このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
フライパン蓋の収納アイデアとスッキリ収納に便利なアイテムを紹介!

フライパン蓋の収納アイデアとスッキリ収納に便利なアイテムを紹介!

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年6月29日

フライパン蓋の収納にお困りのご家庭も多いだろう。うまく収納するためのコツをお伝えするとともに、フライパン蓋の収納アイデアや便利なアイテムを紹介する。ちょっとしたひと工夫で、キッチン周りがスッキリするかもしれない。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. フライパン蓋の収納にはとにかく困る

フライパン蓋は、その形状や大きさなどから収納に困るアイテムの代表格だが、うまく収納するためのコツもある。

フライパン蓋収納のコツとは?

フライパン蓋をうまく収納するための最初のコツは、メーカーを統一することだ。同じメーカーのシリーズもので揃えれば、サイズこそ違えど形は整っているため、フライパン蓋も収納しやすくなるだろう。それに、統一感のある見た目はキッチンをオシャレに、そしてスッキリ見せてくれる効果もある。お使いのフライパンメーカーが異なる場合、すぐさますべてを新調するのは難しいかもしれないが、劣化して買い換えるタイミングなどで徐々に揃えてみてはいかがだろうか?

もうひとつ、フライパン蓋をうまく収納するコツとして立てる収納が挙げられる。フライパンの上にフライパン蓋を寝かせて収納する方法もあるが、2つ3つと重ねると崩れてしまうし、下になったフライパン蓋を取り出すのも大変だ。フライパン蓋を立てて収納することで出し入れがしやすくなるうえ、省スペースに収められる可能性もある。フライパン蓋の収納にお困りのご家庭は、こうしたコツがあることを覚えておこう。

2. フライパン蓋の収納アイデアを紹介

今お使いのフライパン蓋をスッキリ収納するための、具体的なアイデアをいくつか紹介しよう。

100均の突っ張り棒

もっとも手軽でコスパが高いのが、100均の突っ張り棒を使ったフライパン蓋の収納だ。シンク下が引き出しタイプなら手前に、扉タイプなら左右どちらかに突っ張り棒をわたし、フライパン蓋をかけるだけでスッキリ収納できる。

ファイルボックス

意外だがファイルボックスもフライパン蓋の収納に活用できる。突っ張り棒よりもスペースを要するため収納に余裕がある場合に限られるが、出し入れしやすく複数のフライパン蓋を個別に収納できるので管理もしやすい。シンク下が引き出しタイプの場合におすすめの収納方法だ。

突っ張り棒とワイヤーネット

シンク下が扉タイプならこの収納方法もある。突っ張り棒を横にわたし、その上にワイヤーネットなどを載せて上段をフライパン蓋、下段をフライパンなどと分けてしまう方法だ。突っ張り棒は手前と奥、最低2本あると安定するだろう。寝かせる収納方法だが、排水管などがあって使いにくいシンク下のスペースを、効率よく生かせるのではないだろうか。

DIYで収納場所を作る方法も

いずれも100均で手に入る道具だが、ネジタイプのS字フック2個、ワイヤーラック、フライパン蓋や鍋蓋のラックの3点を揃えれば、DIYで収納場所が作れる。とくにシンク下が扉タイプのキッチンにおすすめの方法だ。S字フックを取り付けたら、ワイヤーラック、フライパン蓋や鍋蓋のラックの順に引っかけるだけで完成する。ただし穴をあける必要があるので、賃貸にお住まいの方は難しい。そのときは、S字フックの代わりに耐荷重が高く、強粘着でかつキレイに剥がせる粘着フックなどを使うとよいだろう。

3. フライパン蓋の収納に便利なアイテム3選

100均アイテムでも十分フライパン蓋の収納場所は作れるが、よりオシャレに収納したい方や、DIYではなく既製品がほしいという方もいるだろう。最後に、フライパン蓋の収納に便利なアイテムを3つ紹介する。

山崎実業「伸縮鍋蓋&フライパンスタンド」

約45cmから82cmに伸縮するので、設置場所に合わせてサイズを調節できる。仕切りパーツは10本あり、3cm間隔で各仕切りを調節できる。フライパン蓋はもちろん、フライパンや鍋なども収納可能だ。

ニトリ「ざるボウルフライパンスタンド」

同じく、約46cmから86cmに伸縮するタイプがこちら。仕切りのワイヤーの位置も調節できる。フライパン蓋のほか、フライパンや鍋、ザル、ボウルなども取り出しやすいように考えられた商品だ。

クリタック「リットホルダー」

吸着シートでキッチンの壁に貼り付けるタイプで、フライパン蓋を2個引っかけられる。見せる収納になってしまうが、引き出しや扉を開けずに済むため効率はよいだろう。耐荷重は5kgだ。

結論

フライパン蓋は収納に困るアイテムだが、同一メーカーのシリーズもので揃えたり、立てる収納をしたりすれば意外とスッキリ収まることも多い。100均で手に入る道具でも十分フライパン蓋の収納場所を作れるので、ぜひ試してみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ