このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
車用掃除機のメリットと選ぶときにチェックしておきたいポイントとは

車用掃除機のメリットと選ぶときにチェックしておきたいポイントとは

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

2020年5月 1日

愛車の室内は、いつもキレイにしておきたいものだ。あなたは車内の掃除はどうしているだろう。家庭用掃除機や洗車場に備えられた掃除機を使う方もいるだろう。しかし、車用掃除機を利用すると実に使い勝手がいいことがわかる。家の中でもセカンド掃除機として活躍する。車用掃除機のメリットと選ぶときにぜひチェックしておきたいポイントを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 車用掃除機のメリット

車用掃除機として使える「DC12V電源」のハンディクリーナー。数年前までは吸い込みが悪くて使えない掃除機の代名詞だった。しかし、最近になってパワーアップして実用的に優れた製品がたくさん出てきている。

小回りが利く

家庭用の掃除機では本体が大きすぎて社内の狭いスペースでは動きにくくなってしまう。その点、車用掃除機は、コンパクトなので車内での使い勝手がいい。

小回りが利くので、食べカスなどが入り込みやすい隙間やドアポケットなどの掃除も簡単にできる。

電源の心配をしなくてもいい

電源もシガーソケットから取れるし、コードレスタイプの車用掃除機もある。家から電源を取らなくてもいいので、離れた駐車場でも思い立ったときにサッと取り出して掃除をすることができる。

収納がラク

車用掃除機は片手で操作できるくらいのコンパクト設計のため、車内に置きっぱなしにしておいても邪魔にならない。必要なときに取り出してすぐに使うことができる。

2. 車用掃除機の選び方

車用掃除機を選ぶときには、まず何を最優先にするかを考えよう。また、掃除をする車の大きさなども考慮して、使い勝手のいいものを選ぶようにしよう。

吸引力の強さ

今までの車用掃除機に足りなかった吸引力の強さだが、最近はだいぶ改善されてきたようだ。吸引力の強さを確認するには「吸引仕事率」を確認しよう。

これはJIS規格で決められた数値で「吸引仕事率〇〇W」と表記されている。W数が大きければ大きいほど吸引力が強いことを示す。ただし、W数が大きいと消費電力が増えるため、充電式では稼働時間が短くなってしまう。

電源方式

自動車用掃除機には「コンセント式」と「コードレス式」がある。コンセント式は、エンジンをかけて車内のシガーソケットから電源を供給するタイプだ。コードレスのように充電切れを心配する必要がないので、じっくり掃除ができる。

その反面、コードが短いと届かない場所が出てくるかもしれない。自分の車の大きさに合わせてコードの長さも考えておきたい。

コードレス式は、コードがないぶん小回りが利く。また、汚れたらサッと取り出して使えるので便利だ。ただし、充電時間が長いわりに使える時間が短いのがウィークポイントだ。

重さ

車用掃除機を使うときには、片手で掃除機を持ち、もう片方の手でシートやフロアーマットを上げ下げしなければならない。そのため重さも選ぶときの重要ポイントになる。できるだけ1㎏を超えない程度の重さのものを選ぶようにしよう。

3. 車用掃除機の使い方

車用掃除機で車を掃除するときには、使い方のコツがある。より効果的に車内をキレイに掃除しよう。

コンセント式はエンジンをかけて掃除する

車のシガーソケットを電源供給にするコンセント式車用掃除機の場合、エンジンをかけながら掃除をする。エンジンはかけずにアクセサリーオン状態でも使える。しかし、車用掃除機は思った以上に電力消費が大きいので、バッテリーが上がってしまう可能性がある。

アタッチメントを駆使する

車内構造は実に複雑だ。シートの隙間や下など、手が届きにくい場所も多い。さらに、ホコリや砂などのいろいろな汚れが混在している。そのようなときには、アタッチメントを駆使しよう。手が届きそうもない奥の汚れには長いノズル、フロントパネルにはブラシなど、場所によって使い分けると掃除がしやすい。

4. 車用掃除機のメンテナンス

車用掃除機は、ときどきメンテナンスをしておかないと吸い込みが悪くなってしまう。基本的なメンテナンスを紹介しよう。

ダストカップとフィルターはこまめに掃除する

使い終わった車用掃除機は、吸い取ったゴミをそのままにしておくと吸い込み力が弱くなってしまう可能性がある。とくにフィルターは、付着した汚れをきれいに落としておくことが大切だ。

水洗い可能なものは、中性洗剤を薄めた水に浸け置きして洗い、風通しのよい日陰でしっかり乾燥させてから車用掃除機本体にセットしよう。

結論

車用掃除機は、コンパクトでさまざまなアタッチメントが付いている。狭い車内を掃除するのに使い勝手は抜群だ。小さな子どもを乗せている場合は、食べこぼしなどの汚れも多く、車内の悪臭の原因にもなる。車用掃除機を選ぶときは使うときのことをイメージして、自分の車に合ったものを選ぶようにしよう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ