このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
掛布団はコインランドリーで洗える!メリットやかかる料金は?

掛布団はコインランドリーで洗える!メリットやかかる料金は?

投稿者:ライター 松本マユ (まつもとまゆ)

2020年7月23日

大きくてかさばるうえデリケートな素材でできている掛布団は、自宅で洗うのは大変だ。ところがコインランドリーを利用すると、掛布団を大きな洗濯機で丸洗いできるほか、高温の乾燥機を使えるためダニ対策もできる。コインランドリーで掛布団を洗濯する方法や、かかる料金、洗濯できない掛布団の種類などを解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 掛布団をコインランドリーで洗濯するメリットとは?

掛布団はコインランドリーで洗濯できるものも多い。「布団が大きくて自宅の洗濯機に入らない」「自宅で布団を洗濯するのが不安」という方は、コインランドリーを使ってみてはいかがだろうか。まずは掛布団をコインランドリーで洗濯するメリットから紹介しよう。

布団が丸洗いできる

コインランドリーの洗濯機は容量が大きく、かさばる掛布団も丸洗い可能だ。布団には寝ている間に出る汗や皮脂などの汚れが付きやすいため、定期的に洗うかクリーニングに出す必要がある。コインランドリーの洗濯機で丸洗いすることで、たまった汚れをしっかり落とせるだろう。

仕上がりがフワフワになりやすい

コインランドリーの乾燥機は業務用のため、パワフルな高温風で乾燥させられる。さらに、掛布団を回転させながら熱風で乾かすことで、中の詰め物が立ってフワフワとした仕上がりになりやすい。

ダニ対策になる

湿気がたまった布団にはダニが繁殖しやすい。ダニは高温に弱く、コインランドリーの乾燥では高温風を当てることで撃退できる。掛布団の奥までしっかり乾燥させられるため、奥に入り込んだダニも退治しやすい。

2. コインランドリーで洗濯できない掛布団をチェックする

掛布団によってはコインランドリーで洗えないものもある。洗濯する前に布団の素材や洗濯表示をしっかりチェックしよう。以下に当てはまる掛布団は、基本的にコインランドリーでは洗濯できない。

綿や羊毛、真綿の掛布団

生地や中わたに綿や羊毛、真綿(シルク)を使った掛布団は、洗濯機や乾燥機にかけると硬くなったり縮んだりしやすいため、コインランドリーで洗うのは避けよう。

「洗濯機で洗えるマーク」がない掛布団

掛布団の洗濯表示に洗濯機で洗えるマークが付いているものは、コインランドリーで洗濯できる。しかし、それ以外のものはコインランドリーで洗わないほうがいい。またタンブラー乾燥ができないと書かれているものは、乾燥機にかけてはいけない。

キルティング加工していない羽毛布団

羽毛布団は中の羽毛が非常に繊細なため、できればクリーニングに出すのがおすすめだ。ただ、羽毛の潰れや生地の傷みなどのリスクがあるものの、コインランドリーで洗うこともできる。
しかし、キルティング加工が施されていない羽毛布団はNGだ。キルティング加工とは、生地の間に中わたを挟み、縫い押さえる加工方法だ。キルティング加工の羽毛布団は生地に立体的なマス目などを作って中わたが片寄らないようにしている。キルティング加工されていない羽毛布団は、コインランドリーの洗濯機で洗うと中の羽毛が片寄りやすい。

3. 掛布団をコインランドリーで洗濯する前の準備

掛布団をコインランドリーで洗濯する前には、布団を紐で縛るか、大きめの洗濯ネットに入れておきたい。そうすることで掛布団の形が崩れにくく、中わたも片寄りにくくなる。

また、穴が開いたりほつれたりしている掛布団をコインランドリーの洗濯機に入れると、破けてしまうおそれも。万が一のときに中わたが散らばってコインランドリーの洗濯機を汚さないためにも、紐や洗濯ネットを使うといいだろう。

4. 掛布団をコインランドリーで洗濯・乾燥する方法

まずは掛布団をコインランドリーの洗濯機に入れる。コインランドリーによっては布団専用の洗濯機もあるので、使える場合はそちらを利用するのもいい。
コインランドリーの洗濯機は自動で洗剤が出てくるタイプが多く、基本的に洗剤を持参する必要はないだろう。あとは料金を支払い、洗濯が終わるのを待とう。

掛布団はしっかり乾燥させることが大切だ。洗濯乾燥機の場合は、洗濯後にそのまま乾燥させればいい。洗濯機と乾燥機が別々の場合は、洗濯が終わったら掛布団を乾燥機に移そう。温度が設定できる場合、高温にするといい。

5. 掛布団をコインランドリーで洗濯するのにかかる料金と時間

掛布団をコインランドリーで洗濯するのにかかる料金は、1枚あたり1,500~2,000円程が目安だ。一般的なコインランドリーでは、掛布団の洗濯に500~600円程度、乾燥に1,000円程度かかる。洗濯乾燥機や布団専用の洗濯機を使う場合はもう少し高くなるので、合計でだいたい2,000円前後と思っておくといいだろう。

コインランドリーでの掛布団の洗濯にかかる時間は、トータルで1時間から1時間半程度だ。洗濯には30~40分程度、乾燥には40~50分程度かかると見ておこう。

結論

自宅では洗いにくい掛布団だが、コインランドリーで洗濯・乾燥するとふんわりとキレイに仕上がりやすい。洗える素材かチェックする、紐や洗濯ネットを使うなどのコツを押さえ、お持ちの布団を洗ってみてはいかがだろうか。最近はオシャレなコインランドリーも増えているので、場所によっては待ち時間も快適に過ごせるだろう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ