このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
クローゼットの臭いが気になる!おすすめの臭い対策を紹介する

クローゼットの臭いが気になる!おすすめの臭い対策を紹介する

投稿者:ライター 藤田幸恵 (ふじたゆきえ)

2020年7月10日

クローゼットの扉を開けたとき、ふとクローゼットの中から何らかの臭いがするのを感じたことはないだろうか?香水や石鹸などの香りであればよいが、どちらかというと嫌な臭いなら不快だろう。そこで、クローゼットの臭いの原因や解消方法を詳しく説明していく。クローゼットの臭いを放置していると厄介なことになるので、ぜひこの記事を参考に、臭いのないクローゼットを目指そう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. クローゼットの臭いの原因

何が原因でクローゼットから臭いが発生するのだろうか?主な原因は3つある。

洋服に染みついた臭い

目に見える汚れがついていなくても、洋服には臭いが染みついていることがある。汗やタバコ、焼き肉などの食べ物の臭いなどは、とくに洋服に染みついていることが多い。クローゼットにはたくさんの洋服が収納されているため、数種類の臭いが混ざって充満してしまう。

ホコリ

洋服の繊維からホコリは発生するので、クローゼットの中にはホコリが溜まりやすい。ホコリが溜まると、独特な臭いを放つことがある。

カビ

普段扉を閉めっぱなしにしているクローゼットは湿気が溜まりやすい。湿度が高くなると、カビが発生しやすくなる。カビのような臭いがしたら、クローゼットにカビが発生しているのかもしれない。

2. クローゼットの臭いを放置したときの弊害

クローゼットの臭いに気づいていてもそのまま放置したら、どのようなことが起きるのだろうか?臭いの弊害について説明する。

カビや雑菌が繁殖する

クローゼットの臭いの原因は、カビやホコリだ。臭いをそのまま放置すると、カビがどんどん増えていく。洋服に汚れがついている場合には、そこから雑菌が繁殖することもある。そのまま放っておくと、不潔なクローゼットになってしまう。

虫が住みつく

クローゼットに住みつく虫は、カビやホコリが好物だ。虫が繁殖して増えると、大切な洋服がダメージを受けることになる。虫は天然繊維でできた洋服が大好物なので、高級なシルクのシャツやカシミヤセーターなどが虫食いされることが多い。

3. クローゼットの臭いの解消方法

クローゼットの臭いを解消するために、どのようなことをしたらよいのだろうか?臭いをなくす方法を解説する。

洋服の汚れを取り除く

洋服に臭いが染みついている場合には、臭いも含めて洋服を清潔にしてからクローゼットに収納するようにしよう。とくに衣替えなどで長期間着ることのない洋服は、収納する前に洗濯することをおすすめする。

クローゼット内を換気する

クローゼットは普段閉めっぱなしになっていることが多いが、閉めきっていると湿気がこもってしまう。ときどきは扉を開けて換気をしよう。

クローゼット内の掃除をする

クローゼットには常に洋服が詰め込まれているため、掃除していない方も多いだろう。だが、知らず知らずのうちにホコリが溜まっているので、意識してクローゼット内を掃除しよう。

消臭剤をクローゼットに入れる

クローゼット内をキレイにしても臭いが残っているなら、消臭剤を入れるのをおすすめしたい。除湿機能や防虫機能もついている消臭剤なら、クローゼットをよりよい環境にすることが可能だ。

4. クローゼットの臭いがしない状態を保つ方法

クローゼットの臭いを解消したら、臭いのない状態を維持することが大切だ。次の3つのことに気をつけて、洋服を収納していこう。

洋服は濡れたまま収納しない

一度着用した洋服は、汗などで湿っていることが多い。脱いだらクローゼットにしまう前に、陰干しをしてしっかり乾燥させよう。

余裕を持って洋服を収納する

クローゼットに洋服を詰め込みすぎていると、風通しが悪くなり、湿気やホコリが溜まりやすくなる。洋服の数を減らしてスペースを作り、クローゼット内を整理整頓することを心がけよう。

消臭剤や脱臭剤を上手に使う

クローゼット用の消臭剤や脱臭剤は、臭いをなくすのに効果的だ。防虫できるものや香り付きのものなどさまざまな種類が市販されている。クローゼットの大きさや好みの香りなどで、クローゼットに合うものを選んで上手に使おう。

結論

クローゼットの臭いの原因や解消方法について解説してきた。クローゼットは普段閉めっぱなしで、毎朝着替えるときしか扉を開けないという方も多いだろう。朝の忙しい時間にクローゼットの臭いが気になっても、そのまま放置してしまいがちだ。だが、臭いを放置すると、カビや虫が繁殖することにつながる。臭うと感じたら、早めに対処するようにしよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >