このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ステンレスの水垢を落とすのに効果的なのは?掃除方法と予防法も!

ステンレスの水垢を落とすのに効果的なのは?掃除方法と予防法も!

投稿者:ライター 松本マユ (まつもとまゆ)

2020年5月20日

ステンレスのシンクに白っぽい汚れが付いていたら、それは水垢だろう。掃除せずに放置すると水垢は頑固になり、少しこすった程度ではなかなか取れなくなってしまう。白く曇ったステンレスをピカピカにするのに効果的なアイテムや掃除方法、それでもキレイにならない場合の対処法、水垢の予防法をまとめて解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ステンレスが水垢でくすんでしまう原因

ステンレスのシンクに白いうろこのような水垢ができるのは、水道水に含まれるミネラル成分が原因だ。水道水には「炭酸カルシウム」や「マグネシウム」などのミネラルが含まれている。それらの成分は水分が蒸発したあともステンレスに残り、掃除をしないでいると石灰化して硬い水垢となるのだ。

ステンレスに付着した水垢は、放置すると徐々に頑固な汚れになっていく。水をかけてこすっただけでは取れにくくなるため、日ごろから水垢予防の掃除をするなどして対処したい。

2. ステンレスの水垢落としに効果的なもの

汚れは酸性やアルカリ性といった性質をもつ。酸性の汚れには油汚れや皮脂汚れなどがあり、これらはアルカリ性の洗剤で落ちやすい。一方、水垢はアルカリ性で、落とすには酸性の洗剤が効果的だ。そのためステンレスに付着した水垢は、酸性であるクエン酸で落としやすい。

掃除用のクエン酸はホームセンターやドラッグストアのほか、最近は100均でも売っているので手に入れやすいだろう。クエン酸がない場合は、酸性の性質をもつレモン汁でも代用できる。
クエン酸はステンレスの水垢落としのほか、トイレや風呂の掃除にも効果がある。さまざまな場所に使えるため、家庭に1つ常備しておくのがおすすめだ。

次からは、クエン酸やレモン汁でステンレスをピカピカにする方法を解説していく。
おすすめ商品

3. ステンレスの水垢を取る方法

クエン酸でステンレスの水垢を掃除するには、まず以下のアイテムを用意しよう。

・クエン酸(またはレモン汁)
・スプレーボトル
・キッチンペーパー
・輪ゴム
・スポンジ
・ゴム手袋

1.クエン酸スプレーを作る

まずはクエン酸で洗浄液を作ろう。クエン酸を水に混ぜて溶かし、スプレーボトルに入れる。200mlの水に対して小さじ1杯程度のクエン酸を入れるといい。レモン汁で代用する場合はそのままの濃さでスプレーしよう。

2.水垢の上にスプレーをかける

手順1で作ったクエン酸洗浄液を、ステンレスの水垢の上に噴射する。洗浄液が流れてしまわないよう、キッチンペーパーに含ませてステンレスを覆い、パックするといい。蛇口などにキッチンペーパーが巻き付きにくい場合は、輪ゴムを使ってしっかりと留めよう。

3.しばらく放置する

キッチンペーパーでステンレスのシンクをパックした状態で、少なくとも30分は放置する。水垢がひどい場合は2時間ほど置くのもおすすめだ。

4.水で流す

時間がたったらキッチンペーパーを外し、スポンジにクエン酸洗浄液をたっぷり含ませてこする。水で流すとステンレスが見違えるほどキレイになっているはずだ。

4. ステンレスの水垢が取れない場合の対処法

クエン酸やレモン汁を使った方法でもステンレスがキレイにならない場合は、水垢が付いてから相当な時間がたち、汚れが頑固になっているのだろう。その場合は研磨剤でステンレスを磨き、水垢を剥がしてしまおう。

用意するのはメラミンスポンジやクレンザー、もしくは耐水ヤスリだ。
メラミンスポンジには水をたっぷり含ませ、水垢をゴシゴシこすろう。クレンザーは適量をスポンジにのせてこするといい。

研磨剤を使うときの注意点

メラミンスポンジ、クレンザー、耐水ヤスリなどを使う際は、ステンレスに使えるかどうかを事前にチェックすることが大切だ。汚れを削り取ってくれる研磨剤だが、コーティング加工されたステンレスの場合は傷がつくこともある。
おすすめ商品
おすすめ商品

5. ステンレスの水垢を予防する方法

水垢の原因は水道水に含まれるミネラル成分だ。そのため水垢を予防するには、ステンレスに水分を残さないようにするといい。ステンレスのシンクを使ったあとや1日の終わりには、拭き掃除を行って水分が残らないようにしよう。

また、定期的な掃除も大切だ。週に1回はクエン酸やメラミンスポンジ、クレンザーなどでステンレスをしっかり掃除しよう。水垢はできてからすぐに掃除すると取れやすいうえ、こまめにお手入れすることで頑固な水垢へと変化するのを防げる。

結論

ステンレスのシンクに水垢がこびりつくと、表面が白く曇ることで汚れて見えてしまう。クエン酸やメラミンスポンジを使って掃除すると、まるで新品のシンクのようにピカピカに生まれ変わるだろう。日々の予防法も参考に、清潔なステンレスを保ってほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >