このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
お菓子入れを一工夫!選び方やオシャレに飾るアイデアを紹介

お菓子入れを一工夫!選び方やオシャレに飾るアイデアを紹介

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年8月17日

ストック用のお菓子や一度開封したお菓子はお菓子入れで保存しよう。わかりやすく分類したり湿気を防いだりと、使用するお菓子入れ次第でさまざまな使い方ができる。この記事では、お菓子入れの選び方や収納するときのコツを解説する。オシャレな収納事例や手作りする方法と併せて紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. お菓子入れの正しい選び方

お菓子入れのサイズや見た目はさまざまだ。お菓子入れを選ぶときに知っておきたいポイントを2つ紹介する。

シーンで使い分ける

使用するシーンによって適したお菓子入れは異なる。たとえばストック用は収納力や出し入れのしやすさ、来客用やインテリアとして活用したいなら見た目が重要だ。オシャレなお菓子入れを用意して飾れば、部屋やテーブルの上が華やかになる。

お菓子を持ち運ぶならコンパクトなお菓子入れを選ぶ。小分けにしたいならジップバック、割れやすいお菓子にはプラスチックの保存容器がおすすめだ。

入れるお菓子で変える

お菓子入れは収納するお菓子で選ぼう。大袋のお菓子を入れるなら大きなサイズ、小さなお菓子をまとめたいなら小さなサイズのお菓子入れが適している。

お子さんのお菓子を保存する場合は、割れやすいガラス製は避けたほうがよいだろう。いろいろなお菓子をストックするなら、複数のお菓子入れで分類する方法もある。

オシャレなお菓子を見せる収納にする場合は、透明なタイプやフタがないタイプがおすすめだ。隠したいならお菓子入れごと戸棚に入れるか、フタ付きタイプのお菓子入れを選んでほしい。

2. お菓子入れに収納する際のコツ

お菓子入れに収納するときの注意点は2つだ。お菓子を安全に楽しむためにも、ぜひ確認してほしい。

密封する

一度開封したお菓子を放置すると湿気を吸い込んでしまう。冷蔵庫など他の食材と一緒に保存する場合は、におい移りが心配だ。密封性の高いお菓子入れを選ぶと食感や風味を保ちやすくなる。

空気が中に入らないか事前に確認しておくと安心だ。ただし、密封できるお菓子入れを使っていても、お菓子のパッケージに書いてある保存方法を必ず守って早めに食べきってほしい。

賞味期限に注意

個装のお菓子の場合は、外袋にしか賞味期限や消費期限が書かれていないケースがある。中だけお菓子入れに移すとわからなくなるので、紙に書いてお菓子と一緒に入れるかラベルを貼り付けよう。

ただし、お菓子の賞味期限や消費期限は開封前のものだ。一度開封したお菓子や個装でも密封されていないお菓子は、なるべく早く消費しよう。

3. お菓子入れのオシャレな活用事例集

使用するお菓子入れや飾り方を工夫すれば見せる収納になる。オシャレに収納するアイデアについて2つ紹介しよう。

ビンに入れる

透明なビンをお菓子入れにすれば中身が見える。そのまま飾るだけでオシャレなインテリアになり、開封ビンならお菓子を湿気から守ることもできる。リボンを巻いたり複数のビンで分類して並べたりとアレンジもしやすい。

ビンの代わりに透明なドリンクボトルを使ってもよいだろう。プラスチック製なら割れにくいので、小さなお子さんがいるご家庭にもおすすめだ。

かごや皿に入れる

オシャレなかごやお皿をお菓子入れにするアイデアだ。そのままテーブルや棚に置けば、食べたいときにサッと手に取れる。

かごやお皿のデザイン、飾り方にこだわるのがポイントだ。大きめの四角いかごに仕切りをつければ、複数のお菓子もわかりやすく分類できる。

4. 便利な手作りお菓子入れの作り方

新聞紙や折り紙を使って作るお菓子入れの作り方を紹介する。活用方法と併せて解説するので、ぜひ実践してほしい。

手作りお菓子入れの作り方

紙で作る箱型お菓子入れの作成に必要な材料は長方形の紙だけだ。新聞紙やチラシはそのまま使用し、折り紙を使う場合は長方形にカットしておこう。

1.半分に折った紙をさらに半分に折る
2.三角形に開いたらつぶす
3.裏返したら反対側も同じように三角形に開く
4.中の面が表になるように右に開く
5.裏返したら反対側も同じように右に開く
6.真ん中にある折り目に合わせて両側を折る
7.裏返したら反対側も同じように両側を折る
8.三角の部分に向かって上に折りたたむ
9.反対側も同じように折ったら箱の形になるように開く

作りたいお菓子入れの大きさに合わせて使用する紙のサイズを変えよう。手順6と手順7のときに三つ折りにすれば、縦に長くなるので長方形のお菓子入れを作れる。

お菓子入れの活用方法

キレイな柄の折り紙や包装紙を使えば、見せる収納やプレゼント用のラッピングになる。新聞紙やチラシなど不要な紙を活用することで、使い捨てのお菓子入れになるだろう。

紙でできたお菓子入れはそのままゴミ箱に捨てられる。子供にお菓子を入れて渡して包装紙などのゴミを入れてもらい、処理するといった使い方が可能だ。

結論

お菓子の種類や使うシーンによって適したお菓子入れは異なる。来客用にオシャレなお菓子入れを用意したり、ストックしたお菓子をスッキリ収納したりと用途によって選んでほしい。一度開封したお菓子を入れるなら密封性が重要だ。ビンやかご、紙で手作りした箱など、さまざまな方法を実践してみよう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ