このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
三角コーナーの代わりになるもの4選!代用品を使ってみよう!

三角コーナーの代わりになるもの4選!代用品を使ってみよう!

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

2020年8月16日

三角コーナーは、常にシンクに置いてあるので、スペースを取るし清潔にしておかなければカビが生えることもある。この記事では、三角コーナーの代わりになるものを4品紹介する。すぐにマネしたくなるような代用品ばかりなので、ぜひ参考にしてほしい。三角コーナーの代用品を取り入れてみよう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 三角コーナーの代わりになるもの【ゴミ袋キーパー】

三角コーナーの代わりになるものには、どんなものがあるのか。ここでは、三角コーナーの代わりに使えるゴミ袋キーパーを紹介する。100均でも購入することができるので、ぜひ購入を検討してほしい。

ゴミ袋キーパーは省スペースで使える

ゴミ袋キーパーは、リングにゴミ袋をひっかけることで、三角コーナーの代わりに使うことができるアイテムである。吸盤がついているので、シンクにくっつけて使用することができる。省スペースで使うことができるので、シンクが広く使えるメリットがある。また、ゴミ袋を取り外してそのまま捨てることができるので、掃除の手間がかからないのも嬉しい。

2. 三角コーナーの代わりになるもの【自立式ゴミ袋】

ここでは、三角コーナーの代わりになる自立式ゴミ袋を紹介する。自立式ゴミ袋には様々な柄があるので、好みの柄を選んでキッチンを華やかにしてほしい。三角コーナーの代わりに自立式ゴミ袋を活用してみよう。

そのまま捨てられる自立式ゴミ袋

自立式ゴミ袋は、袋状になった自立するゴミ袋でビニールや紙でできているものがある。底の部分に小さな穴が開いており、水がはけるような構造になっているので三角コーナーの代わりに使うことができる。自立式ゴミ袋の大きなメリットは、そのまま捨てられるので掃除の手間がかからないことだ。毎日のことなので、これは非常に大きい。

3. 三角コーナーの代わりになるもの【エコホルダータワー】

ここでは、三角コーナーの代わりになるエコホルダータワーを紹介する。ネット通販や店舗でも購入することができるので、ぜひ参考にしてほしい。

使わない時は折り畳めるエコホルダータワー

エコホルダータワーは、4本の柱にビニール袋を内側からかけることで三角コーナーの代わりに使うことができる。折り畳むことができるので、収納時には省スペースで保管できる。また、エコホルダータワーは、三角コーナーだけでなくコップの水切りにも使えるので汎用性の高いアイテムだ。1つ持っておくと便利だろう。

4. 三角コーナーの代わりになるもの【新聞紙】

新聞紙が三角コーナーの代わりになるのをご存知だろうか。ここでは、三角コーナーの代わりになる新聞紙の使い方を紹介する。新聞紙なら多くの家庭にあるのではないだろうか。ぜひ実践してほしい。

新聞紙を使うとコストがかからない

ほとんどのご家庭にある新聞紙は、ほかの代用品と違いコストがかからない大きなメリットがある。また、新聞紙は吸水効果も高いので、三角コーナーの代わりに適している。次に解説する作り方を参考に、自身でも作ってみてほしい。

三角コーナーの作り方

  • 新聞紙を正方形にカットする
  • 三角になるように1回折る
  • さらに半分に折る
  • すべての角を小さく山折りにする
  • 袋状にする

結論

三角コーナーは、ゴミ袋キーパーや自立式ゴミ袋・エコホルダータワーや新聞紙で代用することができる。そのまま捨てられたり、使用時以外は折り畳んで保管できたりするので、ぜひ取り入れてほしい。三角コーナーの代わりになるものを使って、さらに使いやすいキッチンにしてみてはいかがだろうか?
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ