このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
掛布団の収納前にやっておきたいこととは?収納に役立つアイテムも!

掛布団の収納前にやっておきたいこととは?収納に役立つアイテムも!

投稿者:ライター 松本マユ (まつもとまゆ)

2020年8月28日

季節の変わり目などに掛布団をしまうとき、きちんとクリーニングに出したり、布団カバーを洗濯したりしているだろうか?シーズン中ずっと使っていた掛布団には、意外と汚れがたまっている。この記事では、掛布団を収納する前にやっておきたい準備について解説する。さらに、掛布団を収納するのに役立つ圧縮袋や専用マジックテープ、布団ケースなどのアイテムも紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 掛布団を収納する前の準備

掛布団には汗や皮脂などの汚れをはじめ、ホコリやダニ、雑菌などが付いている可能性が高い。掛布団を長く使うためにも、収納する前に布団をキレイにしておく必要がある。

布団を洗うかクリーニングに出す

掛布団には、洗濯できるものとできないものがある。ポリエステルの布団などは洗えるものも多いが、デリケートな布団はクリーニングに出すのがおすすめだ。たとえば羽毛布団は、洗濯に失敗すると羽毛が潰れたり片寄ったりしやすい。シルク生地の布団も自宅で洗うと傷みやすいことから、できればクリーニングに出すといい。

布団カバーやシーツを洗濯する

掛布団を収納する前に、使い終わった布団カバーやシーツは外して洗濯しよう。汚れたカバーやシーツを付けっ放しにしていると、掛布団にも汚れが移る可能性がある。

布団を乾燥させる

人は寝ている間に汗をかくため、掛布団には湿気がこもりやすい。湿気はカビの原因にもなり、掛布団の「大敵」ともいえる存在だ。
収納する前に布団乾燥機を使う、風通しのいい場所で干すなどし、掛布団を完全に乾かすといいだろう。

収納スペースを乾燥させる

掛布団をクリーニングに出したり乾燥させたりしても、ジメジメした収納スペースにしまっては意味がない。収納前にはクローゼットや押し入れなどの湿気を除去しよう。扇風機やサーキュレーターで風を当てる、除湿機を使う、扉を開けて空気を入れ替える、除湿剤を置くなどの方法が有効だ。

2. 掛布団の便利な収納アイテム【布団圧縮袋】

掛布団はふんわりしていて厚みがあるため、収納時にかさばりやすい。「クローゼットや押し入れが狭くて掛布団が入らない」という方は、布団用の圧縮袋を使ってみてはいかがだろうか。圧縮袋に入れて口を閉じるだけで、かさばる掛布団がコンパクトになり、省スペースで収納できるはずだ。

布団用の圧縮袋には、掃除機や専用のポンプで空気を抜くものと、手で押して圧縮するものの2タイプがある。掃除機や専用のポンプを使うタイプは短時間で圧縮できるが、手で押すタイプは自力で空気を抜くため多少の力が必要だ。

圧縮袋に羽毛布団を入れるのはNG

ちなみに、羽毛の掛布団を圧縮袋に収納するのはやめておこう。圧縮袋に入れて空気を抜くと羽毛が潰れるため、ふんわりした触感が損なわれてしまう。さらには羽毛特有の保温力が下がってしまうおそれもある。

3. 掛布団の便利な収納アイテム【専用マジックテープ】

掛布団をクルクル丸め、マジックテープ型の結束バンドで留めるというアイデアも。掛布団を丸めたまま収納できるので、クローゼットの隙間や収納ボックスにしまうことも可能になる。
たとえばRIP-TIEの「ラップストラップ」という製品は、本来ケーブルなどをまとめるのに使うアイテムだが、「掛布団をコンパクトに収納するのにも役立つ」と主婦やブロガーから人気を集めているようだ。

RIP-TIE「ラップストラップ」

柔らかい面とザラザラした面をくっつけて結合させる、マジックテープ型の結束バンド。結合部分が外れにくく、用途に応じて好きな長さに切って使える。

4. 掛布団の便利な収納アイテム【布団ケース】

掛布団の収納アイテムとしてメジャーなのが、収納袋などの布団用ケースだ。たいていの布団ケースが湿気のこもりにくい不織布やメッシュ生地を使っていて、ファスナーで開け閉めしやすい。軽いのでクローゼットや押し入れの上段にも収納しやすいだろう。

上で紹介したように、湿気は掛布団の大敵だ。そのため布団ケースを選ぶ際は通気性のよさに注目したい。ビニールの布団ケースは湿気を逃がしにくいため、掛布団を入れるのは避けたほうがいい。

結論

しばらく使ったあとの掛布団には汚れや湿気がたまっている。シーズンが終わり収納する前には、しっかりクリーニングしたり乾燥させたりして、来シーズンも心地よく使えるようにしよう。収納に役立つアイテムも紹介したので、自宅の収納スペースの大きさやしまいたい布団の枚数に合わせて選ぶのがおすすめだ。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ