このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コーデュロイの洗濯方法を解説!シワを防ぐコツやアイロンのかけ方も

コーデュロイの洗濯方法を解説!シワを防ぐコツやアイロンのかけ方も

投稿者:ライター 松本マユ (まつもとまゆ)

2020年6月25日

デコボコとした特徴的な起毛をもつコーデュロイ。ファッションにコーデュロイのアイテムを上手に取り入れているとオシャレに見えるが、その独特の起毛から「コーデュロイは洗濯が難しい」と思っている方もいるのではないだろうか。この記事ではコーデュロイの質感を損なわずに洗濯する方法や、洗濯後にシワになりにくくするコツ、アイロンのかけ方を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コーデュロイを洗濯する前に確認すること

コーデュロイの衣服を洗濯する前に、「洗濯機で洗えるか」「色落ちしないか」の2点を確認しよう。

洗濯機で洗えるか

まずはコーデュロイの衣服についた洗濯表示を確認しよう。それによって洗濯機で洗ってもいいか、手洗いすべきかがわかる。

洗濯機や洗濯おけの中に数字が書かれたマークがあれば、洗濯機で洗っても問題ない。ただし、洗濯機の中に「弱」と書かれている場合や、洗濯おけの下に横線が引いてある場合は、オシャレ着コースやドライコースなどの弱水流で洗う必要がある。

洗濯おけに「手洗い」と書かれたマークや、洗濯おけの中に手を入れているマークがあれば、洗濯機を使うのはやめて手洗いしたほうがいい。

色落ちしないか

衣服の色落ちを防ぐためにも、洗濯前に軽くテストしておきたい。洗濯洗剤の原液をコーデュロイの衣服の目立たない部分につけ、5分たったら白い布を当てて軽く押さえる。色落ちが見られたら、ほかの衣服と一緒に洗うのは避けよう。

洗濯表示がわからない場合は?

もし洗濯表示の見方がわからない場合は、消費者庁のホームページ(※1)を見てみよう。記号の一覧が紹介されたリーフレットが掲載されているので、そちらで確認するといいだろう。

2. コーデュロイの洗濯方法

コーデュロイの衣服を洗濯する際は、「エマール」や「アクロン」などのオシャレ着用の中性洗剤と洗濯ネットを用意しよう。毛並みをフワッと仕上げるためには柔軟剤を使うのがおすすめだ。

洗濯機で洗う場合

1.衣服に目立つ汚れがある場合は、洗濯洗剤の原液を少量つけて軽くなじませておく。
2.衣服をたたんで洗濯ネットに入れる。洗濯機をオシャレ着コースやドライコースに設定し、オシャレ着用の中性洗剤と柔軟剤をセットしよう。
3.あとは洗濯機で洗うだけだ。服の傷みやシワを防ぐためにも、脱水は短時間で行うといい。
4.コーデュロイの形を整え、手でシワを伸ばして陰干しする。

手洗いする場合

1.衣服に目立つ汚れがある場合は、洗濯洗剤の原液を少量つけて軽くなじませておく。
2.洗面器に水をため、オシャレ着用の中性洗剤を適量加えて洗浄液を作る。
3.衣服を洗浄液に浸け、やさしく押し洗いする。5分ほど洗ったらキレイな水に入れ替え、洗剤が残らないよう2~3回すすごう。
4.洗面器に柔軟剤を溶かし、衣服を浸ける。
5.衣服をたたんで洗濯ネットに入れ、洗濯機で1分ほど脱水する。
6.コーデュロイの形を整え、手でシワを伸ばして陰干しする。

3. 洗濯でコーデュロイをシワにしにくくするコツ

洗濯後にコーデュロイの衣服をシワになりにくくするには、干す前に形を整えるのがポイントだ。
洗濯が終わったらコーデュロイを軽く振りさばき、生地に空気を含ませよう。それから手で軽く引っ張ってシワを伸ばし、毛先をなでるように「手のひらアイロン」をするといい。

また、洋服用のブラシを使って毛並みを整えるのも効果的だ。洗濯後の濡れた状態でブラシをかけると、コーデュロイの毛並みが整いやすい。

4. 洗濯でコーデュロイがシワになったときの解決方法

洗濯後、丁寧に干してもコーデュロイにシワができてしまった場合はアイロンをかけよう。
アイロンがけの前はコーデュロイの洗濯表示を確認しておこう。「あて布使用」と書かれている場合は、ハンカチなどの薄い布を用意する。ただし、洗濯表示のアイロンマークにバツがついている場合はアイロンがけできない。

コーデュロイの上にあて布をかけ、その上からアイロンを1cmほど離してスチームを当てる。温度は中温に設定しよう。
最後に洋服用のブラシで毛並みを整えると、さらにキレイに仕上がるはずだ。

結論

コーデュロイ生地は特徴的な毛並みや手触りのよさが魅力だ。その質感を損ないたくないがために、コーデュロイの洗濯をためらう方もいるだろう。しかし、紹介した方法でやさしく洗うことで、風合いを保ったままキレイにできる。洗濯後は形を整えて毛先をなで、シワや毛並みのヨレを防ぐのがコツだ。
(参考文献)
※1出典:消費者庁「新しい洗濯表示」
https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/laundry_symbols.html
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ