このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
押入れシートの効果と必要性とは?あわせて取り入れたい湿気や虫対策

押入れシートの効果と必要性とは?あわせて取り入れたい湿気や虫対策

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年6月15日

押入れにカビやダニが大量発生するのを防ぐには、多湿の時期を迎える前に対策を講じておくことが大切だ。押入れシートの効果や必要性、おすすめを紹介するとともに、押入れシートとあわせて実施したい湿気、害虫、ニオイ対策を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 押入れシートとは?効果や必要性について

押入れシートは湿気や害虫、ニオイ対策に有効なのだろうか?まずは押入れシートの効果や必要性を考えてみよう。

押入れシートの効果とは?

押入れシートとは、押入れの棚板や床に敷くシートのことだ。防虫・防カビ加工が施されているタイプ、除湿剤が練り込まれているタイプ、消臭作用がある成分が含まれているタイプなどさまざまな商品が販売されている。たとえば除湿できるタイプの押入れシートは、シリカゲルといった除湿剤が含まれており、空気中の余分な湿気を吸い取ってくれる。

布団を押入れの棚板に直接置いてしまい、いざ取り出そうと思ったら湿っていたという経験はないだろうか?押入れシートを使えば、そうしたトラブルを軽減できるだろう。

押入れシートの必要性

押入れはただでさえ空気の流れが悪く湿気が溜まりやすい。扉が閉まっていればなおさらだ。掃除も行き届きにくいため、ホコリも蓄積してしまう。湿気とホコリが多い環境は、カビやダニにとって繁殖するのに好都合でもある。とくに梅雨や夏など湿度が高い時期を迎える前に、何らかの対策を講じておくことが大切だ。

それに、押入れ内の空気が循環しないことでニオイもこもってしまう。押入れシートを敷くだけではパーフェクトな対策といえないが、使わないよりは遥かに効果があるだろう。大切な衣類や布団などを守るための湿気・害虫・ニオイ対策の「ひとつ」として、押入れシートはぜひ取り入れたいアイテムだ。

2. 押入れシートのおすすめ3選

押入れシートには各メーカーからさまざまな商品が発売になっている。商品によって効果が変わってくるため、購入する前にきちんと確認しておくことが大切だ。おすすめの押入れシートを3つ選んで紹介するので参考にしてほしい。

東和産業「消臭押入れシート」

化学的作用によってイヤなニオイだけを消臭してくれるという押入れシートだ。効果は約6カ月持続するのでコスパもよい。抗菌剤や防カビ剤も含まれているのもうれしい。

ニトリ「ずれにくい防虫押入れシート」

防虫・抗菌・消臭成分が含まれる押入れシート。裏面にずれにくい素材が使われている。棚板や床からの湿気、汚れを防げるうえ、ハサミでカットできるのでタンスなどにも使える。

東和産業「竹炭 押入れシート」

表面のフィルムに竹炭の粉末が配合された、消臭・抗菌・防カビ作用が得られる押入れシートだ。除湿、ニオイ、害虫対策などあらゆる効果を求める方におすすめしたい。

3. 押入れシートとあわせて実施したい湿気や害虫、ニオイ対策

上述したように、押入れシートだけではパーフェクトな対策とはいえない。最後に、押入れシートとあわせて実施したい押入れの湿気・害虫・ニオイ対策を紹介する。

すのこ

押入れシートと役割は被るが、押入れの棚板や床にすのこを敷き、そのうえに布団や収納ケースなどを置く方法がある。下に空間ができるため湿気が溜まりにくくなるというわけだ。壁に立てて置いてもよいだろう。

除湿・防虫・防カビ剤

塩化カルシウムやシリカゲルといった除湿剤を置く方法もある。押入れシートだけでは湿気を吸いきれないことがあるため、押入れの四隅などに置いておくとよいだろう。また、突っ張り棒をわたして引っ掛ける防虫剤、押入れの天井に貼るタイプの防カビ剤などもおすすめだ。

扇風機・換気・サーキュレーター

グッズを使った対策とあわせて、こまめな換気や扇風機またはサーキュレーターで風を送り、湿気を飛ばしておこう。布団などはずっと入れっぱなしにせず、定期的に陰干しなどをするのも効果的だ。

除湿剤の代わりに、押入れに炭を置く方法もある。炭には消臭作用のほかに調湿作用もあり、繰り返し使えるため長く使うならコスパも高いだろう。備長炭などまとめて1ケース購入し、押入れのほか部屋や靴箱、洗面所などに置くのもおすすめだ。

結論

押入れの湿気や害虫、ニオイ対策には押入れシートがおすすめである。商品によって期待できる効果が異なる場合があるため、購入前にきちんと確認しておこう。よりしっかりと対策を施すなら、押入れシートとあわせて除湿剤や防虫剤、防カビ剤などを取り入れつつ、こまめな換気を心がけよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ