このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洋服ブラシを使って大事な衣類をしっかりケア!種類や選び方を解説

洋服ブラシを使って大事な衣類をしっかりケア!種類や選び方を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年6月18日

スーツやコートなどの大事な洋服はもちろん、普段着もできる限りキレイな状態で長持ちさせたい。そのためには普段から手入れをすることが大切だ。この記事では、洋服の手入れが手軽にできる「洋服ブラシ」のメリットや選び方を解説する。使い方も併せて紹介するため参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洋服ブラシのメリット

手軽に洋服を手入れできるという洋服ブラシ。しかし、洋服ブラシでの手入れにはどのようなメリットがあるのか知らない方も多いだろう。洋服ブラシのメリットを理解し、洋服ブラシを活用して欲しい。

ほこり・花粉の除去

仕事でよく使うスーツやコートには、目に見えないほこりや花粉がたくさん付いている。このほこりを放置すると生地が傷んだり、虫がたかる原因となる。しかし洋服ブラシをかければ、多くのほこりや花粉は除去できる。仕事や外出先から戻ったら、ほこりや花粉除去のために洋服ブラシをかけるとよいだろう。

毛玉・毛羽立ちの防止

生地の毛玉や毛羽立ちは、洋服の手入れがきちんとできていないために、洋服の繊維が絡まって起こる現象だ。洋服ブラシを使えば繊維の流れは整えられるため、毛玉や毛羽立ちの防止に役立つ。大事な衣類はとくに毛玉や毛羽立ちが起こらないように、日頃から洋服ブラシをかけるとよい。

型崩れの防止

洋服ブラシを使うと繊維の間に空気が通る。そのため、生地をふっくらした状態に戻すことができ、型崩れ防止に役立つ。

2. 洋服ブラシの種類

洋服ブラシには大きく分けて「天然毛のブラシ」と「化学繊維のブラシ」の2種類がある。ここでは洋服ブラシの種類を紹介する。それぞれの特徴を知り、洋服ブラシ選びに役立てよう。

天然毛のブラシ

天然毛のブラシには、馬毛と豚毛がある。馬毛はきめ細かくしなやかな毛質で、デリケートな素材をブラッシングするのにピッタリだ。豚毛は馬毛とは対照的に毛質が硬く、ハリとコシがある。そのため、汚れをかき出すときにおすすめの素材といえる。

化学繊維のブラシ

化学繊維のブラシは静電気がおこりやすいため、大事な洋服の手入れにはおすすめできない。手軽にほこりを取りたいときに使う程度ならよいだろう。

3. 洋服ブラシの選び方

洋服ブラシは素材だけでなく、形状・サイズによってもさまざまな種類がある。自身に合った洋服ブラシをどのように選べばよいのか分からない方もいるだろう。ここでは、洋服ブラシの選び方について解説する。

素材で選ぶ

洋服ブラシには、天然毛のブラシと化学繊維のブラシの2種類がある。化学繊維のブラシは静電気が起きやすいため、大事な洋服の手入れをする際には天然毛のブラシがよいだろう。天然毛のブラシの中でも、しなやかでやわらかい質感の馬毛は、カシミヤやアルパカなどのデリケート素材の手入れにピッタリである。豚毛のブラシは、しっかりとした毛質であるため、目のつまったスウェードやウール素材にピッタリといえる。自身が持っている洋服の素材に合ったブラシを選ぶことが大切だ。

形で選ぶ

洋服ブラシの形状には大きく分けて3つの種類がある。順に説明していく。

■持ち手があるタイプ
持ち手があるタイプは握りやすいのがメリットだ。コートをハンガーにかけた状態でも楽に手入れをすることができる。

■持ち手がないタイプ
持ち手がないタイプは、ブラシ自体をつかんで使用するため力を入れやすい。そのため、ウールやスウェード素材をブラッシングする際に向いているといえる。

■持ち手の柄の部分に穴があいているもの
柄に穴があいているタイプは、穴の部分にヒモを通せば吊るして収納することが可能だ。そのため、玄関など自身が洋服の手入れをしやすい場所にセットすることができる。

サイズで選ぶ

洋服ブラシはサイズもさまざまである。できるだけ短時間で手入れを済ませたい方などは、ブラシの部分が広いもの、外出用であればバッグに入りやすいコンパクトサイズを選ぶようにするとよい。

4. 洋服ブラシの使い方

洋服ブラシの使い方を知らない方もいるだろう。洋服ブラシの正しい使い方を覚えて、洋服の手入れをしっかりとして欲しい。

1.スーツやコートはハンガーへ、ニットやセーターは床やテーブルの上などの平らな場所に広げて置く。
2.繊維とは逆にブラッシングをする。
3.ほこりが浮いてきたら、繊維と平行にブラシをかけていく。

ブラッシングの際、強くこすると生地が傷む原因となる。繊維と逆向きにブラッシングをするときは優しくかけるようにしよう。繊維と平行にかける際は、手首の回転をきかせながら汚れをすくいとるイメージで行うとよい。

洋服ブラシを使用しても洋服の臭いはとれない。臭いが気になる場合にはファブリックミストを使用してみるとよい。ファブリックミストは消臭効果だけでなく香料も付いているためおすすめだ。

結論

大事な洋服はキレイな状態で長持ちさせたいと考える方は多いはず。しかし、長持ちさせるには日頃の手入れが不可欠だ。手入れと聞くと面倒な感じがするが、洋服ブラシをかけるだけで見た目もキレイに保つことができる。手入れを今までしていなかった方は、この機会に洋服ブラシを使用してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ