このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
食器棚は引き戸で決まり!引き戸の利点と欠点、選び方やおすすめ紹介

食器棚は引き戸で決まり!引き戸の利点と欠点、選び方やおすすめ紹介

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年5月21日

食器棚はキッチンの雰囲気を大きく左右するアイテムだが、いま「引き戸」の食器棚が人気なのをご存知だろうか?引き戸であることの利点や欠点、引き戸の食器棚選びのコツ、おすすめ商品などをまとめたのでぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 引き戸の食器棚が人気上昇中!どんな利点や欠点が?

「引き戸」とは、窓のようにレール(溝)の上を滑らせて開閉する扉を指す。食器棚が引き戸であることには、どのような利点や欠点があるのだろうか?

引き戸の食器棚の利点と欠点

引き戸の食器棚の魅力は、なんといっても狭いスペースに設置できる点だろう。食器棚が開き戸だった場合、扉が可動する分だけスペースが必要になる。それに、可動範囲はデッドスペースとなるため、限られたスペースのキッチンでは少々もったいないこともある。

その点、引き戸の食器棚は扉を左右にスライドさせるだけなので、デッドスペースが生じない。狭いキッチンをできるだけ広く使うには、引き戸の食器棚が最適だろう。

地震がきたときも、開き戸はあいてしまうリスクがあるが、引き戸ならそうしたリスクはあまりない。ただし、横揺れでスライドしてしまわないように対策を講じる必要はある。また、扉がガラス製だった場合も滑り落ちた食器の勢いで割れてしまう可能性もある。

もうひとつ、引き戸の食器棚の欠点は「左右どちらかしか扉を開けない」という点だ。左右の扉にまたがった位置に食器を収納していた場合、出し入れがしにくくなる可能性がある。

省スペースのキッチンには最適だが、利点だけでなく欠点も把握したうえで選んでいくことが大切だ。

2. 引き戸の食器棚を選びで着目すべきポイント

引き戸になっている食器棚を選ぶとき、基本的にはお好みのデザインや素材であれば問題ない。だが、買ってから後悔しないためにも次のようなポイントに着目しておくといいだろう。

収納したいアイテムとのバランス

食器棚といっても、食器だけを収納するものもあれば、開き戸が付いていて鍋などが収納できるものや、中央がフリースペースになっていて電子レンジや炊飯器、ケトルなどを置けるものもある。

引き戸であることとあわせて、収納したいアイテムと食器棚のタイプが合うかどうか、じっくり考えてから決めよう。

耐荷重

食器棚全体、あるいは棚板一つひとつには耐荷重がある。「引き戸だったから」とよく考えずに購入してしまうのはキケンだ。ホットプレートなど重い物を載せたときに棚板がしなったり、耐久性が低下したりするおそれがある。

耐荷重も、忘れずにチェックしておこう。

キッチン全体とのバランスや使い勝手

食器棚は、ときにキッチンの印象を決定付けることがある。「引き戸」「収納力」を優先して大きめの食器棚を購入した場合、圧迫感を覚えることがある。

毎日使うキッチンだからこそ、バランスが重要だ。

また、ロータイプの食器棚もオシャレだが、下の段に収納した食器の出し入れに、しゃがまなければならないことがある。

使用頻度が高い食器を上の段にまとめられればある程度は回避できるが、下の段も使わなければ収まりそうにないときは、背が高めの食器棚も検討しよう。

3. おすすめ!引き戸の食器棚3選

最後に、引き戸でおすすめの食器棚を3選紹介しよう。迷ったときの参考にしてほしい。

ニトリ「食器棚 ポスティア」

上段が引き戸、下段が引き出しになっている食器棚。引き戸はガラス製だが、飛散防止フィルムが付いている。また上段と下段の奥行きに差があるため、食器を一時的に置いておくこともできる。サイズは幅120×奥行50×高さ205.5cmとやや大きめ(高め)だ。

無印良品「木製カップボード」

ウォールナット材がオシャレな食器棚。同じく上段が引き戸になっており、真ん中は炊飯器などを置けるスペース、下段は引き出しとワゴンが付いている。少しずついろいろなアイテムを収納できる食器棚だ。サイズも幅88×奥行44×高さ175.5cmとちょうどいい。

IKEA「ハーヴスタ 収納コンビネーション」

パイン無垢材製の食器棚。表面にブラッシュ加工が施されており、IKEAらしい仕上がりになっている。木の経年劣化が楽しめるのも特徴だ。上段はガラス、下段は木の扉でいずれも引き戸になっている。サイズは幅121×奥行47×高さ212cmとやや大きめ。

結論

引き戸の食器棚は扉が可動するスペースを必要としないため、狭いキッチンはもちろん、出し入れの際に扉が邪魔になることもない。収納したいアイテムと食器棚の容量といったバランス、耐荷重、使い勝手などに着目して、納得のいく食器棚を選ぼう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ