このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スニーカーをディスプレイしたい!壁面収納や棚のDIYを解説する

スニーカーをディスプレイしたい!壁面収納や棚のDIYを解説する

投稿者:ライター 藤田幸恵 (ふじたゆきえ)

2020年6月17日

スニーカーが好きな方は多い。コレクションしている方は、どんどん増えるスニーカーをどのように収納するのかに悩んでいるかもしれない。そこで、おすすめなのがディスプレイしながら収納することだ。見せる収納をすることでコレクションを眺められ、玄関が靴で埋まることもなくなる。スニーカーのディスプレイ収納方法を解説するので、ぜひ最後まで読んで参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スニーカーをディスプレイ収納するメリット

スニーカーのディスプレイ収納には、メリットがあるのだろうか?とくにスニーカーをコレクションしていて、お気に入りを多く所有している方にとって、次のメリットがある。

好きな1足をすぐに取り出せる

スニーカーのディスプレイ収納には、必要なときにすぐに取り出せるというメリットがある。靴を多く持っている方は、コレクションを把握することができる。

通気性がよい環境で保管できる

ディスプレイすることで、通気性のよい環境でスニーカーを保管できるようになる。これによって、スニーカーにとって大敵のカビを防げる。

キレイに保とうという意識が高まる

お気に入りが目に入り大切にしようと思うことで、部屋全体をキレイに保とうという意識が高まる。掃除の頻度も自然と増えるかもしれない。

2. スニーカーをディスプレイ収納する方法

スニーカーをディスプレイ収納するには、どのような方法があるのだろうか?

オープンラックに収納する

1つ目は、スニーカーを扉の付いていない棚に収納して、ディスプレイする方法だ。オープンラックでの収納は、置けるスペースが限られるため、ディスプレイ収納するスニーカーを厳選する必要がある。しばらく使用しないスニーカーはケースなどに入れて、保管しよう。

壁面収納する

2つ目は、壁をスニーカーのディスプレイに利用する方法だ。壁にディスプレイすることで、新しい収納スペースを確保できる。

3. スニーカー用ディスプレイ収納をDIYしよう

自分にぴったりの使いやすいスニーカーのディスプレイ収納が欲しいなら、自作するのが1番だ。ホームセンターや100均で販売されているアイテムを使えば、市販のシューズラックよりも安く済む。

すのこやカラーボックスを使ったシューズラック

シューズラックでディスプレイ収納するなら、すのこやカラーボックスを使うのがおすすめだ。すのこをサイズに合わせて数枚購入して、木工ボンドや釘で組み立てれば簡単に作れる。すのこは通気性がよいので、スニーカーのディスプレイ収納にはちょうどよい。
カラーボックスを使うときは、仕切りをスニーカーの高さに合わせて調整すれば、無駄なく収納できる。

ワイヤーネットの壁面収納

ワイヤーネットを壁に設置すれば、スニーカーのディスプレイ棚として使える。ワイヤーネットにフックを付け、スニーカーを並べよう。フックはサイズや形にさまざまな種類があるので、スニーカーの大きさや重さに合わせて選ぼう。

4. スニーカーをディスプレイ収納する際の注意点

スニーカーのディスプレイ収納には、注意したいことがいくつかある。

安定性があることをチェック

DIYしたディスプレイ収納は、安定性があることを確認しよう。スニーカーは意外と重い。とくに、壁面にディスプレイするときは、スニーカーが落ちてくることのないように注意する。

ホコリに要注意

キレイに掃除している部屋でも、ホコリは空気中に舞っている。箱や扉付きの棚に収納するよりも、スニーカーにホコリが溜まりやすくなる。定期的にチェックして、スニーカーがホコリまみれになるのを避けよう。

結論

スニーカーをディスプレイ収納すると、お気に入りを眺められるので気分がよくなる。また、スニーカーだけでなく部屋全体をキレイに保とうという気持ちが高まることも考えられる。ディスプレイ収納は簡単にDIYもできるので、収納スペースが足りないときはオリジナルを作るのもおすすめだ。スニーカーは意外と重いので、安定性には気をつけよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ