このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ヘルメットの正しい捨て方は?4つの処分方法について詳しく紹介

ヘルメットの正しい捨て方は?4つの処分方法について詳しく紹介

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年8月 5日

バイクや自転車に乗るときにかぶるヘルメットは、定期的に交換する必要がある。適切な方法で処分しないと、トラブルになることもあるので注意が必要だ。この記事ではヘルメットの正しい捨て方について解説する。自治体で処分、売却、寄付、不用品回収業者など4つの方法を紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ヘルメットの捨て方【自治体で処分】

ゴミの捨て方には自治体ごとのルールがある。ヘルメットの分別や正しい処分方法について、詳しく解説しよう。

自治体のルールに従おう

ヘルメットの捨て方は自治体によって異なる。燃えるごちや不燃ごみ、ほかにも粗大ごみとして分別することもあるので確認が必要だ。

分別や詳しい捨て方は自治体の公式ホームページでチェックできる。わからない場合は直接電話で問い合わせてみよう。

燃えるごみや不燃ごみの場合は、指定の曜日にゴミ捨て場に持っていく。粗大ごみとして捨てるなら、事前の申し込みや粗大ごみ処理券の購入が必要になるので用意しておこう。

ヘルメットの種類とタイプに注目

ヘルメットの種類によって、ごみの捨て方が変わるケースがある。半キャップタイプとフルフェイスタイプなどの違いにも注目しよう。

大きさによって分別が変わる自治体もあるので、メジャーなどで測っておくと安心だ。細かい分別を調べたうえで、正しい捨て方を確認してほしい。

2. ヘルメットの捨て方【売却】

ヘルメットを業者に買い取ってもらう捨て方だ。ただし、買い取りができないヘルメットもあるので先に調べておこう。

耐久年数を確認

製品の安全基準を定める「SGマーク」では、ヘルメットの耐久年数は3年とされている。過ぎると劣化していくため、買い取ってもらうのは難しい。

また、強い衝撃を受けたり酷い傷がついたりしたヘルメットは、安全性が損なわれている可能性がある。買い取りは期待できないので、自治体のルールを確認して正しい捨て方で処分しよう。

買い取り業者を活用する

購入してから3年以内で、状態がよいヘルメットなら買い取り業者を活用する。宅配買い取りや出張買い取りを利用すれば、店舗に行く必要もない。

限定モデルなど希少性が高いと高値がつくケースもある。買い取りができないヘルメットでも、無料で引き取ってもらえることがあるので、捨て方を考えるまえに一度査定にだしてみるとよいだろう。

3. ヘルメットの捨て方【寄付】

ヘルメットの捨て方を考えるまえに、寄付する方法を検討してみよう。不要になったヘルメットを海外で役立てることが可能だ。

発展途上国に寄付しよう

発展途上国では日本の不用品がさまざまな形で再利用されている。ヘルメットを寄付すれば、レスキューチームやボランティア団体、NGOで役立てられるだろう。

世界にはヘルメットをかぶらないまま危険な仕事をしてる人が大勢いる。ゴミとして処分する捨て方と違い、人の助けになるのが魅力だ。ただし、集荷などに料金がかかることがあるので、公式ホームページなどで確認しておくと安心だ。

寄付できるヘルメットは?

2020年7月10日現在、国際社会支援推進会「ワールドギフト」ではさまざまなヘルメットを募集している。バイク用や作業用、スポーツ用、防災用など、種類は問わない。

複数のヘルメットを同時に寄付することも可能だ。ただし、中がベタベタしているなど、状態が悪いヘルメットの寄付は避けよう。寄付できるヘルメットと分類して、一般的な捨て方で処分してほしい。

4. ヘルメットの捨て方【不用品回収業者】

ヘルメットを不用品回収業者に引き取ってもらう捨て方について紹介する。メリットと注意点をそれぞれ解説するので、ぜひ参考にしてほしい。

不用品回収業者のメリット

自治体でヘルメットを捨てる場合は回収日まで待つ必要がある。不用品回収業者は電話1本かけるだけで、自宅まで回収しにきてもらえるので便利だ。

不要なヘルメットが複数あったり、ほかにも捨てたいものがあったりする場合でも、まとめて処分できるだろう。引っ越しや大掃除など、不用品が発生しやすいときにおすすめの捨て方だ。

不用品回収業者を利用するときの注意点

不用品回収業者を利用した捨て方には処分料金がかかる。電話で問い合わせや見積もりでかかる料金をチェックし、複数の業者を比較することが重要だ。

また、環境省では無許可の不用品回収業者への注意を呼びかけている。(※1)不法投棄をしたり、法外な処分料金を請求されたりするリスクがあるので、必ず「産業廃棄物処理業の許可」を取得しているか確認してから利用しよう。

結論

ヘルメットの捨て方にはいろいろな方法がある。ヘルメットの状態や捨てるときの状況によって適した捨て方は異なるので、いろいろな方法を確認しておこう。新しいヘルメットなら売却か寄付を検討して、その他は自治体のルールを確認してから処分する。すぐに捨てたいときやほかにも捨てたいものがあるときは、不用品回収業者を活用するのもおすすめだ。

(参考文献)
※1出典:環境省「いらなくなった家電製品は正しくリユース・リサイクル!」
https://www.env.go.jp/recycle/kaden/tv-recycle/qa.html
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ