このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
物干しロープは洗濯物を干すときに大活躍!メリットや使い方を解説

物干しロープは洗濯物を干すときに大活躍!メリットや使い方を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年6月 2日

洗濯物が多いために干す場所を確保できず、困った経験はないだろうか。そのようなときに便利なアイテムが「物干しロープ」だ。物干しロープとは洗濯物を干すときに竿の役割を果たすものである。この記事では、物干しロープを使用するメリットから使い方まで解説する。洗濯物を干す場所の確保に悩んでいる方は要チェックだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 物干しロープを使用するメリット

洗濯物を干す際に使える便利なアイテム「物干しロープ」。しかし、物干し竿などと比べてどんな利点があるのか知らない方もいるだろう。ここでは、物干しロープを使用するメリットを解説する。

簡単に設置できる

物干し竿は重くて長いため、1人で設置するのは大変である。しかし、物干しロープは紐でできているため軽い。また設置の仕方も両端をフックにかけるか結びつけるだけと、1人でも簡単に設置できる。

室内干しにも使える

部屋干しといえば、突っ張り棒やラックをイメージする方が多いだろう。しかし、物干しロープでも室内干しをすることは可能である。ラックだとスペースを取るため邪魔になるし、突っ張り棒は短いため使用できる場所が限られてしまうだろう。しかし、ロープは4m以上と長いものが多く、壁と壁の間に設置して簡単に室内干しを行うことができる。

収納に困らない

物干し竿やラックは使用しないときに収納しづらいという欠点がある。それに対して、物干しロープは紐でできているため、不要なときは小さく丸めて保管することが可能だ。物干しロープであれば、収納に困ることはないだろう。

普通ごみとして処分できる

物干し竿やハンガーラック、突っ張り棒などは粗大ゴミに当たるため、処分する際に手間がかかる。しかし、物干しロープの場合は小さくまとめられるため普通ごみとして簡単に処分することが可能だ。

安価で購入できる

物干しロープは、ダイソーなどの100均でも購入することができる。手頃な値段で購入できるため、劣化した際も気軽に買い替えることが可能だ。

2. 物干しロープを使用するデメリット

物干し竿などと比べて多くのメリットがある物干しロープだが、デメリットも存在している。ここでは、物干しロープの欠点を解説する。

物干しロープの欠点はズバリ、重いものを干せないことである。物干しロープはポリプロピレンという切れにくい素材でできており、物干し竿などと比べると耐荷重・耐久性はともに劣っている。物干し竿と同じように布団やパーカーなどの重い物をかけると、たわんで切れてしまう可能性もあるため注意しよう。

3. 屋内で物干しロープの使い方

室内干しにも使えるという物干しロープだが、室内のどこに設置できるのだろうか。ここでは、屋内での物干しロープの使い方を説明する。室内干しができないと悩んでいる方は必見だ。

物干しロープには、「ヒモ型」「はしご型」「取り付け型」の3種類がある。屋内で使う場合は、取り付け型を選ぶようにしよう。取り付け型とは壁にネジで固定して、その間にワイヤーを通すタイプである。屋内のどこでも空間を上手に活用できるためおすすめだ。

屋内で物干しロープを設置する場所としておすすめなのは、洗濯機の上や脱衣所だ。洗濯機の上に設置すれば、洗濯終了後すぐに干すことができるからである。脱衣所が光の入ってこない空間なのであれば、扇風機やエアコンの風を当てるとよい。できるだけ日光に当たるように干したいときは、窓に近い壁に取り付けるとよいだろう。

また、室内で干す場合には壁やロープに負担をかけすぎないよう、耐荷重に気を付けて使うようにしよう。取り付けの際、洗濯物の重さに耐えられるかどうか壁の材質なども確認することが大切だ。

4. 屋外で物干しロープの使い方

物干しロープを使えば洗濯物を干すスペースを増やせるのは分かったが、屋外で実際にどのように設置すればよいのか分からない方もいるだろう。ここでは、屋外での物干しロープの使い方を説明する。

屋外での使い方は至って簡単だ。物干し竿をかけるときに使うフックや穴に、ロープの端をかける又は結んで固定するだけである。結ぶときは洗濯物の重さでほどけないように、しっかり固定することが大切だ。ほどけない結び方としては「もやい結び」が有名である。もやい結びは簡単にできるうえに、たわみづらく、かつほどけにくい。固定するときには、もやい結びを取り入れてみるとよいだろう。

物干しロープを使って外干ししている際は、洗濯物が風で中央に寄っていきやすい。しかし、これはロープの種類を「はしご型」にすることで解決が可能だ。物干し竿とロープを併用することでも防ぐことができる。物干しロープを外で利用する際は、洗濯物の乾きをよくするためにも、横ずれ防止策を講じよう。

結論

物干しロープは、洗濯物を干す場所がないときに役立つアイテムだ。収納にも困らず処分も簡単にできる。しかし、物干しロープは耐荷重が低いため、重いものはかけないように注意したい。室内干しをする際にも洗濯物の重さに耐えられるかどうか壁の材質まで確認することが大切だ。使用時の注意点はいくつかあるが、物干しロープは100円台から購入可能と、とてもお得な商品である。洗濯物を干す場所に困っている方は、取り入れてみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >