このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
キッチンラックでおしゃれに収納したい!収納術やDIY方法を紹介!

キッチンラックでおしゃれに収納したい!収納術やDIY方法を紹介!

投稿者:ライター 藤田幸恵 (ふじたゆきえ)

2020年8月18日

キッチンの収納スペースが少ないと悩んでいる方はいないだろうか?備え付けの収納棚が小さいなら、キッチンラックを使うのがおすすめだ。キッチンラックとは、調理家電や食器などを置ける棚だが、工夫次第でさまざまな使い方ができる。キッチンラックを使った上手な収納方法やおしゃれな収納術を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キッチンラックですっきり収納できる

キッチンラックは、ごちゃごちゃしがちなキッチンをすっきり整理するのに有効だ。キッチンラックとは、具体的にどのようなものを指すのだろうか?キッチンラックを使うメリットについても説明する。

キッチンラックとは?

キッチンラックとは、電子レンジや炊飯器などの調理家電や食器、食材などを収納できる棚のことだ。オープンラックになっているものや一部に扉が付いているものなど、さまざまなタイプがある。電子レンジの収納に使うことが多いので、「レンジラック」と呼ばれることも多い。

なぜキッチンラックでキッチンが片付くのか?

キッチンラックを使うと、キッチンが片付く理由を説明する。一般的に、キッチンラックは2~5段の棚になっている。炊飯器や湯沸かしポットなどは、通常上部がデッドスペースになりがちだが、キッチンラックを使うことで、上部にほかのものを収納することが可能になる。キッチンラックの種類によっては、天井に届くほどの高さがあったりキッチンの狭い隙間に置けたりするので、限られたスペースを収納として有効活用できる。

2. キッチンラックを使った上手な収納方法

キッチンラックを使って上手に収納するためのコツを解説する。

ラックの下にゴミ箱を収納する

ゴミ箱は、床に複数置いていると邪魔で生活感も出やすくなる。だから、キッチンラックの下に収納するのがおすすめだ。ゴミ箱を隠してスッキリさせることができ、デッドスペースになりやすいゴミ箱の上部をキッチン収納に使えるようになる。

家電を適切な場所に収納する

キッチンラックには、電子レンジや炊飯器、湯沸かしポットを置くのに適している。使いやすいように工夫されていて、コンセント口やスライドレールが付いているものも多い。スライドレールは棚板を前方に引き出せるので、炊飯器や湯沸かしポットを置くのに向いている。

食器は収納方法を工夫する

手持ちの食器の中でよく使うものや見せたいものは、キッチンラックの取り出しやすい位置に収納するのがおすすめだ。同じ種類ごとにまとめてカゴやトレイに並べると、取り出しやすくなる。

3. キッチンラックのおしゃれな収納アイデア術

キッチンラックを使っておしゃれな収納をしたいなら、おしゃれな方が実践しているアイデアを参考にするのがよい。キッチンラックの収納術を紹介する。

見せたくないものはカゴやボックスに入れる

調理家電や見せたい食器類以外は、外から見えないようにカゴやボックスに入れてキッチンラックに収納するのがおすすめだ。こまごまとした弁当グッズや、出ているだけで散らかっている印象を与えてしまうゴミ袋などは、種類ごとにまとめてボックスに入れるとよい。

収納ボックスやボトルをそろえる

キッチンラックで使う収納ボックスやボトルは、色や種類をそろえるとおしゃれに見える。ラタンのボックスやカゴを使うと、ナチュラルな雰囲気が出てカフェ風のキッチンになる。調味料やお茶などを入れるボトルも、同じ種類のものにすると多く並んでいても雑多な印象がなくなる。

食器を多く収納するなら縦置きする

限られた収納スペースに多くの食器を収納したいなら、食器を縦置きすると省スペースになる。無印良品の「アクリル仕切りスタンド」や山崎実業の「tower ディッシュラック」などを使って、収納スペースを確保している方が多い。

4. 収納に便利なキッチンラックをDIYしよう

自宅のキッチンに合う収納が欲しいなら、キッチンラックをDIYするのがおすすめだ。100均やホームセンターで販売されているすのこを使うと簡単にDIYできる。キッチンラックをDIYする手順を紹介する。

すのこを購入する

まずは、すのこを購入する。2段のオープンラックを作るときは、棚板2枚と側板2枚、合計4枚のすのこが必要だ。どのようなキッチンラックを作りたいのか事前に考えて、必要なすのこを購入しよう。

すのこをカットする

すのこは収納スペースのサイズに合わせてカットする。100均のすのこは薄いので、カッターナイフで切ることができる。厚みのあるすのこは、のこぎりで切ろう。

棚板と側板を接着する

カットしたすのこは、棚板と側板になるものに分けて接着する。軽いものだけを収納するなら、木工ボンドを使って接着できる。もっと強度が欲しい場合には、釘打ちしよう。

必要に応じて色付けする

すのこのキッチンラックはそのまま使うことができるが、よりオリジナルのものをDIYしたいなら、ニスを塗ったりペンキで色を付けたりするのがおすすめだ。

結論

キッチンラックを使用した収納法について解説してきた。キッチンラックは調理家電や食器、調味料などさまざまなものを収納できる便利なアイテムだ。だが、オープンなキッチンラックにそのまま置くだけだと雑多な印象になる。おしゃれに収納するためには工夫が必要だ。ボックスやボトルをそろえて統一感を出して、キッチンラックをおしゃれに使ってみよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ