このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ブックタワーはオシャレな本棚?選び方や使うコツを紹介する

ブックタワーはオシャレな本棚?選び方や使うコツを紹介する

投稿者:ライター 藤田幸恵 (ふじたゆきえ)

2020年7月 8日

あなたはブックタワーをご存知だろうか?ブックタワーとは狭いスペースでも置ける本棚のことだ。だが、従来の本棚とは異なる点が多い。箱型ではないし、本は平積みにしていく。オシャレな見た目で気になるが、使いこなせるか不安な方もいるはずだ。そこで、ブックタワーの選び方や使いこなすコツについて解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ブックタワーとは

ブックタワーとはどのようなもののことを指すのか、一般的な本棚との違いやメリットを解説する。

ブックタワーはどのようなもの?

ブックタワーは一般的な本棚とはまったく形が異なる。本棚は天板・裏板・棚板・両側にある側板から構成された箱型になっている。本は地面と垂直に立てて収納する。
一方のブックタワーは、底面と柱状の裏板、複数の棚板から構成されている。本を収納するときは、地面に平行になるように棚板に寝かせて置く。

ブックタワーを使うメリット

ブックタワーに本を置くと、本が宙に浮いているように見える。本をオシャレに収納できるのが大きなメリットだ。省スペースで圧迫感がないので、本棚を置くには狭い場所にも置くことができる。本が倒れる心配がなく、置くだけで整理整頓できるのもメリットだ。

2. ブックタワーの種類や選び方

ブックタワーの種類はいくつかある。その中からどのように自分にぴったりのブックタワーを選んだらよいのだろうか?

デザインで選ぶ

ブックタワーはインテリアにもなるので、好みや部屋の雰囲気に合うデザインのものを選ぼう。ブックタワーの素材は、木やスチールなどが多い。カラーが豊富で、ダークブラウンやナチュラル、ブラックなど複数の中から選べる。

サイズで選ぶ

ブックタワーのサイズも選ぶポイントになる。高さが約100~150㎝のハイタイプや約60~80㎝のロータイプがあるため、置く場所や使う場面を想像して選ぶとよい。約150㎝のハイタイプでは厚さ2㎝の文庫本を約60冊置くことができる。ロータイプでは35冊程度置ける。収納できる本の冊数も考慮しよう。棚板が大きく、雑誌が置けるブックタワーもある。

3. ブックタワーを使いこなすコツ

従来の本棚に慣れている方にとっては、ブックタワーを使いこなせるか不安があるかもしれない。ブックタワーを使いこなすコツを紹介する。

少量の本を置くのに使う

ブックタワーは大量の本を収納するためのものではない。少量の本を一時置きするのに向いている。普段読書をする場所に置いて、読みたい本を積んでおく。例えば、ベッドやソファの横にブックタワーを設置して、そこで読むだけの量の本を置くようにしよう。

本を入れ替えて分類する

ブックタワーは本の入れ替えが簡単なので、入れ替えながら分類したり整理整頓したりできる。分類の仕方は自由なので、自分の好みや使いやすさに合わせて行おう。例えば、読みかけの本を最上段に置いたり、ジャンルや作者別に棚を変えたりするのがおすすめだ。

4. おすすめブックタワー3選

ブックタワーは狭いスペースでもオシャレに本を置ける便利なものだ。数多く販売されているブックタワーの中でも、おすすめのものを3つ紹介する。

IKEA「LACK ラック」

オシャレなのに安い家具を扱っているIKEAでも、ブックタワーとして使えるラックを販売している。このLACKラックは、壁に装着して使うウォールシェルフだ。底面が浮いた状態になるため掃除もしやすく、壁の空いている場所にどこでも設置できる。ブラックブラウン、オーク調、ホワイトの3色から好みのものを選べる。

ベルメゾン「ブックタワー」

通販でお馴染みのベルメゾンでは、木製のブックタワーを販売している。ハイタイプ、ロータイプがあり、色はダークブラウンとナチュラルから選べる。このブックタワーの大きな特徴は、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドをなるべく使わずに作られていることだ。赤ちゃんがいる家庭でも安心して使うことができる。

栄町工房「タワーラック」

木工製品をハンドメイドで作っている栄町工房では、杉材を利用したタワーラックを販売している。一般的なブックタワーよりも斜めになった面白い形で、置いてあるだけで目をひくデザインだ。

結論

ブックタワーは、従来の本棚とは異なり、本を大量に収納することはできないが、簡単に整理整頓ができて圧迫感なくオシャレに見せるメリットがある。読みかけの本を積んで置くのにも適している。素材や高さで印象が変わるので、置く場所や置きたい本の数を考慮して選んでみよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >