このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
布団袋でシーズンオフの布団をスッキリ収納しよう!選び方とおすすめ

布団袋でシーズンオフの布団をスッキリ収納しよう!選び方とおすすめ

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年6月25日

ひと冬お世話になった布団は、キレイに洗って来シーズンまで清潔に保管しよう。そこで役に立つのが布団袋だ。布団袋にもいろいろな種類があるため、選ぶときのポイントやおすすめを紹介する。布団袋を使った収納のコツとあわせて、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 布団袋を選ぶポイント

まずは布団袋を選ぶときのポイントから見ていこう。もちろん、お使いの布団が入る布団袋であることが前提だが、それ以外にも次のようなポイントに着目してほしい。

通気性のよい素材がおすすめ

布団は、いったん保管し始めたら数カ月など長期間収納したままになることが多い。その際に重要になるのが布団袋の素材だ。通気性が悪いとカビが生えたりダニが発生したりするおそれがある。不織布など、通気性のある素材の布団袋を選ぼう。ただし羽毛布団を収納する際は、羽軸に気をつけなければならない。羽軸とは羽の中央にある骨のような軸だ。羽軸が刺さって破れるのを防ぐため、不織布よりも厚みがある素材、破れにくい素材を選んだほうがよいだろう。

圧縮できるかどうかもポイント

収納スペースが限られているご家庭では、布団の収納は悩みのタネのひとつになる。圧縮できる布団袋なら、重ねたり丸めたりして省スペースに収納できるのでおすすめだ。空気が入りにくい、ダブルチャックのものかバルブ付きのものがよいだろう。

抗菌や防ダニといった付帯機能も忘れずに

布団袋の中には抗菌や防ダニ、防カビや消臭などいろいろな機能を備えたものもある。また、透明窓が付いていると中身が確認しやすい。ほかにも、引っ張り出しやすいように持ち手が付いている布団袋もあれば、布団を載せて包んでギュッと締めるだけで簡単に収納できる布団袋などもある。多機能の布団袋が増えているので、まずはじっくり探してみよう。

2. 布団袋を使った収納のコツ

布団袋に入れた布団を、どう収納するかもポイントだ。収納のコツと保管に際しての注意点をまとめたので参考にしてほしい。

スペースに合わせた収納を

ベッドの下などにうまく収まればよいが、家族全員分となるとそうはいかないだろう。押入れなどの縦の空間に余裕があるなら、布団袋を重ねて収納しよう。長期間保管している間に崩れないよう、しっかりした素材のものを選ぶのがポイントだ。一方、横の空間に余裕があれば布団袋を立てて横に並べていく方法がある。持ち手が付いているものを選び、手前に持ち手がくるように収納しよう。

まったくスペースに余裕がないご家庭なら、収納したあとそのままソファー代わりに使える布団袋を使う手もある。これなら押入れのやクローゼットのスペースを圧迫せずに済む。スペースに合わせた収納方法をイメージし、そこから布団袋を選んでいくと絞り込みやすいかもしれない。

カビやダニの発生を防ぐ工夫も

長期保管で心配なのが、カビやダニの発生だ。いくら防カビ・防ダニ仕様の布団袋だったとしても安心してはいけない。湿気が溜まりやすい押入れであればカビやダニが発生する可能性があるためだ。布団袋の中に防虫剤、除湿剤などを一緒に入れるとともに、面倒でも定期的に押入れなどから出して天日干し(または陰干し)をするなどして、湿気を取り除いておこう。

3. 圧縮できるタイプも!おすすめの布団袋を紹介

最後に、おすすめの布団袋を3選紹介する。

ニトリ「掃除機がいらない消臭布団圧縮袋」

圧縮できる布団袋というと掃除機で空気を抜くものが多いが、こちらは掃除機不要で、上から手で押すだけで空気が抜ける。消臭シート付きなのもうれしい。

東和産業「SN ふとん袋」

大型サイズの布団袋をお探しならこちらはいかがだろうか?シングルサイズの掛け布団と敷き布団が2〜4枚入るというサイズ感だ。不織布製で通気性も確保されている。

アストロ「布団収納袋」

不織布の通気性に加えて、活性炭シートによる消臭効果も持ち合わせている布団袋だ。透明窓が付いており、掛け布団と敷き布団をまるまる一式収納・保管できる。

結論

布団袋は、大切な布団を来シーズンまでキレイに保管するために欠かせないアイテムだ。収納スペースに合わせてどういった布団袋が適しているのかを選んでいこう。収納スペースがなければ、ソファーになるタイプなどもおすすめだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >