部に皮脂や石鹸カスが入り込みやすい。内部に入ってしまった汚れは通常の洗濯ではなかなか取れず、何度洗濯をしてもキレイにならないという状況が起こってしまうだろう。タオルの黄ばみを感じたら、お湯や漂白剤などを使って一度特殊な洗濯方法を試す必要がある。

2. タオルの黄ばみを落とす基本の方法

一度黄ばんでしまったタオルでも、適切な処理をすることで黄ばみを落とせる可能性がある。タオルの黄ばみには酸素系漂白剤を使う方法がおすすめだ。

酸素系漂白剤は、酸素の効果で汚れを分解したり漂白したりできる洗剤である。通常、漂白剤というと「塩素系漂白剤」のイメージが強く、色落ちしてしまうと心配になるかもしれない。しかし、酸素系漂白剤は塩素系と違い色落ちしないため、色や柄のあるタオルでも使用可能だ。黄ばみだけではなくタオルの黒ずみや臭いにも効果がある。

歯ブラシとつけ置きで優しく落とそう!

最初に黄ばみが気になる部分に台所用洗剤をかけて、歯ブラシでこする。この時点で汚れが落ちていなくても良いので、生地を傷めないように優しくこすろう。
次は洗面器やバケツなどの容器に40℃程度のお湯をはり、酸素系漂白剤を入れたらしっかりとかき混ぜる。水の量に対してどれくらいの酸素系漂白剤を入れるかはラベルなどを確認する。漂白剤が混ざったら先ほどのタオルを入れて30分程度つけ置きしよう。最後は洗濯機で水洗いをして完了だ。

3. タオルの頑固な黄ばみを落とす方法

タオルを漂白剤につけ置きしても黄ばみが取れないこともあるだろう。そんな頑固な黄ばみを落とす2つの方法を紹介する。

煮沸消毒でタオルを徹底除菌!

煮沸消毒で使うのは水だけなので、安心して行える除菌方法だ。用意するのはステンレスまたはホーローの鍋と水だけである。しかし、この方法が使えるのは綿または麻のタオルのみで、化学繊維のタオルは不向きなため注意しよう。

1.鍋に1リットル程度の水を入れて沸かす
2.黄ばみが気になるタオルを入れたら弱火で20~30分煮込む
3.タオルを取り出し、水ですすぐ
4.洗濯機ですすぎと脱水をしたら干す

白いタオルは塩素系漂白剤を使っても良い

どうしても取れない頑固な黄ばみには漂白効果が高い塩素系漂白剤を使う方法もある。しかし、塩素系の漂白剤は色落ちする可能性があるため白いタオルにしか使えない。また、繊維にもダメージが大きいため、上記で紹介した方法を試しても取れなかった場合の手段として使うのをおすすめする。手荒れ防止のためゴム手袋を付けて作業を行おう。

1.水1リットルに対して10ml程度の塩素系漂白剤を入れ、漂白液を作る
2.黄ばんだタオルを入れて30分程度つけ置きする
3.漂白剤の成分が残らないようによくすすいで干す

4. タオルの黄ばみの予防方法

今回紹介した方法でタオルの黄ばみのほとんどは落とせるが、できればタオルはきれいな状態でキープしたいものだ。漂白を行う手間を省くためにも、タオルの黄ばみを予防するポイントを押さえておこう。

こまめな洗濯

濡れたままのタオルを洗濯機の中に長時間放置しているとカビや雑菌が繁殖してしまう。また、洗濯機に洗濯物を詰め込むと汚れが落ちにくくなり黄ばみの原因になるので、できるだけこまめな洗濯を心がけよう。

洗剤を入れすぎない

洗剤の量が多いと洗濯をしても余分な洗剤が残ってしまい、黄ばみの原因となる。洗剤は多く入れればいいというわけではなく、適切な量を使うようにしよう。

結論

今回は、タオルの黄ばみの原因や黄ばみの落とし方を紹介した。タオルは使用頻度が高く、使い続けることで汚れが蓄積してしまう。タオルをきれいな状態に保つためにも黄ばみの原因を知り、黄ばみを防ぐためのポイントを実践しよう。そして今回紹介した洗濯方法や小ワザを活用し、きれいなタオルを気持ちよく使ってもらいたい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ