このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
レシート収納のポイントは?溜めない管理術と収納アイデアまとめ

レシート収納のポイントは?溜めない管理術と収納アイデアまとめ

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年6月22日

小さなレシートは散らかりやすく紛失しやすい。散らかってしまって必要なレシートが見つからないといった経験は、誰にでもあるだろう。この記事では、レシートを整理してわかりやすく収納するコツを紹介する。管理する方法や便利なグッズの作り方、財布の中を整理する方法と併せてまとめた。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. レシートを収納する時のおすすめの管理術

買い物をした時に貰うレシートは、放置すると増えていく一方だ。収納する前に行いたい、おすすめの管理術を解説しよう。

必要と不要で分けて管理

不要になったレシートはすぐ捨てるのが基本だ。家計簿をつけたあとや一定期間保存したあとは、すぐに処分しよう。保存期限を決めて、過ぎたらまとめて捨てる方法なら、余計な手間はかからない。

また、確定申告で経費として計上する場合は、レシートの保管義務がある。白色申告なら5年、青色申告なら7年の保管が必要だ。確定申告に必要なレシートだけまとめて収納し、何年のレシートなのか記載しておけば、不要になった時にすぐ捨てられる。

日付や項目に分けて管理

レシートをわかりやすく分類すれば、必要なレシートがすぐに見つかる。分類は自分がわかりやすい方法でOKだ。たとえば、1週間分や1ヶ月分でまとめて収納すれば、買い物の頻度や大まかな支出が把握しやすい。

購入場所や購入した人、食費や日用品費などの項目で分類するのもおすすめだ。ただ分類するだけだとわからなくなるので、ラベリングを忘れないようにしよう。

2. レシートを簡単に収納する方法

レシートをわかりやすく収納するコツを3つ紹介する。紛失したり散らかったりといったリスクがなくなるので、ぜひ実践してほしい。

封筒やポリ袋

封筒やチャック付きポリ袋を使ってレシートを分類する。そのまま引き出しや大きなケースに入れても、混ざってしまう心配がない。紙の封筒は不要になったら丸ごと捨てられる、チャック付きのポリ袋は中が見えるのが、それぞれのメリットだ。

ケースに入れる

フタが閉まるタイプのケースをレシート収納に活用する。ケースのサイズは、収納したいレシートの枚数で選ぼう。レターケースをレシート専用にすると、引き出しを使って分類できる。

クリアファイルとクリアブック

クリアファイルにレシートを入れれば、本棚などにたてて収納できる。透明なので中が見やすく、何枚か用意してラベルを貼れば分類も可能だ。本のようにページで収納できる、クリアブックを活用してもよいだろう。

3. レシートの収納に便利な手作りグッズの作り方

手作りグッズを作成すればレシートを上手に収納できる。簡単に実践が可能なアイデアを2つ紹介するので、ぜひ試してみてほしい。

バインダーで壁掛け収納

バインダーにレシートを挟めば、一時的な収納になる。コンパクトなタイプのバインダーを選んで、オシャレな紐を取り付ければ、壁掛け収納の完成だ。紐を通す金具や穴があるバインダーなら、穴を開ける必要がない。

箱や引き出しに仕切りを作る

箱や引き出しに仕切りを作るアイデアだ。引き出しの中にトレイを入れたり、箱の中に仕切りを作ることで、レシートの整理がしやくなる。定位置を決めて入れれば、散らかる心配はないだろう。

4. 財布の中のレシートは整理して収納

商品を購入したあと、レシートを財布に入れている方は多いだろう。レシートが溜まるデメリットと、財布の中身を整理するコツについて紹介する。

レシートが溜まると大変

商品を購入したら貰うレシートは、すぐに溜まってしまう。お金やカードなどの出し入れがしにくくなるので、支払いの時に邪魔になる。ファスナーに挟まって、開かなくなったといった経験もあるのではないだろうか。

レジで慌てないためにも、溜めない習慣をつけることが重要だ。また、ミニサイズのクリアファイルやレシートホルダーなど、レシート専用の収納を用意する方法もある。大量のレシートがスッキリと収納できるので、買い物する機会が多い方におすすめだ。

すぐに出す習慣をつける

不要なレシートを財布からすぐに出す習慣をつければ、財布の中身がスッキリする。家計簿や確定申告に使わないレシートは、すぐに捨ててしまおう。店舗によっては捨てる場所が用意されているケースもある。

必要なレシートも、財布から出す習慣をつけることが重要だ。家に帰ったあと、バッグや財布を置く時に出せば忘れる心配が少ない。近くにケースなど専用の収納場所を作っておけば、サッと取り出して入れられるだろう。

結論

レシートの収納には工夫が必要だ。日付や項目で分類して整理すれば、あとで見返した時にわかりやすい。チャック付きポリ袋やクリアファイル、ケースを収納に活用しよう。保存したい枚数や、レシートの用途に合った収納方法を選ぶのがポイントだ。財布にレシートが溜まると使いにくくなるので、すぐに出す習慣をつけてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >