このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
枕カバーの洗濯頻度が重要な理由とは?洗い方やうまく乾かすコツも!

枕カバーの洗濯頻度が重要な理由とは?洗い方やうまく乾かすコツも!

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年5月19日

枕カバーをどれくらいのペースで洗濯しているのか、ふと気になったことはないだろうか?枕カバーは洗濯の頻度が重要とされる理由を解説するとともに、一般的な洗濯の頻度や上手な洗い方、乾燥のコツも紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 枕カバーはこまめに洗濯したほうがいい理由

枕カバーは、数枚ストックを備えておきこまめに洗濯したほうがいい。まずはその理由を見ていこう。

枕カバーは意外と汚れている

昔から、ヒトが寝ている間にかく汗の量はコップ1杯分程度と言われている。もちろん夏ならもっと増えるだろうし、体調や体質によってはコップ1杯分以上の汗をかくこともあるだろう。枕カバーが触れているのは頭部なので、すべての汗が枕カバーに吸収されるわけではないにせよ、少量の汗は染み込むはずだ。

それに、枕カバーには汗だけではなく皮脂やフケ、ホコリが付着する。疲れていたり酔っていたりで入浴せずに寝てしまえば、整髪料や外から持ち込んだ雑菌、花粉などが付着する可能性もある。洗濯の頻度が少なければそれだけ汚れが蓄積し、ベタついたり黄ばみやニオイが発生したりする。そもそも、洗濯をしていない不衛生な枕カバーで寝ること自体がおすすめできない。
以上のことからも、枕カバーはこまめに洗濯をして衛生的に保つことが大切だ。

2. 枕カバーの洗濯頻度、一般的にはどれくらい?

では、枕カバーはどれくらいのペースで洗濯するのが一般的なのだろうか?ベストは「毎日」洗濯をすることだが、忙しい日々の中でご家族全員分を毎日洗濯するのは困難だろう。ストックを多めに用意するコストもかかる。

一般的な枕カバーの洗濯頻度

個人の捉え方や枕カバーの汚れ具合などによって変わるが、枕カバーは【週1回以上】洗濯するのが一般的とされている。

もう少し細かくお伝えすると、枕カバーの洗濯頻度はできれば【毎日】が理想で、難しいときは【2〜3日に1回】、それも難しいときは、少なくとも【週1回】といったところだ。夏は冬よりも汗をかく量が増えるため、洗濯の頻度を増やしてもいいだろう。もちろん、冬でも厚着をしたり暖房を使ったりすれば汗はかくため、その限りではない。

毎日洗濯するデメリット

枕カバーを毎日洗濯すると、衛生的に保てるというメリットがある反面、デメリットもある。脱がせたり着せたりするのが面倒な点や、乾かなかったときのことを想定してストックを多めに用意しておかなければならない点、生地が傷みやすい点などだ。それでも衛生的な枕カバーで眠れるというメリットに比べれば大きな問題ではないかもしれないが、一応覚えておこう。

3. 枕カバーを上手に洗濯&乾燥させるコツ

最後に、枕カバーを上手に洗濯および乾燥させるためのコツをお伝えしよう。

枕カバーの洗濯のコツ

■洗濯表示をチェックする
洗濯表示は必ずチェックしてほしい。標準コースで洗っていいのか、手洗いもしくはオシャレ着洗いなど弱水流コースが指定されているのかなどで洗濯の仕方が変わってくるためだ。

同じく乾燥方法も要チェックだ。「濡れ干し」が指定されている場合、脱水はかけないように気をつけよう。

■洗剤選びも重要
弱水流コースが指定されている、あるいは中性洗剤という指定がある枕カバーは、中性タイプのオシャレ着用洗濯洗剤を選ぼう。とくに指定がない枕カバーで、淡色もしくは生成り(手を加えていない素材)だったときは、蛍光剤が含まれていない一般的な洗濯洗剤がおすすめ。いずれにも該当しない枕カバーは、いつもお使いの洗濯洗剤でOKだ。

■洗濯方法
1.桶にぬるま湯をはる
2.洗濯表示に合う洗剤と酸素系漂白剤を適量溶かす
3.30分程度浸け置きする
4.洗濯機でいつものように洗濯する

黄ばみやニオイ、汚れなどがとくに気になるときは、先に浸け置きをしよう。そうでなければ「4」の手順で普通に洗濯をするだけでいい。なお、黄ばみなどをしっかり落としたいときは、洗濯機で洗濯する際も酸素系漂白剤を使うといいだろう。

枕カバーの乾燥のコツ

■先に大きなシワを伸ばす
脱水OKの枕カバーだったときは、脱水が終わったら洗濯機からすぐに取り出し、何度か振りさばいて大きなシワを取ろう。その後、たたんでパンパンと手で叩けば小さなシワもある程度伸びてくれる。

■ピンチハンガーを使って干す
湿った状態でシワを伸ばしてピンチハンガーにかけ、形を整えておく。そうすれば、乾いたときにピンとした仕上がりになるはずだ。なお陰干しか天日干しかは、洗濯表示をチェックしてほしい。またフワフワ感がほしいときや時間がないときは乾燥機でもいいが、熱に弱い素材の場合は傷むおそれがあるので気をつけてほしい。

結論

枕カバーには思いのほか汚れが溜まっている。せっかく入浴してキレイになったのに、枕カバーが汚れていては本末転倒だ。ぜひこまめに洗濯をして、快適な眠りにつこう。洗濯をする際は、枕カバーに付いている洗濯表示のチェックもお忘れなく。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >