このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スポンジ収納で重視するポイントは?収納アイデアやスポンジラックも

スポンジ収納で重視するポイントは?収納アイデアやスポンジラックも

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年6月 6日

洗い物や掃除など毎日のように使うスポンジだが、収納はどうしているだろうか?収納方法によっては雑菌が繁殖してしまい、不衛生だ。スポンジ収納で重視すべきポイントや収納のアイデア、おすすめのラックやホルダーなどを紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スポンジ収納の最重視ポイントは?

スポンジ収納には重視すべきポイントがある。「水キレ」のよさだ。スポンジは洗剤を付けて使用することがほとんどのため、一見するとキレイなのでは?と誤解するおそれがある。だが、スポンジは決してキレイとはいえない。収納にあたっては水キレをとにかく重視しよう。

水キレが重要な理由

キッチンのスポンジで食器などの油汚れをゴシゴシ洗ったとしよう。最後に水に濡らして泡を落としたとしても、見えない油汚れが残っている可能性はある。水キレの悪い状態で収納してしまうと、水分と養分(この場合は油汚れ)、適度な温度などによって雑菌が繁殖してしまうかもしれない。収納せずシンク内や作業台などに直置きするのも同様だ。シンクや作業台の汚れ、雑菌などが付着し、スポンジの表面や中で繁殖してしまうことも考えられる。そうしたスポンジで次に食器を洗ったり掃除をしたりすれば、たちまち雑菌が広がってしまう可能性すらある。除菌ができる洗剤をお使いの方もいるかもしれないが、スポンジの中をどこまで除菌できるかは不明だ。清潔に収納するためには、とにかく使用後はキレイに洗うことと水キレを重視しよう。

2. キッチン用からメラミンまでスポンジ収納のアイデア

どういったスポンジ収納法があるのかを見ていこう。

使っているスポンジの収納方法

使っているスポンジを収納する方法としてスタンダードなのは、スポンジラックやスポンジホルダーを使った収納だろう。吸盤あるいはマグネットタイプ、作業台に直接置くタイプなどさまざまだが、水キレを考えて作られているため置くだけでよいという手軽さが魅力だ。ただしラックやホルダー自体もお手入れをしないと不衛生になってしまうので気をつけよう。

シンクに取り付ける水切りかごにスポンジを置く、といった収納方法もある。洗い物をした直後で濡れたままの食器があるときは難しいかもしれないが、何もなければ少し斜めに立てて水キレをよくしておこう。改めてラックやホルダーを購入するコストも省ける。

もうひとつおすすめなのが吊るす収納だ。シンクの上などに棚があれば、ワイヤークリップを取り付けてスポンジを挟んでおこう。水キレはバツグンによいはずだ。適当な棚などがなければ、マグネット式のタオルハンガーや突っ張り棒を設置し、そこにワイヤークリップを取り付ける方法もある。もしくは蛇口にクリップを取り付けて挟んでもOKだ。

ストックしているスポンジの収納方法

一方、ストックしているスポンジの収納方法にはどういったものがあるのだろうか。ピースごとに切り込みが入っているメラミンスポンジなどは、最初から小分けにしてペン立て程度の収納アイテムに入れてしまう方法がある。一般的なスポンジの場合は、ポリプロピレンケースあるいはファイルボックスに収納するとスッキリするだろう。とくに上から出し入れしやすいファイルボックスがおすすめだ。中に仕切り板をセットすれば、細かくカットしたメラミンスポンジと一般的なスポンジを一緒にまとめておくこともできる。

3. スポンジ収納におすすめのラック&ホルダー3選

最後に、スポンジ収納におすすめのラックとホルダーを紹介する。

天馬「ファビエ 洗剤&スポンジラック」

洗剤とスポンジを収納できるラックだ。粉体塗装と亜鉛メッキという錆びにくい加工がされている。吸盤で取り付けできるが作業台に直接置いてもよい。水平で水溜め、斜めで水切りという2wayトレーが付いている。

大木製作所「スポンジキャッチ」

吸盤で取り付けるタイプの超シンプルなスポンジホルダーがこちら。直径約55mmと大きめの吸盤が付いており、錆びにくいステンレス製でできている。スポンジだけを収納したいという方におすすめだ。

山崎実業「蛇口にかけるスポンジホルダー」

蛇口に取り付けるタイプのスポンジホルダーがこちら。取り付け部分はシリコンカバーが付いているので、蛇口を傷付けずに済むのもうれしい。2段になっており、上段には立てて、下段には寝かせて収納できる。

結論

スポンジは、濡れたまま収納してしまうと雑菌の繁殖を招いてしまう。少しでも清潔に保つには、収納の際に水キレのよさを重視しよう。キッチンが狭くラックやホルダーを置けない方は、吊るす収納を取り入れてみてはいかがだろうか?

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >