このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ネクタイ掛けの有用性とは?失敗しないネクタイ掛け選びのコツも解説

ネクタイ掛けの有用性とは?失敗しないネクタイ掛け選びのコツも解説

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年6月16日

フォーマルなシーンに欠かせないネクタイだが、収納に困っている方も多いのではないだろうか?ネクタイ掛けを使うべき理由や、失敗しないネクタイ掛け選びのコツを解説するとともに、おすすめのネクタイ掛けも紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ネクタイ掛けは使うべき?

ネクタイは長さがあるうえツルツルと滑りやすい素材のものも多いなど、収納しづらいアイテムのひとつだ。だがネクタイ掛けを使えばオシャレ&スッキリ収納できる。

ネクタイ掛けとは

ネクタイ掛けとは、ネクタイを収納しやすくするためのいわゆるハンガーのことだ。ネクタイは横幅がないため1本2本なら収納しやすいかもしれない。だが、仕事用やフォーマル用で5本も10本もネクタイをお持ちの方が多いだろう。通常のハンガーに掛けておく手もあるが、スルリと滑り落ちてしまうことがあるし、コンパクトに畳めばシワになってしまうこともある。ネクタイ掛けを使えば、快適に収納できるようになるだろう。

ネクタイ掛けを使うべき理由

・ネクタイのシワを防げる
・複数のネクタイをコンパクトに収納できる
・クローゼットがオシャレに見える
・ネクタイを取り出しやすくなる など

ネクタイ掛けを使うとシワを防げるだけでなく、複数のネクタイをコンパクトに収納できるためクローゼットがスッキリする。これまで悩んでいたネクタイ収納の問題点を一気に解消できるというわけだ。加えて、ひと目でどこにどのネクタイがあるか分かるので、取り出しやすくなる点もネクタイ掛けをおすすめする理由だ。

2. 失敗しないネクタイ掛け選びのコツ

ネクタイ掛けといっても、さまざまな商品が販売されている。もちろんデザインはお好みで構わないのだが、失敗しないためにも次のようなポイントを押さえておこう。

収納できる本数

お持ちのネクタイをきちんと収納できるサイズかどうか、忘れずに確認しておこう。新たに買い足すことも想定して、本数に余裕を持たせるのもよいだろう。

素材

落ち着きと高級感のある木製、スタイリッシュでオシャレな金属製、軽量かつコスパに優れたプラスチック製など、ネクタイ掛けにもいろいろな種類がある。クローゼットや部屋のイメージとマッチする素材のものを選ぼう。

出し入れのしやすさ

ネクタイを1本ずつ掛けられるタイプや、まとめて掛けられるタイプなど形状はさまざまだ。縦に並べていくネクタイ掛けもあれば、横に並べていくネクタイ掛けや円型のネクタイ掛けもある。柄が分かりやすく出し入れしやすいのは、1本ずつ掛けられるタイプだろう。できる限りスペースを消費したくない方はまとめて掛けられるタイプ、あるいは円型のネクタイ掛けなどを選ぶとよい。

ハンガーパイプの太さ

意外な落とし穴がハンガーパイプの太さだ。せっかくお気に入りのネクタイ掛けを買っても、ハンガーパイプが太すぎては掛けられない。失敗しないように、ハンガーパイプの太さとフックが合うかどうかも忘れずにチェックしておこう。

3. おすすめのネクタイ掛けを紹介

最後に、おすすめのネクタイ掛けを紹介する。ネクタイ掛け選びに迷ったときの参考にしてほしい。

シンコハンガー「F-Fit ネクタイハンガー(フック20枚付)」

シンコハンガーのネクタイ掛けは、幅約30cmのハンガーにネクタイを1本ずつ掛けるためのフックが付いているタイプだ。フックは買い足すこともできる。より省スペースに収納したいときは同シリーズの「F-Fit ネクタイハンガークロス」もある。

ナカタハンガー「ネクタイハンガー」

シンプルでスタイリッシュな、オシャレなネクタイ掛けだ。幅18cmのコンパクトなハンガーに、6本のネクタイが掛けられる。やや本数は少ないが、クローゼット内がかさばらずに済むし、プレゼントしても喜ばれるだろう。

マワ「ネクタイハンガー」

縦4本×4列、合計16本のネクタイが掛けられる。ノンスリップの特殊コーティングが施されているので、ネクタイが滑りにくいのも特徴だ。縦に並んでいるが、ハンガー自体を90度傾ければ上から容易に取り出せる。

結論

ネクタイ掛けは、ネクタイのシワを防ぐだけでなくクローゼットをオシャレに見せたりスッキリさせたりする効果もある。お気に入りが見つかれば、朝のネクタイ選びも楽しくなるだろう。お伝えしたポイントを押さえつつ、ぜひ最適なネクタイ掛けを見つけてほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ