このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯にはマグネシウム!?洗剤なしで汚れもニオイもスッキリ!

洗濯にはマグネシウム!?洗剤なしで汚れもニオイもスッキリ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年6月28日

洗濯したのにニオイが取れない、部屋干しのニオイが気になるなど洗濯に関する悩みは尽きない。そんな洗濯の悩みを解決してくれるアイテムとして、いま「マグネシウム」が話題になっている。洗剤の代わりにマグネシウムを投入して洗濯するというのだが、これで本当に汚れやニオイがなくなるのだろうか?今回はマグネシウムを使った洗濯の効果や洗濯方法について紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マグネシウムを洗濯に使うとどんな効果があるの?

「洗濯にはマグネシウムを使うといい」と聞いたことがある方も多いだろう。メディアやSNSでも洗剤の代わりにマグネシウムを投入する洗濯方法が話題になっている。しかし、マグネシウムを入れるだけで本当に洗剤の代わりになるのだろうか?と不思議に思う方もいるだろう。実際に、マグネシウムを入れて洗濯することで起こる反応とその効果を紹介する。

マグネシウムが洗剤になるって本当?

まずは、マグネシウムが洗剤の代わりになる原理を見てみよう。マグネシウムでの洗濯は「水道水にマグネシウムを入れると水素が発生する」という化学反応を利用している。
発生した水素を含んだ水は洗濯機の中でアルカリイオン水となる。アルカリイオン水は洗濯物についている皮脂汚れなどの油脂分と結びつき界面活性効果を発生するため、洗剤などと同様の洗浄能力が生まれる。つまり、マグネシウムを洗濯機に入れて洗濯すると、ただの水道水が洗浄能力を持った水石鹸のように変化するというわけだ。

汚れだけでなくニオイにも効く!

マグネシウムを入れることで発生するアルカリイオン水は、汚れだけでなく洗濯物のニオイにも効果的だ。洗濯物のニオイの原因は菌の繁殖といわれる。通常通り洗剤を入れて水道水で洗濯した場合、湿った時間が長くなると皮脂汚れや洗剤のカスなどを餌にして菌がどんどん繁殖して臭くなる。しかし、アルカリイオン水には除菌力があるため、乾いている最中にも除菌されニオイが出にくい。

洗濯槽や排水ホースもキレイになる

マグネシウムを入れることで、洗濯に使った水すべてがアルカリイオン水となる。アルカリイオン水は洗濯槽や排水ホースも洗浄してくれるので、マグネシウムを使って洗濯し続けるだけで洗濯槽や排水ホースもキレイになるといわれている。

2. 洗濯用マグネシウムの作り方やお手入れ方法

原理がわかったら、次は洗濯用マグネシウムの作り方やお手入れ方法を紹介する。

用意する材料

  • 純マグネシウム
  • 洗濯用ネット
  • 水切りネット

洗濯用マグネシウムの作り方

三角コーナーなどに設置するストッキングタイプの水切りネットの中にマグネシウムを入れる(マグネシウムの目安は洗濯物5kgに対して100g)。マグネシウムが出てこないように水切りネットを閉めたら、それをさらに洗濯用ネットの中に入れて完成だ。
マグネシウムを直接洗濯用ネットに入れてもよいが、その場合はチャックが開かないよう縫いつける必要がある。マグネシウムが洗濯機の中に散乱すると故障の恐れがあるため注意しよう。

洗濯用マグネシウムのお手入れ方法

マグネシウムのお手入れは簡単だ。クエン酸またはお酢に20分程度浸け置きし、もみ洗いしよう。マグネシウムの酸化被膜を取るために、2週間に1回の目安で手入れを行うのをおすすめする。

3. 洗濯でのマグネシウムの使い方

洗濯用マグネシウムができたら、さっそく洗濯をしてみよう。
洗濯物の中に洗濯用マグネシウムを入れ、通常通りのコースで洗濯する。マグネシウムと水がしっかりと反応するまでに時間がかかるため、いつもの洗濯時間よりも10分程度長めに設定するとより効果的だ。脱水時も入れたままでOKなので、洗濯が終わったら洗濯物と一緒に取り出す。水気が付いたまま放置するとマグネシウムが錆びる原因となるため、洗濯物と一緒に天日干しをしてしっかりと乾かそう。

4. マグネシウムを洗濯に使うときの注意点

マグネシウムを使って洗濯する際には、いくつかの注意点がある。

乾燥機には入れない

マグネシウム自体は乾燥機の熱にも耐えられるが、乾燥中にマグネシウムが飛び出す危険性がある。そのため洗濯が終わったら、乾燥前にはマグネシウムを取り出すようにしよう。

使用期限がきたら交換する

マグネシウムは何度も繰り返し使用できるが、使い続けると削れて小さくなり洗浄力も落ちる。そのため、使用は洗濯を300回、時期で言うと1年を目安に交換しよう。

塩素系漂白剤と一緒に使わない

マグネシウムと塩素系漂白剤は一緒に使わないように注意する。漂白剤を使いたい場合は酸素系漂白剤を使用する。

結論

今回は洗剤の代わりにマグネシウムを使った洗濯方法を紹介した。マグネシウムは何度も使えるため経済的で、洗剤を使うよりもエコに洗濯ができる。また、肌が弱い方など市販の洗剤が合わない方でも安心して使用できるためおすすめだ。メリットたくさんのマグネシウムでの洗濯。気になった方は今回の記事を参考にぜひ洗濯用マグネシウムを作り、活用してみてもらいたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >