このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
石鹸置きは進化していた!選び方やヌメヌメ知らずの石鹸置きも紹介!

石鹸置きは進化していた!選び方やヌメヌメ知らずの石鹸置きも紹介!

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年6月 1日

お使いの石鹸置きに満足しているだろうか?「置ければよい」という方も多いかもしれないが、オシャレなものからアイデア商品まで、さまざまな石鹸置きが販売されている。素材や取り付け方、選び方とあわせて、オススメの石鹸置きを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 石鹸置きはやはり使うべきか?

ボディーソープやハンドソープなど液体石鹸が主流になった現代、「石鹸を使う頻度が減った」という方もいるだろう。だが固形石鹸のほうが使い慣れているという方も多く、まだまだニーズは高い。それに、体ではなく洗顔用の石鹸をお使いの方もいるはずだ。石鹸置きは、そんな固形石鹸を置いておくのに欠かせないアイテムである。

石鹸置きは使うべき

石鹸置きを間に合せで買ってしまうと、しっかり水が切れなかったりヌメヌメしたりと、使い勝手が悪いことがある。結局石鹸置きを使わなくなり、浴室や洗面所、キッチンなどに石鹸を直接置くと、皮脂や水滴などが混ざって雑菌が繁殖したり、流れるお湯(水)で石鹸が溶けたりしてしまう。やはり、石鹸愛用者にとって石鹸置きは必須だ。

2. 石鹸置きの素材と特徴、選び方

石鹸置きは種類がさまざまあり、いざ選ぼうとすると迷ってしまうことがある。ここでは、石鹸置きの素材や特徴、選ぶときのポイントなどをまとめたので参考にしてほしい。

石鹸置きの素材と特徴

石鹸置きは「ステンレス」「陶磁器」「珪藻土」「プラスチック」など素材が豊富だ。石鹸を使うのは水回りなので、錆びにくいステンレスを選ぶ方は多い。見た目がスタイリッシュで耐久性も高いが、水垢や湯垢などは目立ってしまう。陶磁器はほどよい質感があり、また耐久性も高い。丸洗いできるのでお手入れも楽々だ。ただし衝撃で割れやすいため取り扱いには注意しよう。

吸水性や吸湿性に優れた珪藻土の石鹸置きも人気がある。ただし同じ珪藻土でも品質によってはカビが生えてしまうものもあるため、見極めが重要になる。プラスチックは広く普及している石鹸置きだ。軽量で割れにくく、コスパもよいので気軽に取り入れられる。一方、ステンレスや陶磁器などと比べて耐久性に劣るのが欠点だろう。

石鹸置きの選び方

石鹸置きの素材やデザインが好みであること、設置する場所の雰囲気に合っていることなどはもちろんだが「水キレ」のよさは忘れずに重視したい。石鹸を衛生的に保管するには、いかに水キレをよくし、乾燥させておけるかがポイントだ。石鹸との接地面積が小さい、傾斜がついているなど水キレはしっかり見ておこう。

もうひとつ「お手入れ」のしやすさも重要だ。ヌメヌメが溜まってしまえば雑菌が繁殖してしまうし、形状が複雑で洗いにくければ結局汚れが残ってしまう。お手入れのしやすさに目を向けることも、失敗しない石鹸置き選びのコツと覚えておこう。

あわせて石鹸置きの「設置方法」を見ておくことも忘れないようにしよう。洗面台などに直接置くタイプ、マグネットで壁に貼り付けるタイプ、吸盤で壁やガラス、鏡などに貼り付けるタイプなどがある。とくに吸盤タイプは、石鹸の重みや貼り付ける面の状態(ザラザラなど)によっては落下の恐れもあるため、しっかり強度があるものを選ぼう。

3. オススメの石鹸置きを紹介

最後に、オススメの石鹸置きを紹介する

山崎実業「水が流れるソープトレー ヴェール」

プラスチック製のシンプルな石鹸置きだ。自然に水が流れ落ちるように造られているが、石鹸自体は滑り落ちない形状になっている。底面にシリコンキャップが施されているため滑りにくく、タンブラー置きとしても活用できる。

DULTON「マグネティック ソープホルダー」

本体を吸盤で鏡に貼り付け、石鹸には丸い金具を差し込むという変わった石鹸置き。本体と石鹸はマグネットでくっつくため、石鹸を「宙に浮かせたまま」保管できる。石鹸が重いときは上向きに取り付ければ落下を防げるだろう。

HOMME「珪藻土トレー」

こちらは珪藻土でできたトレーで、石鹸以外にヒゲ剃りや歯ブラシ、シェービングフォームなど水回りで使用するさまざまなアイテムを載せておける。幅22cm、奥行き7cm、厚さ0.9cmと、いろいろな場所に置きやすいサイズ感だ。

結論

石鹸置きはかなり進化している。水キレのよさを重視したもの、デザイン性を重視したものなどさまざまあるので、じっくり選ぶとよいだろう。「お好みの石鹸置きがなかなか見つからない」という方は、ぜひ本稿を参考に理想の石鹸置きを見つけてほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ