このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
グローブのカビを防ぐには?取り方やクリーニング費用の目安も紹介!

グローブのカビを防ぐには?取り方やクリーニング費用の目安も紹介!

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年8月 5日

しばらく使っていなかったグローブを引っ張り出したらカビが生えていた、という経験はないだろうか?グローブにカビが生えてしまう原因や取り方、クリーニングに出した場合の費用の目安などを解説する。カビを防ぐためのお手入れ方法とあわせて参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. グローブにカビが生える原因

そもそも、グローブにカビが生えてしまうのは何が原因なのだろうか?カビを防ぐためにも、原因を知ることが大切だ。

汗や水分を放置した

グローブは革製のため水濡れなどに非常に弱い。手のひらの汗が染み込んだり雨に濡れたりしたグローブを長時間放置すると、カビが生えてしまうことがある。保管する前に乾かし、お手入れをしておくことが重要だ。

湿度が高いところで保管していた

風通しが悪く湿度が高い場所に長期間グローブを保管していたときも、カビが生えることがある。汗や水分で濡れたままこのような場所に保管すると、さらにカビが生えやすくなるため要注意だ。

オイルを塗りすぎた

グローブに保革オイルを塗ることは、大切なメンテナンスのひとつである。だがそのオイルを塗りすぎてしまうと、グローブが重くなったり革が柔らかくなったりして型崩れを招くことがある。また少しでもグローブが濡れているところへオイルをたっぷり塗ってしまうと、水分が残ってしまいカビの原因となることがある。オイルを塗る目安は、皮が乾いてカサカサしてきたと感じたときだ。

2. グローブのカビの取り方とクリーニングの費用

グローブに生えてしまったカビの取り方と、クリーニングに出したときの費用の目安を見ていこう。

カビの取り方

まずは濡れた雑巾を用意し、カビをできる限り拭き取ろう。おおかたのカビが取れたら、次はグローブを乾燥させてから、レザーローションやコンディショナーなどを使ってお手入れしよう。市販の皮革用洗剤を使ってみるのもおすすめだ。

完全には取り除けない

残念ながら、一度グローブにカビが生えてしまうと根絶することが難しいといわれている。上述の方法でも、革の繊維の深くまで入り込んだカビまでは落とせないからだ。洗濯機で丸洗いするわけにもいかないため、とにかくできる限りカビを取り除いたら、あとは繁殖しないように丁寧にケアしていくことが大切だ。

クリーニング費用の目安

落とせるカビかどうかは実際に見てみないと判断できないところだが、グローブをクリーニングに出すという方法もある。お店により料金設定が異なるためあくまで目安だが、1,500〜5,000円あたりを見ておこう。カビの範囲や根深さによってはそれよりも高いか、落とせない可能性もある。まずはグローブを持ち込んで相談するとよいだろう。なお、練習や試合が近い方はクリーニングにかかる日数も確認しておくと安心だ。

3. グローブのカビを防ぐお手入れ方法と注意点

お伝えしたように、いったん生えてしまったグローブのカビは完全に取り除けない。したがって汗や雨などで濡れたときはしっかりケアをして、カビを生やさないように心がけることが大切だ。最後に、グローブをカビから守るお手入れ方法について解説する。

カビを防ぐ!濡れたグローブのお手入れ方法

1.乾いた布で表面の泥などを落とせるだけ落とす
2.新聞紙を丸めて指袋(指を入れる穴)に詰める
3.手のひらから手口まではタオルを丸めて詰める
4.風通しのよい日陰に、逆さに立てた状態で置く

以上の手順で自然乾燥させよう。扇風機などで風を当てるのもおすすめだ。完全に乾いたら、普段どおりにレザーローションなどを使ってお手入れしよう。なお、汗で濡れたグローブの場合は、手のひらやヘリ革をメインに乾いた布で拭いていこう。もちろん、ほかに汚れがある場合は一緒に落としておくとよい。

グローブが濡れたときにしてはいけないこと

・コタツに入れる
・ドライヤーの温風をあてる
・衣類乾燥機にかける
・直射日光にあてる など

汗や雨などで濡れたグローブは、カビを防ぐためとにかく早く乾かすことが大切だ。だが革製品であるグローブは、熱に弱い。上記のような方法で乾かそうとするとグローブの寿命を縮めてしまうことになるため、注意してほしい。

結論

グローブに生えたカビは根こそぎ取り除くのが難しい。日頃のケアはもちろん、汗や雨で濡れたときなどはとくに入念にお手入れをして、カビを防ごう。万が一生えてしまったときは濡れた雑巾で落とせるだけ落とし、レザーローションなどでお手入れをしよう。ひどいカビは落とせない可能性もあるが、念のためお店に持ち込んでクリーニングできるかどうか相談してみてはいかがだろうか。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ