このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ガスコンロのカバーが超優秀!おすすめや選ぶポイント、手作り方法も

ガスコンロのカバーが超優秀!おすすめや選ぶポイント、手作り方法も

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年5月14日

「キッチンの作業スペース不足」にお困りの方に、ぜひ使っていただきたいのがガスコンロのカバーだ。ガスコンロのカバーが人気の理由を解説するとともに、選ぶときのポイントやおすすめ3選、手作りする方法などをお伝えしていく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ガスコンロにカバーをおすすめする理由

キッチンの作業スペースが足りなくて困っている、という方は、ぜひガスコンロのカバーを使ってみてほしい。

ガスコンロのカバーをおすすめする理由

「ガスコンロが作業台なら...」と考えたことがある方も多いだろう。ガスコンロの上は、基本的にデッドスペースになる。IHならほとんどが平面だが、ガスコンロの場合は凹凸があってモノが置きにくい、というのが主な理由だ。

とくに料理をよくする一人暮らしの方などは、切った野菜をどこに置くかで悩むこともあるだろう。

だが、そんな悩みを解消してくれるかもしれない心強いアイテムがある。ガスコンロに被せるカバーだ。ガスコンロの使用中はさすがに無理だが、ガスコンロを使っておらず、かつカバーを被せている間は作業台として使える。

カバーが広い作業台になれば調理の効率化が図れるし、食材などの置き場所に悩むストレスも、きっと軽減されるだろう。

作業台としてだけではないカバーの魅力

作業スペースが増えることが、ガスコンロのカバーをおすすめする大きな理由だが、実はカバーにはほかにも効果がある。

たとえば、ガスコンロを使っていないときにカバーを被せておくことで、ホコリなどの汚れが溜まるのを防げる。ガスコンロは掃除がしにくい設備なので、ホコリが溜まりにくくなるのはうれしいポイントだろう。

また、ガスコンロを使っている間、立てておくことができるカバーも多い。油などが壁に跳ねるのを防いでくれる効果もある(ただしカバーは汚れるので掃除は必要だ)。

2. ガスコンロのカバーを選ぶときのポイント

ガスコンロのカバーは、意外と多くの種類が販売されている。選ぶときにどこを見ればよいか、ポイントをお伝えしよう。

ガスコンロのカバー選びのポイント

・サイズ
・ガスコンロの種類
・色やデザイン

1口や3口など、ガスコンロのサイズはいろいろある。カバーにも同じように適合するサイズがあるため、購入する際はピッタリ合うものを選ぼう。

また、ビルトインのガスコンロか、据え置きのガスコンロかによっても適するカバーが変わってくる。サイズとあわせてチェックしておこう。

ガスコンロの「排気口」向けのカバーもある

ガスコンロのカバーは、文字通りガスコンロ全体を覆ってくれるものと、排気口のみを覆ってくれるものがある。後者は、排気口にホコリなどが溜まるのを防げるだけでなく、天板に調味料などを置けるものもある。キッチンの限られたスペースを有効に使いたい方にもおすすめだ。選ぶ際は、排気口の横幅や奥行きはもちろん、高さにも適合するか確認しておこう。

3. ガスコンロのカバーはどれがおすすめ?

ガスコンロのカバーには、たとえば以下のような商品がある。いずれもおすすめなので、迷ったときは参考にしてほしい。

山崎実業「折り畳みガスコンロカバー タワー ワイド」

幅54.5cm、奥行き33.5cm、高さ7.2cmで、2〜3口のビルトインのガスコンロに合うカバー。倒れにくいよう、脚部にストッパーが付いているほか、使わないときはコンパクトに折り畳んで収納できる。

池永鉄工「ガスコンロカバーIK-10B」

幅59.5cm、奥行き43cm、高さ5cmのカバー。こちらは据え置きのガスコンロに合うタイプだ。火を使っているときは立てておけるので、油跳ねなどを防げる。内側に鍋のふたキャッチャーが付いているのも特徴。

川口工器「洗いやすい排気口カバー」

最後は、ガスコンロの排気口専用のカバー。前部には「くの字」型の返しがあるため、油やこぼした液体などでガスコンロが汚れてしまうのを防げる。グリルの使用中は立てておけるほか、サッと拭くだけの簡単お手入れもうれしい。

4. ガスコンロのカバーを手作りしたいときは

ほしいガスコンロのカバーに出会えなかったとき、個性的なガスコンロのカバーがほしいときなどは、思い切って手作りをしてしまう方法もある。

手作りカバーに必要な材料

・合板
・角材
・釘
・金槌
・のこぎり
・ブライワックス
・持ち手
・ネジ
・ドライバー(電動がおすすめ)
・お好みのステンシル

カバーを作るには、こうした材料が必要だ。合板や角材を買う前に、必ずガスコンロのサイズを測っておこう。コンパクトに収納するなら、持ち手はホームセンターなどで手に入る。とくに必要というわけではないが、持ちやすさを重視する方はあると便利だろう。

ステンシルは、最後の仕上げに使うアイテムだ。100均でも手に入るので、男らしくカッコいいデザインのものを選んでおこう。

ガスコンロのカバーを手作りする方法

1.ガスコンロのサイズに合わせ、のこぎりで合板をカットする
2.「1」でカットした合板の両サイドに、釘と金槌で角材を固定する
3.表に返してブライワックスを塗っていく
4.ネジとドライバーを使って、持ち手をお好みの場所に固定する
5.ステンシルで文字や数字などを入れて完成

「2」の角材は、「1」でカットした合板の幅(奥行き)に合わせてカットしておこう。また電動ドライバーは慣れていないと危険なことがある。不安な方は、少し面倒だが手動のドライバーを使ったほうがいいだろう。

結論

ガスコンロが作業台に早変わりするカバーは、作業スペース不足にお悩みの方はもちろん、キッチンをスッキリ見せたい方、ホコリなどが溜まるのを防ぎたい方にもおすすめだ。選ぶ際は、サイズとガスコンロの種類だけ間違えないように気をつけよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >