このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
電動歯ブラシの収納アイデアを紹介!洗面台の周りをスッキリさせよう

電動歯ブラシの収納アイデアを紹介!洗面台の周りをスッキリさせよう

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年6月 7日

電動歯ブラシをお使いの方も多いだろう。付属の収納アイテムを使うのもよいが、家族全員分となると意外とスペースを取ってしまう。せっかくなら洗面台周りをスッキリ、そしてオシャレに収納してはいかがだろうか?電動歯ブラシの収納アイデアを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 電動歯ブラシの収納どうしている?

電動歯ブラシをそのまま洗面台などに置いておくと、どうしても生活感が出てしまう。棚や引き出しに収納する方法もあるが、毎日使うため出し入れが面倒だし、通気性が悪ければ不衛生になってしまう。

電動歯ブラシの収納のポイント

電動歯ブラシには電池駆動のものもあるが、本体を充電しなければならないものが一般的だ。充電方式はさまざまで、充電台に立てるもの、専用ケースに寝かせて収納しUSBなどで充電するものなどがある。ただし充電は毎日でなくてもよいため、普段は別の方法で収納している方も多いだろう。

電動歯ブラシを充電しないときの収納のポイントは「重さ」と「安定感」だ。電動歯ブラシは普通の歯ブラシと違い重さがある。精密機器なので、転倒や落下などによる衝撃もできる限り避けたほうがよい。そのため充電していない電動歯ブラシを収納するには、底面が平らで安定感のある金属製もしくはガラス製といったアイテムがおすすめだ。

2. 電動歯ブラシや替えブラシの収納アイデア

電動歯ブラシは重さに加えて高さもある。だがブラシ部分は切り離せるため、別々に収納している方も多いのではないだろうか?電動歯ブラシ本体やブラシ、替えブラシなどの収納アイデアをいくつか紹介する。

電動歯ブラシや替えブラシの収納アイデア

お伝えしたように、電動歯ブラシには重さがある。普通の歯ブラシのような吊るす収納は、ブラシと本体の接続部分に負担がかかるおそれがあるため避けたほうが無難だろう。となるとやはり電動歯ブラシは立てる収納、あるいはケースに収納するといった方法になる。

できるだけ幅を取らないように収納したければ、電動歯ブラシ専用のスタンドはいかがだろうか?ホルダー付きのものもあり転倒防止になる。あるいは珪藻土の歯ブラシスタンドもおすすめだ。珪藻土は吸水性や吸湿性に優れた人気の素材で、水回りにはピッタリだろう。複数並べて家族全員分を収納したり、ブラシや替えブラシを収納したりもできる。

洗面台に棚があれば、ブラシや替えブラシを収納しやすい。たとえば吸盤付きの歯ブラシホルダーを購入し、棚に取り付けてブラシや替えブラシを引っ掛けておけばスッキリまとまるだろう。

ステンレス製の歯ブラシスタンドにまとめて収納する方法もある。錆びにくいとされるステンレスは、珪藻土と並んで水回りでの使用に適している。電動歯ブラシやブラシ、替えブラシだけでなく、歯磨き粉、コップ、普通の歯ブラシなどもまとめて収納できるため、家族全員分を1箇所にまとめたいときはおすすめだ。

3. 電動歯ブラシの収納グッズを紹介

電動歯ブラシの収納におすすめのグッズを3選紹介する。

アールエスハンガースタジオ「電動歯ブラシスタンド」

錆びにくいステンレス製の歯ブラシスタンドだ。電動歯ブラシのほか、普通の歯ブラシや歯磨き粉、コップなどもまとめて収納できる。

HY-MS「珪藻土歯ブラシスタンド」

吸水性・吸湿性に優れた珪藻土スタンドがこちら。底部が重く、電動歯ブラシを中に入れると倒れにくい造りになっている。1本1本収納したいときにおすすめだ。

OAPRIRE「電動歯ブラシ立て」

テープで壁に貼り付けられる電動歯ブラシスタンドで、歯磨き粉なども収納できる。洗面台周りをスッキリさせたい、スペースが限られているといった場合におすすめしたい。

結論

電動歯ブラシは精密機器なので、転倒や落下などの衝撃はNGだ。収納するなら、安定感があるものを選ぼう。まとめて収納できるもの、1本1本収納できるもの、壁に掛けられるものなど収納アイテムはさまざまなので、ご家庭の環境に合わせて選んでほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >