このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【素材別】ソファーの基本的掃除方法。気になるダニ退治も万全に!

【素材別】ソファーの基本的掃除方法。気になるダニ退治も万全に!

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

2020年6月18日

ソファーは家族団らんの場でもあり、ひとりくつろぐ場でもある。家具の中でも使用頻度が高いことが多く汚れやすく、さらに掃除がしにくい。ソファーには「布」「合成」「革」の3種類があり、それぞれに適した掃除方法がある。自宅でできる掃除方法と布ソファーに発生しやすいダニ退治の方法をご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 掃除の前に知りたいソファーの汚れの種類

ソファーを掃除する前に、ソファーにはどのような汚れが多いのか、汚れの種類を知ることで適切な掃除をすることができる。

皮脂成分や手垢

ソファーで寝転んだり、ベッド代わりに寝たりすることもある。靴下を脱いでリラックスすることもあるだろう。このようにソファーを使うときには、人の皮膚が直接触れることも少なくない。汗による皮脂成分や手垢を落とすためのソファーの掃除が必要になる。

ファンデーションや整髪料

人の体からソファーに移る汚れとして、皮脂や手垢だけでなく、女性ならファンデーション、男性なら整髪料といった汚れも忘れてはいけない。こういった汚れは油性の場合が多いので、油分を落とすようなソファーの掃除が必要になる。

食べ物・飲み物の汚れ

ソファーで寛いでいるときやテレビを見ているとき、飲んだり食べたりすることも多いはず。うっかりこぼしてしまった飲み物や、知らず知らずにソファーに落ちてしまった食べカスなどもソファーの汚れの原因だ。とくに飲み物は、種類によって掃除のやり方が違ってくる。

2. 布製ソファーの掃除方法

布製ソファーは、柔らかい肌触りでリラックスできるので人気がある。またお手頃な価格で多くの種類があるので、部屋の雰囲気にも合わせやすい。デメリットは、汚れやすいという点だろう。

掃除機をかける

布製ソファーの掃除は、まず全体に掃除機をかける。隙間に入り込んだホコリや髪の毛、食べかすなどを丁寧に取り除こう。とくに背もたれと座面との隙間には、ゴミが入り込みやすくなっている。隙間用のアタッチメントで奥までしっかりとゴミを吸い込むことが大切だ。

中性洗剤で拭き掃除

掃除機でゴミを取り除いたら、拭き掃除をする。使うのは衣類用中性洗剤。中性洗剤をぬるま湯に溶かして使うが、そのときの濃度は3%程度で十分だ。

ソファーの布地によって色落ちや変色することがあるので、洗浄液をいきなり使ってはいけない。必ず目立たないところで確認をしておこう。もし色落ちしてしまうようなら、洗浄液は使わずにぬるま湯だけで拭き掃除をしていこう。

異常がないようなら、そのまま洗浄液を布につけてソファーの表面を軽く叩くように汚れを布に移していく。ここで擦ってしまうと汚れが広がってしまうので注意しよう。

3. 合成ソファーの掃除方法

合成ソファーとは、布地の表面に合成樹脂などで加工して革のように見せたソファー。フェイクレザーとも呼ばれる。汚れに強く、本革よりも格段に手頃な値段で購入できる。ただし耐久性が低く、一般的に3年ほどで劣化が進むといわれる。

中性洗剤で水拭き

合成ソファーは、汚れが落ちやすい素材なので掃除もラクだ。ただし、生地が傷つきやすいので掃除機は使わない。

用意するものは「衣類用の中性洗剤」「キッチンペーパー」「布」。まず、ぬるま湯に中性洗剤を溶かして濃度3~5%の洗浄液を作る。とくに汚れのひどいところには、洗浄液を浸したキッチンペーパーでパックしておこう。

洗浄液をつけ、硬く絞った布を使ってソファー全体を擦って汚れを取り除こう。さらに水拭きをして洗浄液を拭き取る。水分がついたままだと傷みやすいので、最後に乾拭きをして掃除は完了だ。

4. 革ソファーの掃除方法

革ソファーは高級感があり、丁寧に使い込めば独特の味わいを楽しむことができる。比較的値段は高いが耐久性が高く、手入れ次第で20年以上も使うことができる。デリケート素材のため、掃除には手間がかかる。

革専用のクリーナーを使う

革ソファーは、とてもデリケートだ。中性洗剤などを使って掃除をすると、油分が抜けて革の劣化につながるので注意しよう。革ソファーの掃除で重要なのが、革専用のクリーナーだ。初めて使う場合には、色落ちや変色がないかどうか、目立たないところで一度確認しておこう。

革専用のクリーナーの使い方は、柔らかい布につけてソファーの汚れを拭き取るだけだ。ゴシゴシ擦ると革を傷めてしまうので、あくまでもやさしく拭くように心がけよう。革専用のクリーナーには、汚れを取るだけでなく革を保護する保湿成分も含まれているので、必ず使おう。

5. ソファーのダニを掃除する方法

布ソファーの場合、掃除をしないでいると汚れをエサにしてダニが繁殖してしまう可能性がある。カバーの取り外しができるソファーなら、洗濯や乾燥で対応できるが、取り外しができないソファーの場合、どのようにダニを掃除したらいいのだろうか。

アイロンを使う

ダニは掃除機をかけたくらいでは排除することはできない。そこで、アイロンの熱を加えて死滅させる方法がある。アイロンをスチームにして、ソファーに近づける。あるいは、水で濡らしたあて布を使い、アイロンをかける。

アイロンは直接ソファーに接触させないように注意しよう。アイロンの高熱で生地が傷んでしまう可能性がある。ダニを死滅させることが目的なので、ゆっくりとアイロンを動かすことが大切だ。

最後に、ダニの死骸やフンなどを取り除くために入念に掃除機をかけて完了だ。

結論

ソファーの掃除方法は、素材によって変わる。どのソファーも汚れを蓄積させると取れにくくなってしまう。さらに布ソファーの場合にはダニの温床ともなるので、こまめな掃除が大切だ。清潔なソファーで、家族団らんやくつろぎの時間を満喫しよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >