このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
収納に便利な工具箱にはどんな種類がある?選び方も紹介!

収納に便利な工具箱にはどんな種類がある?選び方も紹介!

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

2020年8月 5日

工具箱は、道具をひとまとめに収納できる便利なアイテムである。この記事では、収納に便利な工具箱や選び方を紹介する。購入の際はぜひ参考にしてほしい。自身に合った工具箱を選んで、所有している道具を収納してみよう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 収納に便利な工具箱の種類【ボックス型】

工具箱には様々な種類がある。店舗やネット通販でも購入できるボックス型の工具箱を紹介する。店頭で販売されている実物を見て、収納状況を把握すると失敗なく購入できるのでおすすめだ。

持ち運びに便利

コンパクトで上部に持ち手がついているので持ち運びに適している。手軽に持ち運びたい方や、収納するものが少ない方におすすめだ。アルミニウムやスチール、樹脂やプラスチックといった様々な材質がある。
また、子どものレゴやトミカといった細かなおもちゃを収納しておくのにも便利だ。子どもが持ちやすい大きさの工具箱を購入すると、子ども自身で管理することもできるのでおすすめだ。
商品情報

2. 収納に便利な工具箱の種類【キャビネット型】

たくさん収納できるキャビネット型の工具箱を紹介する。大きく場所を取るので、工具箱の置き場所を確保してから購入してほしい。

収納量が多い

たくさんの道具を収納しておきたい方におすすめの工具箱だ。キャビネット型の工具箱は大きな引き出しがついていたりキャスターがついていたりする。据え置きで使用している場合が多く場所も取るので、ガレージなどに置ける場所を確保してから購入を検討してほしい。
商品情報

3. 収納に便利な工具箱の種類【バッグ型】

腰に下げる工具箱を見たことはないだろうか?バッグ型の工具箱を紹介する。収納するものが少ない方におすすめだ。道具を収納する際に検討してみてほしい。

腰に下げながら作業できる

腰に下げながら作業ができるので、作業中に道具をサッと取り出すことができる。高所の作業にも使いやすい。腰に下げるので他の工具箱に比べると多くの道具は収納できないが、手が離せない作業時などに適している。バッグ型の工具箱に道具を収納してみるのはいかがだろうか?
おすすめ商品

4. 収納に便利な工具箱の選び方

工具箱はどのように選べばよいのだろうか?収納に役立つ工具箱の選び方を紹介する。この記事を参考に、自身で選んでほしい。

工具のサイズや箱の材質で選ぶ

自身の所有している工具のサイズに合わせて収納する工具箱を選ぶとよい。ノコギリなど大型の工具を収納する場合、それに合わせたサイズを選ぶことが大切だ。工具箱を材質で選ぶのもよい。材質にはそれぞれの特徴があるので、ぜひ購入の際の参考にしてほしい。
  • アルミニウム(頑丈で軽量)
  • スチール(アルミニウムよりも頑丈)
  • 樹脂(頑丈で最もポピュラーな材質)
  • 布(バッグ型に使用されており、腰にしっかりとフィットする)
  • プラスチック(価格がやすいが、あまり丈夫でない)

使用する場面で選ぶ

使用する場面に応じて工具箱を選ぶのはいかがだろうか。日常使いを目的として移動させることがある場合はボックス型、ガレージでたくさんの道具を使い本格的な作業をする場合はキャビネット型を選ぶとよい。また、高所や作業中手が離せない場合はバッグ型といったように、使用する場面に応じて選ぶとよい。

結論

工具箱には様々な種類がある。材質やサイズも様々なので、自身の用途に適した工具箱を選んで購入してみよう。子どものベイブレードやトミカ、レゴといったコンパクトなおもちゃを収納しておくのにも適しているので、子どもと一緒に選ぶのもおすすめだ。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ