このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
魔法水で頑固なシミをキレイに!作り方や使い方、注意点も解説

魔法水で頑固なシミをキレイに!作り方や使い方、注意点も解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月31日

カレーやワインなどをこぼして、大事な洋服にシミをつくってしまったことはないだろうか。このようなシミは普通に洗濯をしても落ちにくく、非常に厄介だ。しかし、落としにくい頑固なシミも万能シミ抜き剤である「魔法水」を使えばキレイに落とすことが可能だ。この記事では、「魔法水」の作り方を紹介する。使い方や注意点も併せて説明するため参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 魔法水とは

魔法水について知らない方もいるだろう。ここでは、魔法水がどのようなものなのか説明する。

魔法水は、万能なシミ抜き剤のことだ。
以前にテレビ番組でも、たった3つの材料を混ぜ合わせ、化学反応を利用して魔法のように9割のシミを落とすとして話題となった。

食べこぼしや血液・汗などによってできた頑固なシミも、魔法水ならキレイに落とせる。

2. 魔法水で落とせるシミの種類

魔法水は9割のシミをキレイに落とせるとされている。洗濯をしても落ちない頑固なシミに困っている方も、魔法水を使用すれば落とせる可能性が高い。ここでは、魔法水で落とせるシミの種類を紹介する。魔法水を作る前に、落とせるシミの種類なのかどうか確認しよう。

魔法水で落とせるシミの種類は以下の通りだ。

・ソースやケチャップなど食べこぼしによる汚れ
・メイク汚れ
・靴下の黒ずみ
・カレーのシミ
・ワインやコーヒーのシミ
・血液や汗のシミ

上記は魔法水を使えばキレイに落とすことが可能だ。しかし、泥やインクによる汚れは落とすことができないため注意しよう。

3. 魔法水の作り方

魔法水は自宅で簡単に作ることが可能だ。ここからは、魔法水の作り方を説明する。

材料

魔法水を作るために必要なものは以下の4つだ。
・食器用中性洗剤
・酸素系の漂白剤
・重曹
・容器

作り方

1.食器用中性洗剤を容器に3滴入れる。
2.1と同じ容器に酸素系の漂白剤を小さじ3杯、重曹を小さじ1杯入れる。
3.5回程度ゆっくりかき混ぜる。

上記の手順を踏むだけで、簡単に魔法水を作ることができる。混ぜすぎると洗浄効果がなくなってしまうためその点だけ注意しよう。分量が足りない場合は、食器用中性洗剤・酸素系の漂白剤・重曹の分量の比率が上記と同じになるように気を付けて、量を増やすとよい。

4. 魔法水の使い方

魔法水が簡単に作れることは分かったが、使い方を知らない方もいるだろう。ここからは、魔法水の使い方を説明する。

使い方

1.シミがある場所の下にタオルを敷く。
2.歯ブラシに魔法水を付ける。
3.シミの部分を歯ブラシでたたく。
4.タオルの面を変えながらシミが落ちるまで2~3回繰り返す。
5.魔法水が落ちるように水ですすぎ、洗濯機で洗う

魔法水を服に付けたまま放置すると、生地が変色する可能性がある。シミ抜きが終了した後は水ですすぎ、洗濯機で洗うのを忘れないようにしよう。

5. 魔法水の注意点

簡単に作れるうえに、シミ抜き効果もバツグンな魔法水。すぐに取り入れたいところだが、使う際には2つの注意点がある。ここからは、魔法水の注意点を説明する。これから使おうと思っている方は要チェックだ。

水洗いできない服には使えない

魔法水はどんな服にも使えるわけではない。水洗いできない服には使用不可能である。使う前には服のタグを確認し、水洗い可能かどうかチェックしよう。

作り置きはできない

シミの9割を落とせる魔法水は常にストックしておきたいと思う方もいるだろう。しかし、魔法水の作り置きをすることはできない。なぜなら3時間以上経つと、重曹と漂白剤が化学反応を起こし洗浄効果がなくなってしまうからだ。作り置きはできないが、3つの材料を混ぜるだけで完成するため、シミ抜きが必要なときに必要な分だけ作るようにしよう。

色落ちすることもある

シミ抜き後も魔法水が服についていると、色落ちする可能性がある。シミ抜き後は水でしっかりすすぎ、洗濯機で洗おう。

結論

洗濯するだけでは落とせない、頑固なシミの9割をキレイに落とせる魔法水。作り置きはできないが、3つの材料を混ぜるだけで簡単にできるため、洋服の頑固なシミに困っている方は一度試してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >