このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スーツは洗濯機で洗える?正しい洗い方や乾燥方法も徹底解説!

スーツは洗濯機で洗える?正しい洗い方や乾燥方法も徹底解説!

投稿者:ライター 松本マユ (まつもとまゆ)

2020年6月 3日

仕事で毎日のように着るスーツ。日々の汗や汚れが蓄積している気がして、頻繁にクリーニングに出す方も多いのではないか。家では洗濯できないイメージがあるスーツだが、実は洗濯機で洗えるものもある。クリーニングに出す手間や費用を抑えるためにも、洗濯機で洗えるスーツの見分け方、正しい洗濯方法、脱水や乾燥の方法、そして注意点を学ぼう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スーツは洗濯機で洗えるの?

近年は「ウォッシャブルスーツ」として販売されているものもあるように、洗濯機で洗えるスーツもある。洗えるかどうかを見分けるには、洗濯表示をチェックするといい。洗濯表示のタグは、パンツのポケットや上着の内側にあるはずだ。
洗濯表示に「洗濯機洗い可」のマークがあるスーツなら、自宅の洗濯機で洗っても問題ない。下で紹介する方法に沿って洗濯してみよう。

素材によっては洗えないことも

ただし、シルクやウール、カシミヤなどが使われたスーツは、洗濯機で洗えない場合が多い。「洗濯機洗い可」のマークがない場合、「水洗い不可」のマークがある場合、デリケートな素材が心配な場合はスーツをクリーニングに出そう。

洗濯表示がわからない場合は?

どのマークが「洗濯機洗い可」に該当するか知りたい方は、消費者庁のホームページ(※1)で確認しよう。こちらのページには洗濯表示の一覧が載ったリーフレットが掲載されている。

2. 洗濯機でのスーツの正しい洗い方

スーツを洗濯機で洗うには、「エマール」などのオシャレ着用の中性洗剤と洗濯ネットが必要だ。なお、ここでは洗濯機で洗う工程のみをお伝えする。スーツの干し方については次の章で解説するので、そちらも参考にしてほしい。

1.スーツを洗濯ネットに入れる

まずはスーツを2つ折りか3つ折りにする。できるだけ形が崩れないように洗濯ネットに入れたら、洗濯機に投入しよう。

2.洗濯機を設定する

手洗いコース(ドライコース)を選び、スーツが型崩れしないよう脱水時間は最短に設定する。

3.洗う

スタートボタンを押し、オシャレ着用の中性洗剤を投入する。最短時間で脱水したら、すぐに取り出そう。

3. 洗濯機で洗った後のスーツの脱水の仕方や乾燥方法

洗濯機でスーツを上手に洗うには、できるだけ短い時間で脱水する必要がある。もし洗濯機での脱水が心配なら、洗濯機ではすすぎの工程までを行うようにし、タオルで挟んで水分を吸収する「タオルドライ」をするのがおすすめだ。スーツをキレイにたたんだ状態で大きめのタオルに挟み、上から軽く押さえよう。

スーツの干し方は?

脱水したスーツの上着は、肩の部分が厚めのハンガーにかけるのがポイントだ。パンツはできればピンチつきのハンガーを2つ用意し、筒状に干すと乾きやすい。
ここで形をキレイに整えられるかどうかで、乾燥後の仕上がりにも差が出る。スーツを軽く叩いてシワを伸ばしながら形を整えよう。縫い目の部分を軽く引っ張るとシワが伸びやすい。

乾燥機の使用は控えたい

スーツは陰干しが鉄則で、乾燥機を使用するのは控えたほうがいいだろう。乾燥機にかけるとスーツが縮んだり、硬いシワがついてしまって取れにくくなったりするためだ。ウォッシャブルスーツでも、シルクやウールなどが多く含まれる場合は繊維が縮みやすいので注意したい。

4. スーツを洗濯機で洗う際の注意点

上記のようにスーツを洗濯機で洗う方法は簡単だ。しかしいくつか注意したいポイントもある。

スーツは上下セットで洗おう

スーツの上着とパンツを別々に洗濯すると、洗濯回数の差でスーツの色が若干変化し、色味に違いが出る場合もある。単独で洗うのはできるだけ避け、常に上下をセットにして洗濯機に入れるのがおすすめだ。

完全に乾燥させよう

洗濯後にスーツが十分に乾かないと、生乾き臭など嫌なにおいの元となる。洗ったスーツは風通しのよい場所に干し、完全に乾燥させよう。

洗濯回数は多すぎるとNG

たとえウォッシャブルであっても、過度に洗濯するのは控えたほうがいい。一般的にウォッシャブルスーツは年に2~3回ほどの洗濯を目安にしているため、洗いすぎると型崩れや傷みの原因となる。

色落ちがないか事前に確かめよう

スーツを洗濯機にかけると色落ちすることもある。そうならないためにも、洗濯前にスーツの目立たない部分に洗剤を少量かけ、5分ほど置いておくのがベストだ。ティッシュを当てても色が落ちていないようなら、色落ちを心配しなくてもいいだろう。

結論

スーツを毎回クリーニングに出していると、費用がかさんでかなりの出費となる。しかし家の洗濯機でスーツを洗えれば、節約できるうえクリーニング店に出かける手間も省けるだろう。洗濯の際は洗濯表示を確認し、洗えるものは自宅でキレイにしてしまおう。
(参考文献)
※1:消費者庁「新しい洗濯表示」
https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/laundry_symbols.html
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ