このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
柔軟剤を入れる場所知ってる?間違えた使い方をしないためのノウハウ

柔軟剤を入れる場所知ってる?間違えた使い方をしないためのノウハウ

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

2020年5月25日

柔軟剤を使うとき、どのタイミングで入れているだろう。柔軟剤や洗剤を入れる場所が決まっているのは理由があるからだ。思い込みのままに柔軟剤を入れる場所を間違えてしまうと、洗濯効果と柔軟剤効果も同時に失ってしまうことになる。洗濯機にセットするときの柔軟剤の正しいタイミングなどのノウハウを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 柔軟剤や洗剤を入れる場所が決まっている理由

もしいま使っている洗濯機が全自動洗濯機であれば、柔軟剤と洗剤を入れる場所がそれぞれ決められていることがわかるだろう。なぜ洗剤と柔軟剤は一緒に入れられないのだろうか。

洗剤と柔軟剤は入れるタイミングが違う

全自動洗濯機で洗剤が投入されるタイミングは、洗濯槽に水がたまった段階だ。これは、洗剤が直接衣類に付着することを避け、洗剤の効果がまんべんなく行き渡るためである。

柔軟剤が投入されるタイミングは、すべての洗いと注水が終わった段階だ。つまり、柔軟剤は洗剤と違って「すすがない」のだ。このため、洗剤と柔軟剤を入れる場所は別々でなければならない。

洗剤と柔軟剤は役割が違う

そもそも洗剤と柔軟剤は役割が違う。洗剤は衣類の汚れを落とす役割。そして柔軟剤は、静電気防止、柔らか仕上げ、香り付けといった衣類のケアをする役割を持つ。

役割の違うものの入れる場所が同じだと、それぞれの効果を打ち消してしまうことになる。洗剤は汚れを落とそうとする、しかし柔軟剤はコーティングしようとする。このふたつの効果が反発し合って、結局どちらの効果も得られないままとなってしまうのだ。

2. 柔軟剤を入れる場所はどこにあるの?

柔軟剤を入れる場所は、洗濯機の種類やメーカー、機種によって変わってくる。使用前に必ず取扱説明書を確認しよう。

全自動洗濯機・縦型の場合

多くの全自動洗濯機・縦型の場合には、洗濯機本体のフチや水が注入される場所の上部に引き出しとして収納されている。洗剤と柔軟剤を入れる場所はそれぞれ分かれているが隣り合っていることも多いので、うっかりミスをしないように気を付けよう。

全自動洗濯機・ドラム式の場合

多くの全自動洗濯機・ドラム式の場合には、洗濯機の外部に引き出しがある。こちらも、わかりやすく洗剤と柔軟剤を入れる場所が区切られている。必ず決められた場所に入れるようにしよう。

3. 柔軟剤を入れる場所にセットするタイミング

洗濯機によって、柔軟剤を入れる場所にセットするタイミングが違ってくるので注意しよう。

全自動洗濯機の場合

縦型でもドラム式でも、全自動洗濯機の場合の柔軟剤を入れる場所にセットするタイミングは同じだ。スタートボタンを押し、洗剤量・水量表示が出たときになる。洗剤と同時に適量の柔軟剤を投入口に入れれば、あとは洗濯機が最も効果のあるタイミングを見計らって投入してくれる。

二槽式洗濯機の場合

二槽式洗濯機の場合は、全自動洗濯機のように洗剤や柔軟剤を入れる場所はない。そのため、自分でタイミングを見計らう必要がある。そのタイミングは、最後のすすぎを行うときだ。

面倒だからと最初に洗剤と一緒に入れてしまうと、柔軟剤の効果がなくなってしまうので注意しよう。

4. 柔軟剤や洗剤を入れる場所の掃除方法

柔軟剤や洗剤を入れる場所は、ときどき掃除をしてやらないと固まってしまって、うまく投下できないことがある。そのため、定期的に入れる場所を掃除する必要がある。

柔軟剤を入れる場所に固まりがある場合

柔軟剤は、粘度が高いことが原因で入れる場所に固まりができやすい。そのまま放置しておくと、詰まってしまい水漏れすることがある。

柔軟剤の固まりを見つけたら、歯ブラシなどを使ってこすり落とそう。40℃~50℃くらいのお湯100ml程度の柔軟剤を入れる場所に流し入れる。そして、5~10分程度放置して固くなった柔軟剤が柔らかくなるのを待とう。

その後、洗濯槽は空のままにして、通常の洗濯をすれば完了だ。

柔軟剤を入れる場所にカビを発見した場合

柔軟剤を入れる場所にカビを見つけたら、洗濯槽全体にもカビが生えてしまっている可能性が高い。まず、カビキラーなどの市販のカビ取り剤を柔軟剤の入れる場所に吹きかける。同時に洗剤を入れる場所もカビが見えなくてもカビ取り剤でキレイに洗浄しておく。

さらに、洗濯槽用のカビ取り剤を使い洗濯槽全体のクリーニングもしておこう。

結論

柔軟剤の効果を最大限に発揮させるためには、タイミングが最も重要だ。そのため全自動洗濯機の場合、洗剤を入れる場所と柔軟剤を入れる場所を間違えていないことだ。柔軟剤を使っているのに効果が全く感じられないという場合は、もしかすると柔軟剤を入れる場所を間違えているという可能性もある。もう一度洗濯機の取扱説明書を確認してみよう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ