このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
革靴の保管に適した場所はどこ?おすすめの保管方法も解説!

革靴の保管に適した場所はどこ?おすすめの保管方法も解説!

投稿者:ライター 松本マユ (まつもとまゆ)

2020年8月24日

ビジネスマンのマストアイテムともいえる革靴だが、革製品の性質上カビや変色が起こりやすく、お手入れや保管が難しいといわれている。そこでこの記事では、革靴の上手な保管方法を解説する。革靴を保管するのに最適な場所や、普段使わない革靴を長期で保管する方法、靴箱で短期間だけ保管する方法を紹介するので、この機会にぜひ見直してみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 革靴を正しく保管しないとどうなるの?

革靴の保管場所や保管の仕方を説明する前に、まずはなぜ革靴を正しく保管する必要があるのかを解説しよう。

カビが生える

革靴をはじめとする革製品はカビが生えやすいため、保管方法を誤るとカビが生えるおそれがある。
カビは温度や湿度が高いところを好み、たんぱく質や油脂、汚れ、革用クリームの拭き残しなどを栄養源とする。実は革の主成分はたんぱく質なうえ、革には植物タンニンや油脂なども含まれている。革製品はカビが栄養源とするものも多く含むため、高温多湿な環境に置かれていると、カビの格好の居場所となってしまうのだ。

変色する

革靴は変色もしやすい。乾燥によって色あせしたり、細かい傷が積み重なって色落ちの原因となったり、雨や汗によって色落ちしたりと、さまざまな理由で変色することがある。革靴の色の変化を防ぐためには、日々のお手入れと正しい保管が大切だ。

2. 革靴のおすすめの保管場所

上記のように、温度や湿度が高い場所では革靴にカビが生える可能性もある。そこで革靴を保管する際は、温度と湿度が低い場所を選ぶのがいいといえる。

とはいえ、靴は玄関のシューズボックスにしまっている方も多いはずだ。シューズボックスは扉を閉めておくと湿気がこもりやすいため、必ずしも「湿度が低い場所」とはいい難いが、湿気対策することで革靴も保管できるだろう。
シューズボックスに革靴を保管する場合は、以下のような対策を行うといい。

・シューズボックス内に乾燥剤を置く
・湿気を吸収する木製のシューキーパーを入れる
・たまにシューズボックスから靴を出して風を当てる
・濡れた靴はすぐしまわず乾燥させる

3. 革靴を長期保管する方法

オフシーズンの靴や冠婚葬祭の際に利用する靴など、長期間使わない革靴を保管するにはとくに注意が必要となる。革靴を長期保管する際に気をつけたいのは、カビと型崩れを防ぐことだ。ここではそのための対策を紹介しよう。

乾燥剤を置く

カビは湿度の高い環境で繁殖しやすいため、保管場所に乾燥剤を置き湿気を避けよう。乾燥剤はホームセンターやドラッグストアで買えるが、ない場合は靴の購入時に箱に入っている薄紙を革靴に巻くのもいいだろう。湿気が薄紙に吸収されるため、ある程度は効果的だ。

シューキーパーを使う

革靴の中にシューキーパーを入れることで、型崩れを防止できる。シューキーパーは木製のものだと湿気を吸収してくれるため、カビ対策にもなるだろう。シューキーパーがない場合は、丸めた新聞紙でも代用可能だ。

クリーナーやクリームで汚れを取る

革靴に汚れがついたままだとカビの栄養分となってしまうため、汚れを落としてから保管するといい。まずはクリーナーで汚れを落とし、かたく絞った布で軽く水拭きしよう。それから革靴用のクリームを塗り、除菌・消臭効果のあるスプレーをかけて保管するのがおすすめだ。

4. 革靴を短期間だけ保管する方法

革靴を普通に使用していて短期間だけ保管する際は、通常のお手入れを行っていればとくに問題ない。
普段のお手入れの方法は、軽くブラッシングしてから革靴用のクリーナーで汚れを落とし、よく拭き取ったら仕上げにクリームを塗り、防水スプレーをかけるというものだ。このお手入れは、週に1回程度を目安に行おう。

革靴をはいたあとは泥汚れや水分を落としてから、すぐにシューズボックスに入れず1日ほど乾燥させてから保管するのがポイントだ。大切な革靴を長くはくためにも、日頃のお手入れと乾かしてからの保管に気を配ろう。

結論

お気に入りの革靴はもちろん、高級ブランドの革靴などにカビや変色が見られたらショックだろう。革靴は普段から温度と湿度の低い場所に保管し、長期で保管する際はカビと型崩れをしっかり対策するといい。「これまで適当に保管していた」という方は、これを機に今一度保管方法を見直してみよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ