このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スニーカーの臭いを取る洗い方&洗えないスニーカーの消臭方法とは

スニーカーの臭いを取る洗い方&洗えないスニーカーの消臭方法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月 3日

スニーカーを脱いだときにモワッと漂うイヤな臭い。頻繁に脱いだり履いたりする方は特に、スニーカーを人前で脱いだときに臭わないか気がかりで仕方がないだろう。そこで今回は、スニーカーの臭いの原因や臭いを取る洗い方、臭いを予防する方法などについて解説する。ぜひ最後までお読みいただき、外出先での臭いストレスの解消に役立ててほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スニーカーの臭いの原因とは?

スニーカーがクサくなるのは、臭いの元となる雑菌が繁殖していることが原因だ。足の裏は汗をかきやすいため、スニーカーの中は常に汗や皮脂で汚れている。高温多湿を好む雑菌にとって汗でジメジメした靴の中は最適な環境であり、どんどん数が増えて靴はさらに強烈な臭いを放ってしまうというわけだ。

キレイに洗った靴下を履いたとしても、スニーカーの中に大量の雑菌がいる状態では靴下にまで臭いがついてしまうので注意しよう。

2. 洗えないスニーカーの臭いを消す方法

洗えないスニーカーがクサくなっても、対処法があるので安心してほしい。どのご家庭でも一つはもっているであろう身近なグッズでイヤな臭いは消せるのだ。スプレー式からパウダー式、炭などさまざまな方法を紹介するので、今日からでも試してみよう。

P&G「ファブリーズ」

臭いを根こそぎ取り除き、除菌効果も兼ね備えている消臭・除菌スプレー。靴にシュッと吹きかけ、あとは乾かすだけでOKだ。
商品情報

10円玉

10円玉は95%が抗菌作用があるとされる銅からできている。10円玉を蒸れたスニーカーに入れると水分に反応して銅イオンが発生し、バクテリアなどの雑菌を分解してくれる。片方につき5枚程度の10円玉を重ならないように並べてひと晩放置すると、翌朝イヤな臭いが消えていることを実感できるはずだ。

重曹

パウダー式の消臭方法としておすすめなのが、重曹を使う方法だ。ナチュラルクリーニングとして主婦に人気の重曹はアルカリ性の性質を持っており、スニーカーについたイヤな臭いを消す効果が期待できる。

靴下やガーゼなどで100g程度の重曹を包み、あとは靴の中に入れて放置する。その際重曹が漏れないように、穴や隙間が空いていないか確認しよう。

新聞紙

脱いだあとのスニーカーの中に新聞紙を入れておく方法も消臭対策としておすすめだ。新聞紙が湿気を吸着させることによって靴の水分を取り除き、臭いの元となる雑菌の繁殖を抑えることができる。

木製のシューキーパー

木製のシューキーパーをお持ちであれば、新聞紙と同じく湿ったスニーカーの中に入れておこう。優れた調湿機能によりスニーカーの水分を吸い取り、靴の乾きを早めて雑菌の繁殖を抑えてくれる。

炭には多孔質という性質があり、スニーカーの水分やイヤな臭いを吸着する働きがある。炭は布や紙袋に入れてからつま先までしっかり届くようにスニーカーの中に入れる。ただし炭が吸収する臭いの量には限界があるので、臭いを吸い取らなくなってきたらしばらく乾燥させよう。乾かしたあとは再利用ができる。

株式会社シャッフル「グランズレメディ」

スニーカーに染み付いてしまった臭いを消臭し、靴をまるごと抗菌仕様にしてしまう画期的な靴用消臭剤。Amazonの人気商品で、スニーカー以外にも革靴やブーツなどに使用可能だ。パウダーをスニーカーの中に入れるだけで、靴に染みついた臭いや雑菌を消臭できる。

3. なかなか臭いが取れないスニーカーの洗い方

スニーカーに臭いが染み付いてなかなか取れない場合は、一度丸洗いをして汚れや雑菌をリセットしよう。

1. 40度程度のぬるま湯を準備する
2.弱アルカリ性の粉末洗剤(1リットルあたり5g)を入れて溶かす
3. 30分ほどつけおきする
4.ブラシや古歯ブラシで目立つ汚れを落とす
5.スニーカーの中と外を磨く
6.風通しの良い場所で乾かす

水洗いをしてもスニーカーに臭いが残る場合は、粉末洗剤に重曹を加えてつけおきしよう。重曹が臭いに作用して、さらに消臭効果を高めることができる。

4. スニーカーの臭いを予防する対策法

スニーカーにイヤな臭いがこびりつかないようにするためには、スニーカーに臭いの元となる汚れを持ち込まないことが大切だ。具体的な方法を2つ解説する。

素足を丁寧に洗う

素足は雑菌が繁殖しにくいように丁寧に洗うことを心がけよう。常に清潔にしておくことで、足からスニーカーへイヤな臭いが行ったり来たりするのを予防できる。特に足の指の間や爪の周りには臭いの元となる雑菌が繁殖しやすいため、入浴時は意識して丁寧に洗う必要がある。

中敷きを敷く

中敷きには消臭・抗菌効果がある製品を使用するのも臭い対策の一つとして有効だ。中敷きなら取り外しできるので、中敷きだけこまめに洗ったり、定期的に交換したりして靴を清潔に保つことができる。

結論

スニーカーから嫌な臭いがすると、自分だけでなく周りの人にも不快な思いをさせていないか気になってしまう。友人のお宅にお邪魔するときや外食で座敷に座るときなどは特に、周りの目が気になって落ち着かないだろう。今回ご紹介した消臭方法や臭い対策を日常に取り入れて、スニーカーのイヤな臭いは今すぐ解消しよう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ