このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
衣替えのコツとは?洋服の仕分けから整理収納まで簡単に済ませる方法

衣替えのコツとは?洋服の仕分けから整理収納まで簡単に済ませる方法

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

2020年6月 8日

日本には四季がある。季節の移り変わりとともに必要なのが衣替えだ。衣替えの季節になると憂鬱になる方も多いのではないだろうか。面倒くさい、収納する場所がないなどを解消できる衣替えのコツを紹介しよう。同時に断捨離のやり方も覚えておくと、衣替えもスムーズにできてスッキリと来シーズンに備えることができる。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 衣替えする前にコツを知ろう

衣替えは大仕事だと思っている方が多い。それは衣替えをするためのコツを知らないからだ。

衣替えに必要な3つのコツとは

衣替えには「断捨離のコツ」「簡単に衣替えするコツ」「収納のコツ」がある。この3つのコツを押さえておくだけでも衣替えが楽しいイベントになるだろう。

まず、衣替えは不要となった服を処分するチャンスととらえよう。断捨離では捨てる基準を設けて身の回りをスッキリさせる。収納スペースが増えるから、衣替えも苦にならない。

簡単に衣替えするコツは、季節ごとに服を分類しておくことだ。引き出しや収納ケースに分けておけば、入れ替えをすることなく簡単に衣替えすることができる。

収納のコツは、たたみ方や収納ケース選びも大切だ。収納するものや場所に合わせて工夫すると衣替えがラクになる。

2. 衣替えの際に捨てる洋服を仕分けるコツ

毎年、増え続ける洋服。それらをすべて収納するのには限界がある。衣替えはこうした着なくなった洋服の処分として絶好のチャンスといえる。では捨てる洋服をどうやって決めたらいいのだろう。そのコツを紹介しよう。

サイズが合わなくなった服は捨てる

年齢とともに体型も変わってくる。いくらお気に入りの洋服でも、衣替えのときに着てみてサイズが合わなくなってしまったら捨てるのがコツだ。「痩せて着られるようにする」と思っても、現実的ではない。むしろ目標通り痩せることができたら、ご褒美にジャストサイズの洋服を買う方が張り合いが出るというものだ。

2シーズン着なかった服は捨てる

2シーズンも着なかったという服は、体型だけでなく髪形や好み、またトレンドも変わっているので、再び着るという機会はほとんどないと思っていい。思い切って捨てるか、状態がよければ処分のコツとしてフリーマーケットに出品してしまうという方法もある。

傷みやほつれのある服は捨てる

衣替えで広げたときに、虫食いやほつれなどの生地の傷みを発見したら、思い切って捨ててしまおう。いくらお気に入りだからといっても、穴あきの洋服を着るのは考えものだ。シミなどの汚れが取れない服も同じように捨てるようにしよう。

年齢に合わない服は捨てる

個人差はあるかもしれないが、20代に着ていた服を30代でも着続けるのは無理がある。いくら体型が変わらなくても、年相応のファッションというものがあるからだ。判断するコツは、着てみて違和感があるかないかだろう。

3. 衣替えが簡単にできるコツ

衣替えが敬遠されてしまうのは、いちいち出したり仕舞ったりしなければならないからだ。衣替えのコツは上手に分類することだ。

シーズンごとに分類する

分類方法は自分がやりやすい方法でかまわない。たとえば「春夏秋冬」で分類してもいいし、ざっくりと夏・冬で分けてもいい。コツは混在させないということだ。

ひとつの分類をひと塊として収納。衣替えで入れ替えるときは、塊ごと入れ替えるだけで済む。

家族ごとに分類する

家族がいる場合、家族ごとに分類することも衣替えのコツだ。「自分の服」「子どもの服」「パートナーの服」と分けておけば、同じ場所に収納されていてもすぐに取り出しやすく、衣替えもラクにできる。

とくに子どもの場合には、成長が早く翌シーズンには小さくなって着られなくなる服も出てくるので、チェックするときにも分類されているとわかりやすい。

4. 衣替えの時に上手に整理収納するコツ

衣替えのコツとして、整理収納するときにひと工夫しておくと取り出しやすく、さらに限りある収納スペースを有効利用することができる。

引き出し収納は立ててしまう

TシャツやYシャツ、カットソーなどの収納は、収納場所に合わせて四角くたたむ。それを平置きで積んでいくのではなく、立てて並べていくのがコツだ。こうすることで、上から見ると一目瞭然となる。

さらに、上の衣類の重みで下の衣類にシワが付いてしまうのを防ぐことができる。収納ケースの幅や高さに合わせてたたむことで、余分なスペースをなくして効率よく収納することができる。

引き出しは縦に立てておき、下から順番に積み上げていこう。積み上げた服の重みで収納スペースも2~3割増しになる。

収納場所によって収納ケースを選ぶ

衣替えがイヤになってしまう原因に、収納ケース自体の出し入れがある。場合によっては押し入れの天袋などの高い場所に収納しなければならないこともあるだろう。収納場所によって使いやすいケースを選ぶことも衣替えのコツのひとつだ。

高いところに収納する場合は、ケース自体も軽くて小さなものがいい。中身も軽いものを中心に収納する。重くなると一人では持ち上げることが困難で、落下すると危険だ。

一番下に収納する場合は、収納ケースも大きめでキャスター付きが扱いやすい。厚手のものなどを収納するといいだろう。

結論

ついつい面倒くさく思える衣替えだが、コツさえ知っておけば時間を掛けずにスムーズに衣類の交換をすることができる。衣替えは、単に季節に合わせて服を交換するだけではない。不要な服を整理するよい機会でもある。さらに断捨離をすることで、今の自分を見つめるきっかけにもなるだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >