このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
合成洗剤とは?成分や製造方法など石鹸や中性洗剤との違いを解説

合成洗剤とは?成分や製造方法など石鹸や中性洗剤との違いを解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年6月29日

台所用洗剤やボディーソープなどに「合成洗剤」と表記されているのを一度は見たことがあるだろう。しかし、他の洗剤とどのような違いがあるのかを知らずに使用している方も多いのではないだろうか。この記事では、合成洗剤の定義やその特徴について解説する。石鹸や中性洗剤との違いも併せて説明するため参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 合成洗剤とは

合成洗剤とは一体どのようなものなのか、詳しく見ていこう。

定義

合成洗剤は、合成界面活性剤が成分となっている洗剤のことだ。石油や天然油脂を原料とし、補助剤を合成することで作られている。成分は2000種類にも及ぶとされている。

歴史

日本では、1933年から合成洗剤の開発が始まり、1937年にウール用中性洗剤として合成洗剤が初めて販売された。1963年には石鹸の生産量を合成洗剤が上回ったとされている。

しかし、当時の合成洗剤には分解されにくい成分であるリン酸塩が入っており、琵琶湖で赤潮が起きるなど河川・湖での富栄養化が深刻な環境問題になった。富栄養化とは、窒素やリンなどが水中に増えることをいう。

水中に窒素やリンが増えると、植物が繁殖し河川・湖がなくなってしまうとされているのだ。その問題が起こった際は、合成洗剤の生産量は落ち込んだが改良を重ねる中で、リン酸塩を使わない合成洗剤が完成。現在も多くの商品に使われている。

特徴

合成洗剤の特徴は以下の通りだ。

1.少量で高い洗浄力を維持できる
2.安価で購入できる
3.温度が低くても洗浄力が発揮される

問題点

合成洗剤は洗浄力に優れており、安価で購入できるという良い点があるが、一方で問題視されている点もある。

それは以前にも問題となっていた、川や湖などの富栄養化である。以前に問題となったリン酸塩は使用されていないが、合成洗剤の中には窒素やリンが含まれたものが販売されている。

リンや窒素の配合量は以前と比べて少ないようだが、現在でも河川の富栄養化を促進させる物質であることに変わりはない。

また合成洗剤の中には、体内に入った時に細胞を壊してしまうなど、人体に悪影響を及ぼすものもあるとされている。全ての合成洗剤が悪いわけではないが、環境問題や健康被害の恐れがあることを覚えておきたい。

2. 合成洗剤の種類

合成洗剤といっても、その種類はさまざまだ。ここからは、合成洗剤の種類を紹介する。

タイプ

合成洗剤は粉末と液体の2つのタイプがある。台所用や洗濯用など、さまざまな用途によって使い分けよう。

液性

合成洗剤の液性は以下の5つに分けられている。

・酸性
・弱酸性
・中性
・弱アルカリ性
・アルカリ性

酸性とアルカリ性はしつこい油汚れやこびりついた汚れに効果的だ。中性は洗浄力が弱いが、素材や素肌への影響が少ない。弱酸性と弱アルカリ性は、軽い汚れを落とすのに向いている。

用途

合成洗剤には上記のタイプがあり、それぞれの洗浄力を利用してさまざまな用途に使われている。以下は代表的な例だ。

・台所用洗剤
・洗濯用洗剤
・ボディーソープやシャンプーなどの風呂用洗剤
・洗顔フォームやハンドソープ、歯磨き粉などの化粧用洗剤
・柔軟剤
・漂白剤
・クレンザー
・曇り止めや車の洗浄剤など

台所用や洗濯用、風呂用、車の洗浄剤に至るまで、幅広く身近な用途に使われていることが分かる。

3. 合成洗剤と石鹸の違い

合成洗剤について説明してきたが、石鹸とはどのような違いがあるのか気になる方も多いだろう。ここでは、合成洗剤と石鹸の違いを説明する。それぞれの違いを理解し、目的に応じて洗剤を使い分けたい。

石鹸

まずは石鹸の原料や製造方法、成分を紹介する。

■原料
・天然油脂(オリーブ油、ヤシ油、牛脂など)
・脂肪酸

■製造方法
石鹸の製造方法には鹸化法と中和法がある。
鹸化法とは、天然油脂を苛性ソーダや苛性カリで反応させる方法だ。対して、中和法とは天然油脂から取り出した脂肪酸から作る方法のことだ。

■成分
石鹸の成分は石けん素地、カリ石けん素地、純石けん分の3つである。

合成洗剤

続いて合成洗剤の原料・製造方法・成分を見ていこう。

■原料
・石油
・天然油脂

■製造方法
合成洗剤は原料を補助剤などと化学合成して作られている。

■成分
合成洗剤の成分は、合成界面活性剤である。LAS、ラウリン硫酸ナトリウムなど、その種類は2000種類にも及ぶ。

石鹸は合成洗剤のように化学合成されていないため、分解されやすく肌にも環境にも優しい。しかし、合成洗剤より洗浄力が劣ることもある。また、石鹸は合成洗剤よりも値段が高い。このような違いを踏まえたうえで、自身にあった洗剤を選ぼう。

4. 合成洗剤と中性洗剤の違い

洗剤の中には中性洗剤というものもある。合成洗剤と中性洗剤にはどのような違いがあるのだろうか。ここでは、合成洗剤と中性洗剤の違いを紹介していく。

中性洗剤は、pH値が6~8という中性の性質をもった洗剤のことだ。強い洗浄力はないが、肌を傷めずに軽い汚れを落とすことができる。そのため、食器用洗剤やバスクリーナーなど素肌に直接触れるものに対して使われている。
この中性洗剤は液性が中性のものを指しているだけであり、合成洗剤でも中性のものであれば中性洗剤といわれる。そのため、中性洗剤は合成洗剤の一部だといえる。

結論

合成洗剤は洗浄力が高く、値段も安いことから幅広い用途で活用されている。しかし河川の富栄養化を促進してしまう成分が入っているものもあり、問題視されている。また、石鹸は肌や環境に優しいが、合成洗剤よりも洗浄力が劣ることもある。それぞれの違いを理解したうえで、自身に合った洗剤を選ぼう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >