このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
包丁差しの利点と欠点とは?選ぶときのポイントやおすすめも紹介!

包丁差しの利点と欠点とは?選ぶときのポイントやおすすめも紹介!

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年6月16日

包丁は出しっぱなしにできないため、何らかの方法で収納する必要がある。備え付けの包丁差しがどうもしっくりこないという方は、市販の包丁差しを購入してはいかがだろうか?包丁差しの選び方を解説するとともに、オシャレな包丁差しなども紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 包丁差しの利点と欠点

包丁差しは、包丁を安全に保管するために欠かせない。備え付けのものでもよいが、実はいま市販の包丁差しを使う方が増えている。まずは市販の包丁差しの利点と欠点を見ていこう。

包丁差しの利点と欠点

包丁差しの利点といえば、包丁の定位置が決まることだ。包丁の出し入れがしやすくなり、まとめて省スペースに収納できるのでキッチン周りがスッキリする。デザインも豊富で、インテリアとして存在感を発揮してくれる包丁差しもある。小さな子どもがいるご家庭なら、ケガのリスクを減らせるのも利点だろう。

一方で欠点もある。たとえばシンク下の扉に取り付けたり引き出しにしまったりする包丁差しは、子どもでも容易に手が届いてしまう可能性がある。留守中はとくに心配になるかもしれない。ロック付きの包丁差しを選ぶか、扉にロックをかけるといった対策を講じよう。また木製やプラスチック製など素材はさまざまだが、木製は水気に弱いものが多く、プラスチック製はチープな印象を与えてしまうことがあるといった欠点も見られる。

とはいえ、設置場所や素材の特徴などをきちんと考えて選べば、包丁差しは利点しかないアイテムだ。オシャレな包丁差しならキッチンの雰囲気が変わり、料理も楽しくなるかもしれない。

2. 包丁差しを選ぶときにチェックしたいポイント

包丁差しは数多く販売されている。いざ選ぼうとすると迷ってしまうだろう。そこで、包丁差しを選ぶときにチェックしたいポイントをまとめたので参考にしてほしい。

設置場所で包丁差しのタイプを絞る

包丁差しには、包丁を立てて収納するもの、寝かせて収納するものなどがある。たとえばキッチンの作業台の上に置くなら、立てるタイプの包丁差しがおすすめだ。引き出しの中や高さがない場所に収納するなら、寝かせるタイプがよいだろう。ほかにも、扉の内側に引っ掛けたりネジで固定したりするタイプがある。設置場所に応じて包丁差しのタイプを決めよう。

素材と特徴を把握する

木製の包丁差しはオシャレで落ち着きがあり、木のぬくもりを感じられる。まな板と合わせれば統一感も出せるだろう。ただし水まわりに置くなら、水気に気をつけることだ。分解して洗えるなど、お手入れのしやすさもチェックしておこう。

逆に、水まわりにおすすめなのはステンレス製やプラスチック製の包丁差しだ。ステンレス製は耐久性があり、錆にも強い。それにスタイリッシュな印象を与えてくれるだろう。プラスチック製の包丁差しはデザインやカラーが豊富で、リーズナブルなのが特徴だ。いずれも丸洗いできるので、衛生的でもある。そのほか、吸水性・吸湿性に優れた珪藻土の包丁差しなどもある。素材と特徴も忘れずにチェックしておこう。

収納できる包丁の種類や本数を確認する

一般的なご家庭で包丁を何本も使い分けることは少ないかもしれないが、買い足すことなども想定して容量にはある程度余裕を持たせておくとよいだろう。また、包丁にはさまざまな形や大きさがある。お使いの包丁を問題なく収納できる包丁差しかどうかも確認しておこう。

ご家庭のキッチンのテイストや好みに合うことはもちろんだが、包丁差しを選ぶときはこうしたポイントにもぜひ着目してほしい。

3. インテリアにもなる!おすすめの包丁差し3選

最後に、おすすめの包丁差しを紹介しよう。ごく一例だがインテリアとして十分機能してくれるオシャレな包丁差しもあるので、迷ったときのヒントになれば幸いだ。

貝印「エクレール2」

包丁を寝かせて収納するタイプの包丁差しがこちら。出刃や厚刃などもOKで、トータル4本まで収納できる。引き出し入るので、限られたスペースを有効活用できるだろう。

レック「包丁差し スリム」

薄型だが、出刃など5本まで収納できる包丁差しだ。扉の内側に木ネジで取り付けるタイプなので、賃貸では難しいかもしれない。カバーは外して丸洗いできる。

IKEA「レトレット 包丁差し」

こちらは、バーチ無垢材がメインのオシャレな包丁差しだ。ナイフ6本、スチール製研ぎ棒1本を収納できる。スタイリッシュでインテリアとしても存在感がある。

結論

包丁は、包丁差しを使って安全に保管しよう。設置場所によって包丁差しのタイプを絞り込み、デザインや素材の特徴、お手入れのしやすさ、収納できる本数などをチェックすると選びやすいはずだ。ぜひお気に入りの包丁差しを見つけてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >