このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
パジャマを洗う頻度はどれくらい?季節ごとの目安や洗わないリスクも

パジャマを洗う頻度はどれくらい?季節ごとの目安や洗わないリスクも

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年7月11日

パジャマを洗う頻度について考えてみよう。においがしてから、あるいは毎日、週末になど人によって基準は違うかもしれないが、パジャマを洗う頻度はどれくらいが適切なのだろうか?夏と冬に分けて目安を解説するとともに、洗う頻度が少ないリスクもお伝えする。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. パジャマを洗う頻度が少ないとどうなる?

ヒトが寝ている間に汗をかくというのは皆さんご存知だろう。汗の量には個人差があるかもしれないが、たとえ少量でもパジャマに染み込んでいるはずだ。洗う頻度が少ないということは、それだけ多くの汗がパジャマに染み込んでいると考えてよい。まずは、そこに潜むリスクについて解説する。

パジャマを洗う頻度が少ないことのリスク

パジャマを洗う頻度が少ないと、汗が染み込んだままのパジャマを着なければならない日が増える。せっかく入浴してキレイな体になったのに、パジャマが汚れていては本末転倒だ。洗う頻度が少ないことで雑菌が繁殖し、イヤなにおいの元になることもある。

においだけで済めばよいが、そうはいかない。汗のほかにも皮脂汚れやフケ、髪の毛、ホコリといった汚れが溜まっていくからだ。極端かもしれないが、これらをエサにダニやカビが発生し、肌のかゆみといったトラブルを招くリスクもゼロではない。ダニのフンや死骸、カビの胞子などはアレルギーの原因にもなってしまうため注意が必要だ。パジャマを洗うことは、快適で健康的な睡眠を得るためにも大切だと覚えておこう。

2. 夏にパジャマを洗う頻度は?

毎日洗えれば毎晩清潔なパジャマを着て眠れるが、忙しい方も多く現実的には難しいかもしれない。天候によって乾かなかったり、家族全員分となると大変だったりもする。そこで、洗う頻度の目安を紹介していくので参考にしていただきたい。まずは、汗をかきやすい夏場にパジャマを洗う頻度から見ていこう。

夏にパジャマを洗う頻度の目安

汗をかきやすい夏場は、パジャマを数着用意して毎日洗いながらローテーションするのが理想だ。だが上述の通り、毎日洗うのが難しいご家庭もあるだろう。梅雨の時期は雨も多く、思うように乾かないことも考えられる。毎日が難しいときは、2日に1回や週2〜3回を目安にしよう。

なお、においが発生する頃には雑菌が繁殖している可能性が高い。においは、洗濯するかどうかの基準にしないほうがよいだろう。また、パジャマ以外の掛け布団や敷き布団、枕などにも汗が染み込む。夏場は、パジャマとあわせて寝具を洗う頻度自体を増やすとより衛生的だ。

3. 冬にパジャマを洗う頻度は?

一方、汗をかくことが少ない冬場にパジャマを洗う頻度はどうだろうか?

冬にパジャマを洗う頻度の目安

汗をかきにくいとはいえ、ヒトは冬場でも寝ている間に汗をかく。夏場のようなかき方ではないかもしれないが、厚手のパジャマを着たり重ね着をしたり、あるいは布団を何枚も重ねたり暖房をつけたりすれば、じんわりと汗をかくはずだ。そうした汗がパジャマに染み込めば、やはりにおいや雑菌の繁殖などを招くおそれがある。

洗う頻度は、夏場のように毎日が理想とはいわないが週2〜3回を目安にするとよいだろう。なお、冬場のパジャマは厚手のものが多い。乾きにくいことも想定して、数着用意しておくことをおすすめする。

結論

パジャマを洗う頻度は、夏場なら毎日、冬場なら週2〜3回が目安になる。ただし毎日洗濯するのが難しいご家庭は、夏場も2日に1回や週2〜3回を目安にしよう。これまでとくにこだわってこなかった方は、ぜひこの機会に洗う頻度を見直し、キレイなパジャマで気持ちよく眠ってほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ