このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ブーツの手入れ方法とは?正しい保管方法を実践してキレイを保とう!

ブーツの手入れ方法とは?正しい保管方法を実践してキレイを保とう!

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

2020年6月24日

おしゃれで人気の高いブーツは、持っている方も少なくないだろう。ブーツは、足元からおしゃれを楽しむことができるアイテムだが、どのように手入れをすればよいのだろうか?今回は、ブーツの手入れ方法や保管方法を解説する。正しい手入れや保管をして、カビや臭いが発生しないようにしたい。キレイなブーツを保てるように、自身で手入れしてみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ブーツの手入れが必要な理由

ブーツの手入れはなぜ必要なのだろうか?ブーツの手入れが必要な理由を解説する。

ブーツを手入れするとカビや臭いを予防することができる!

ブーツでよくあるのが、カビや臭いが発生してしまうことだ。これは、手入れをしないままにしておくことが原因である。定期的にブーツの手入れをして、カビや臭いを発生させないようにしたい。後に解説する保管方法も大切になってくる。正しい手入れや保管方法を実践して、キレイな状態を維持できるようにしよう。

2. ブーツを手入れする頻度は?

ブーツの手入れは、どのくらいの頻度で行えばよいのだろうか?ブーツの手入れする頻度を解説する。
ブーツの手入れをする頻度は、1ヶ月に1回程度が望ましい。1ヶ月に1回手入れをするとブーツをキレイな状態に保つことができるので、手入れの頻度の目安にしてほしい。

3. ブーツの手入れに必要な道具

ブーツの手入れにはどんな道具が必要なのか?ここでは、革製のブーツの手入れに使う道具を紹介する。ホームセンターなどの店頭はもちろん、通販サイトでも手軽に購入することができるので自身で手入れする時の参考にしてほしい。

オイル
オイルを塗ると保湿や防水の効果がある。

クリーナー
汚れを落とすのに使用する。

馬毛ブラシ
ホコリを取り除くために使う。

タオルまたはクロス
タオルは使い古したクタクタなものがよい。柔らかい素材であるクロスもよい。

4. ブーツのおすすめの手入れ方法

では、実際にどのような手順でブーツの手入れをするのだろうか?ブーツの手入れ方法を解説する。お気に入りの一足を、自身で手入れしてみてはいかがだろうか?

【革製ブーツ】

  • 馬毛ブラシでホコリを払う
  • クリーナーを少量タオルにつけ馴染ませ、ブーツ全体に満遍なく塗る
  • タオルまたはクロスで余分なクリーナーを拭き取る
  • 布にオイルを取り、ブーツに薄く塗りのばす
  • 馬毛ブラシでブラッシングする

【ムートンブーツ】

  • 馬毛ブラシでホコリや汚れを取る
  • 防水スプレーを吹きかける

【スエードブーツ】

  • 馬毛ブラシで毛並みに沿って、ホコリや汚れを取る
  • 防水スプレーを吹きかける
ムートンやスエードのブーツに使用する防水スプレーは、それぞれの素材専用のものがおすすめだ。

5. 手入れ後のブーツの保管の仕方

手入れ後のブーツの保管の仕方を解説する。正しい保管方法でブーツにカビや臭いが発生しないように留意したい。ブーツの手入れの方法と合わせて保管方法も実践してほしい。

ブーツの正しい収納方法とは?

ブーツをキレイに手入れしたら、ブーツキーパーを入れよう。ブーツの型崩れ防止になる。また、ブーツをシューズボックスに入れて保管すると、より型崩れを防止することができる。シューズボックスにはブーツと一緒に乾燥剤を入れておこう。シューズボックスは、重ねて保管してもよい。シューズボックスにキリなどで小さい穴を開けて通気性をよくしておくと、湿気が溜まりにくいのでカビの予防になる。シューズボックスは、風通しのよい場所に保管しておくとよい。

結論

ブーツの手入れにはいくつか道具が必要になるので、今回解説したものを参考に自身で揃えてみてほしい。正しい手入れをして、ブーツにカビや臭いが発生しないようにしたい。自身で手入れをしたブーツで、足元からおしゃれを楽しもう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >