このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コットンの洗濯方法は?シワや縮みを防いでお気に入りを長く着るコツ

コットンの洗濯方法は?シワや縮みを防いでお気に入りを長く着るコツ

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

2020年5月28日

コットンは肌触りがよく、丈夫だ。衣類だけでなく、さまざまなファブリックにも使われている身近な繊維だ。それだけにあまり洗濯の仕方を意識していない方も多いだろう。コットンには、シワ・縮みという弱点がある。洗濯をするときのコットンの弱点対策を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗濯前にコットン素材の特徴を知ろう

洗濯をする前にそもそもコットンとは何か、どのような特徴があるのかを知っておこう。

コットンとは

英語でコットン、日本語では綿は、綿の木から収穫される。綿花と呼ばれているが、花ではなく種を守るための綿毛だ。その綿毛がまるで花のように見えるから綿花と呼ばれている。コットンは、紡ぐ方法によって、さまざまな質感の生地に変化する魔法のような繊維だ。

コットンの特徴

コットンには、さまざまな特徴がある。まず特筆するべきは「肌ざわり」だろう。柔らかな肌触りは、赤ちゃんの産着などにも使われている。また「吸水性・通気性」にも優れているので、下着やTシャツの定番繊維だ。

優れた「耐熱性」も持つため、アイロン掛けしても繊維が傷つきにくい。そして何よりもほかの天然繊維に比べると価格が安く、庶民にも身近な存在だといえる。

一方で弱点もある。コットンは繊維自体が縮みやすく、シワになりやすい。洗濯して水を吸った繊維は、乾燥させると思いもよらないほど縮んでしまうことがある。とくに初めての洗濯には注意が必要だ。

2. コットン生地の正しい洗濯方法

コットンは、丈夫なだけに洗濯もゴリゴリやっても大丈夫なように思える。しかし、正しい方法で洗濯しないと縮んでしまうなど、思わぬ失敗をしてしまう。

まず洗濯前に確認するべきこと

コットンを洗濯する前に、製品に付いている洗濯表示マークの確認をしよう。このマークに洗濯機マークや手洗いマークが付いていたら、家でもコットンを洗濯することができる。

コットン100%の場合でも、洗濯方法はさまざまだ。コットンなら洗濯しても大丈夫と思いこまず、必ず洗濯表示マークを確認しよう。

洗濯機でコットンを洗う方法

洗濯機マークが付いていれば、洗濯機でもコットンを洗うことができる。普通の衣類と同じように標準コースで洗濯しよう。

ものによっては型崩れが心配なものもあるかもしれない。そのようなときには、形を整えて洗濯ネットに入れて洗濯しよう。汚れが気になる部分を外側にすれば、たたんで入れても汚れが落ちやすい。

手洗いでコットンを洗う方法

手洗いマークが付いていたら、たらいを使って手洗いをしよう。使う洗剤はおしゃれ着専用洗剤などの中性洗剤が理想的だ。洗濯機ではなく手洗いを推奨するということは、デリケートな素材であることを意味する。

洗い方もゴシゴシ擦り洗いするのではなく、やさしく上から押すようにして洗う。洗剤で洗った後は、水を替えながら泡が出なくなるまで(3回程度)すすいで洗剤を落としきる。

コットンはシワになりやすい繊維なので、脱水も洗濯ネットに入れて10秒以内の短時間で終わらせるようにする。

3. コットンを洗濯する際の注意点

コットンを洗濯するときには、風合いの変化やシワ、縮みなどに注意が必要だ。そのためには、いくつかのコツがある。

洗濯ネットに入れて洗濯・脱水する

洗濯機で洗濯する場合、ほかの衣類と絡まってしまうことも考えられる。コットンにも相当のダメージが加わることになるので、縮みやシワの原因になる。

縮みやシワをできるだけ避けたいなら、洗濯ネットに入れてコットンをガードしよう。

熱には注意する

洗濯をするとき、油汚れなどが落ちやすいようにとお湯を使う方も多いだろう。確かにお湯は汚れ落ちがよくなるが、濡れたコットンに熱が加わると縮む原因となってしまう。おふろの残り湯でも30℃以上だと影響があるので、できるだけぬるま湯で洗濯するようにしよう。

脱水は軽めに

遠心力で振り回される脱水もコットンにとっては、ダメージの原因になる。できるだけ脱水時間を短時間に設定しよう。そして脱水が終わったら、シワを防ぐためにもすぐに取り出してシワを伸ばしながら干すようにしよう。

4. コットン洗濯後の上手な乾燥方法

コットンは、天然素材の繊維なので干すときにも注意が必要だ。とくに洗濯後の乾燥機やコインランドリーの使用は注意が必要だ。

コットンに乾燥機はNG

雨の日が続くと、洗濯物が乾きにくくなるため乾燥機が大活躍してくれる。乾燥機で仕上げた洗濯物は、ふんわりと仕上がって気持ちがいいものだ。しかし、コットンは乾燥機を使わない方がいい。

実は、乾燥機は脱水以上にコットンにダメージをもたらすものだ。とくに熱が加わることで縮んだりシワが深くなったりする。コットンの柔らかい風合いも損なうことがある。

乾燥機は使わずに、風通しのよい場所で平干しにするとシワができにくく、型崩れもしにくい。

5. 洗濯後にコットンにシワがついた時の対処法

洗濯した後、コットンに深いシワが付いてしまった場合、どのようにシワを取ればいいのだろうか。

アイロンでシワを伸ばす

コットンは洗濯後、干すときにシワにならないよう気をつければ、深いシワはできない。どうしても気になるシワができたときや、細かなシワを何とかしたい場合にはアイロンを使おう。

丈夫なコットン100%素材の衣類なら、霧吹きでたっぷりと水分を加え、高温に設定したアイロンで一気にシワを伸ばすことができる。ただし、アイロンを掛けるときにも洗濯表示を参考に、アイロンの設定温度や当て布の有無などを確認しておこう。

結論

コットンは、さまざまな形で私たちの生活に密着している。コットンは丈夫な繊維なので、洗濯の仕方によっては何年も楽しむことができる。独特のやさしい風合いや型崩れ、縮みなどからお気に入りのコットン製品を守るためにも、正しい方法で洗濯・乾燥をしよう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ