このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
掃除機がけの頻度はどれくらいが理想?同じく重視したい「かけ方」も

掃除機がけの頻度はどれくらいが理想?同じく重視したい「かけ方」も

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年5月 9日

共働きのご夫婦が増えた現代、掃除機がけもままならないというご家庭は、意外と多いだろう。それに、いったいどれくらいの頻度でみんなは掃除機がけをしているのか、気になることもあるだろう。掃除機がけの頻度や、同じくらい重視したいかけ方について解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 【掃除機の頻度】一般的なご家庭は?

ホコリは毎日溜まっていくものだ。そこから考えれば、掃除機がけは「毎日」が理想である。だが実際には共働きのご家庭も多く、さすがに「毎日です」というケースは少ないだろう。せめて、掃除機はどれくらいの頻度でかけておくべきか、一般的なご家庭の例から見ていこう。

一般的なご家庭の頻度

理想は毎日だが、現実的には「2〜3日に1回」というご家庭が多いようだ。中には毎日行っているご家庭もあるようだが、やはり共働きとなると頻度は週のうちで平日1回、週末1回などが現実的なのかもしれない。

他方、掃除機がけは「4〜7日に1回」という頻度のご家庭もある。週末のみなどと決めて実施しているケースだろう。

無理なく少しずつがいい

ご家庭ごとに生活環境やリズムが異なる。共働きのご家庭もあれば、専業主婦・主夫の方もいる。そのため、掃除機がけの頻度は「◯日に◯回」とこだわらなくてもいい。

普段はハンディモップやフロアワイパーなどで済ませ、掃除機がけは頻度を気にするよりも無理なく少しずつ、かつコンスタントに継続していけるペースを保つのがいいだろう。

2. 【掃除機の頻度】子育て中のご家庭は?

では、子育中のご家庭の場合、掃除機がけはどれくらいの頻度が一般的なのか?

週1〜2回が多い模様

赤ちゃんがいるご家庭は、とくにホコリやゴミなどが気になってしまうところだろう。とはいえ炊事、洗濯、育児をこなしながら掃除機をかけるというのは相当ハードである。

掃除機をかけている間、赤ちゃんの様子も気になるだろうし、寝ているとすれば起こしてしまうかもしれない。おんぶをしながら掃除機をかけるのもたいへんな重労働だ。やはり、週1〜2回という頻度が現実的だろう。

普段はサッと済ませてしまう

掃除機がけの頻度は増やせなくても、ホコリやゴミはハンディモップ、フロアワイパー、ハンディクリーナーなどでサッと取り除ける。これらをすぐ手が届く場所に置いておき、気づいたときに掃除するというのはいかがだろうか。廊下に置いておき、行き来する際に毎回掃除するだけでも汚れの溜まり具合はかなり違ってくるはずだ。

3. 【掃除機の頻度】場所別・素材別の理想は?

今度は少し視点を変えて、場所や素材別に見ていこう。もちろん、先にお伝えしたようにご家庭の生活環境や働き方などで変わってくる。そのためあくまで「目安の頻度」として参考にしてほしい。

リビングや寝室

ご家庭にいる間は、リビングや寝室で長い時間を過ごすことになる。そのため掃除機がけの頻度は【3日に1回】を目安にしよう。

フローリング

頻度の目安は【2〜3日に1回】だ。リビングなど広くて難しい、部屋数が多いといったご家庭では週末にまとめてか、1日1箇所などと決めて掃除機がけをしよう。

フローリングと同じように、頻度は【2〜3日に1回】を目安にしよう。掃除機でなく、ホウキを使った掃き掃除でもいいだろう。

4. 頻度と同じくらい重視したい【掃除機のかけ方】

今回は掃除機がけの頻度について解説してきたが、いくら毎日掃除機がけをしてもやり方が誤っていればホコリが溜まってしまう。最後に、頻度と同じくらい重視したい掃除機がけのコツをお伝えしよう。

高いところから低いところへ

階段など高さがある場所は「上から下へ」が基本だ。ホコリは上から落ちてくるためだ。掃き掃除や拭き掃除にも通ずるので、覚えておこう。

奥から手前へ

手前から奥へかけていくと、キレイにした床を通らなければならない。たとえば部屋なら、奥から入口へ向かって掃除機がけをするといい。ただし、最初に奥に行く際も掃除機をかけておけば、よりホコリが舞い上がりにくくなるだろう。

フローリングや畳は目に沿って

効率よくホコリを取り除くには、フローリングや畳の「目」に沿って掃除機がけをするのがコツになる。フローリングは分かりやすいが、畳の目は勘違いしやすい。畳の目とは、畳縁(たたみへり)と垂直になっているラインのこと、つまり「い草」に沿ったラインのことだ。

頻度とあわせて、こうした掃除機がけのコツも覚えておこう。

結論

まとめると、掃除機がけの頻度は【2〜3日に1回程度】が一般的と言えるだろう。掃除機はかけられなくとも、ハンディモップやフロアワイパーなどで毎日少しずつ、小範囲ずつキレイにするだけでも違ってくるはずだ。それぞれのライフスタイルに合った理想の掃除機がけの頻度を、ぜひ見つけてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >