このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
便器の黄ばみの原因は?簡単に落とすコツと予防策とは

便器の黄ばみの原因は?簡単に落とすコツと予防策とは

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

2020年5月12日

掃除をしているつもりでも、便器の黄ばみはいつの間にか目立ってしまう。黄ばんでいるだけで、不快感や不衛生感が便器から漂ってくるようだ。しかも黄ばみは普通のトイレ掃除では、なかなかキレイに取れない。そこで、効果的に落とせる掃除方法を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. トイレの便器や蓋の黄ばみの原因とは?

同じ水回りなのに、キッチンやお風呂などでは黄ばみはほとんど見ることがない。黄ばみ汚れはどうやら便器特有のもののようだ。

便器の黄ばみの原因は尿石だった

人の尿には「ミネラル成分」が含まれている。このミネラルが空気や水道水と結合すると尿石となる。初めは目立たないが、徐々に積もり積もって石のように固くなって便器の黄ばみとして現れる。つまり、尿が作り出す水垢のようなものだ。

尿石が厄介なのは、小さな穴がたくさん開いていることだ。この穴に尿が入り込んだり、雑菌が繁殖したりする。そうなるとトイレ独特の嫌なアンモニア臭などの発生源になる。便器の掃除をしても臭いが取れないという場合には、尿石が残っているからかもしれない。

2. 便器の黄ばみの落とし方や掃除のコツ

「中性洗剤」や「漂白剤」では、便器の黄ばみは落とせない。ポイントは「酸性洗剤」だ。なぜなら尿石は「アルカリ性」の汚れだから。アルカリ性の汚れを酸性で中和することによって便器の黄ばみを落とす。

酸性のトイレ洗剤で便器の黄ばみを落とす方法

手っ取り早く便器の黄ばみを落とす方法は、酸性洗剤を利用することだ。一般的に知られているのは「サンポール」だ。

便器の黄ばみを落とすときは、便器の中の水を抜いてから作業を始めよう。抜き方は簡単だ。トイレの元栓を閉めてからタンクにたまった水を流すだけだ。便器の黄ばみは、水際にできやすいので、水を抜いておくと洗浄剤も薄まらず効果を発揮する。

便器の黄ばみが気になるところにトイレットペーパーを置き、サンポールなどの酸性洗剤をかけていく。30分~1時間くらい放置して尿石が緩むのを待つ。トイレットペーパーごと流し、トイレ用ブラシでこすれば黄ばみ汚れはキレイに落ちる。

重曹×クエン酸で便器の黄ばみを落とす方法

ナチュラルクリーニングで注目されている「重曹」と「クエン酸」。酸性洗剤に比べて威力は劣るけれど、掃除中の安全性を考えるならおすすめだ。

クエン酸は粉状になっているので、まずはクエン酸水を作っておく。水200mlに対してクエン酸小さじ1杯を目安にしよう。作ったクエン酸水をスプレーボトルに入れておく。

次に、便器の黄ばみが気になる場所に重曹の粉を振りかけておく。そこにクエン酸水をスプレーする。重曹がたっぷり湿るまでかけておこう。

1時間ほどそのままにしておいてから、ブラシで便器の黄ばみをこする。キレイになったら洗い流せば完了だ。

3. 便器の黄ばみを落とす際の注意点

便器の黄ばみを落とすポイントとして「酸」の力を借りる方法が効果的だ。ただし、注意点もあるので覚えておこう。

便器の材質のチェック

便器の素材には2種類ある。「陶器」と「プラスチック」だ。

陶器でできた便器であれば、便器の黄ばみを落とす強力な酸性洗剤を使用しても素材への影響はほとんどない。ところがプラスチック製の便器の場合には、傷めてしまう可能性がある。自宅のトイレがプラスチック製の場合、酸性洗剤は避けて中性洗剤を使うようにしよう。

塩素系漂白剤とは混ぜない

トイレ掃除で使う洗剤といえば、カビ取りにも使う塩素系漂白剤だ。便器の黄ばみを取る酸性洗剤と混ぜてしまうと塩素と酸性が化学反応を起こして有毒ガスを発生させる。命の危険性もあるため、絶対に混ぜてはいけない。洗剤自体の効き目も弱くなってしまう。

4. 便器の黄ばみを予防する方法

便器の黄ばみは、そのままにしておくとどんどんガンコになって、酸性洗剤でも手に負えなくなってしまうこともある。そうならないためにも、予防することが大切だ。

掃除をこまめに

尿石は徐々に蓄積されることで固く取れにくくなって、便器の黄ばみへと変化していく。その前に掃除をしてしまえば、簡単に落とせるのだ。一日の終わりに便器をブラシでサッとこするだけでも随分違うはずだ。

尿石予防アイテムを使う

そんなにこまめに掃除はできないという場合には、市販の尿石予防アイテムがおすすめだ。便器に定期的にスタンプしておいたり、トイレのタンクに設置したりするものなどいろいろと販売されている。トイレを流すたびに、尿石を洗い流してくれるので便器の黄ばみを予防してくれる。

結論

便器の黄ばみの原因は尿石だ。尿石をためないためにも、こまめな掃除が大切になる。家族が多ければ、それだけトイレの使用回数も増えるため黄ばみが付着するスピードは速くなる。トイレ掃除をラクにするためにも、市販の尿石予防アイテムを使ってみるのもいいかもしれない。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ