このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ベッドのマットレスの掃除方法は?快適な睡眠のための掃除ポイント

ベッドのマットレスの掃除方法は?快適な睡眠のための掃除ポイント

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

2020年8月28日

あなたのベッドは快適だろうか。嫌なにおいやジメジメ感、カビやダニの予兆はないだろうか。布団と違って、ベッドのマットレスは丸洗いもできない。重さもあり簡単に掃除がしにくいというデメリットがある。だからといって、掃除をさぼってしまうと、ホコリや皮脂汚れがたまって、それに引き寄せられるようにダニやカビが発生する。ベッドのマットレスの掃除方法や掃除しやすい環境を保つコツなどを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ベッドのマットレスの掃除が必要な理由

人の一生において、3分の1は睡眠時間だといわれている。その3分の1をいかに快適に過ごすかは、睡眠の質の向上をはじめ、心身に多大な影響を及ぼす。ベッドの掃除は、快適な睡眠の基本となるものだ。

人の体から出る汚れ

ベッドのマットレスの汚れのほとんどは、人の体から出る汚れだ。人は、毎晩寝ている間にコップ一杯の汗をかくといわれている。夏場ならそれ以上の汗をかきそうだ。かなりの量の水分をベッドのマットレスが吸い込んでいることになる。

さらに、人の体から出た皮脂成分やフケ、髪の毛、皮膚の角質といった汚れも、ベッドのマットレスに蓄積されていく。

ベッドのマットレスの掃除を怠っていると、こうした汚れが原因で嫌なにおいを発したり、シミや黄ばみになったりする。

ホコリ、カビ、ダニ

ベッドの掃除を怠り、汚れを放置しておくとカビやダニの温床となる。カビやダニは「湿度」「温度」「エサ」があれば、どこでも発生する。この3条件を満たしているのがベッドのマットレスなのだ。

カビは、人が吸い込むと喘息などのアレルギーの原因になる。ダニも死骸やフンがアレルギーの原因になる。さらに、肌を刺されるとかゆみで眠りを妨げられることにもなる。

2. ベッドのマットレスの掃除方法

ベッドのマットレスを掃除するのに、最も手軽で有効な道具といえば掃除機だ。ホコリやフケ、髪の毛などの目に見えにくい汚れを吸い取ってくれる。掃除機でベッドを掃除するのにもコツがある。

準備をする

掃除機をかける前に、準備をしておこう。まず、布団専用のノズル、あるいは布団用のヘッドを持っている場合には用意しておく。普段、掃除で使っていてノズルの汚れが気になるという場合には、ノズルをキレイにしておこう。

ベッドのシーツをはずす

部屋の窓を全開にしてから、ベッドのシーツを外す。シーツの上には、ホコリやフケなどの汚れがたまっている可能性がある。シーツを外すときには、汚れがマットレスの上に散らばってしまわないようにしたい。シーツの端から汚れを中央に集めるようにして外そう。

ベッドのマットレスに掃除機をかける

ベッドのマットレスに掃除機をかける場合には、できるだけゆっくりと丁寧にかけるのがコツだ。掃除機のヘッドを前後に動かしながら、縦方向、横方向にかけるようにしよう。

とくにマットレスのキルティング部分は汚れがたまりやすいので丁寧に掃除機をかけるようにしよう。

また、マットレスの表面だけでなく裏面も同じように掃除機をかけると完璧だ。

3. ベッドマットレスのダニやカビの掃除方法

ベッドのマットレスでやっかいなのがダニやカビだ。直接健康にも影響するので、しっかりと対処しておきたい。

ベッドマットレスのダニ掃除

ベッドマットレスに生息するダニは、残念ながら掃除機では対処しきれない。掃除機で対処できるのは、ダニの死骸やフンだけだと思っていい。生きているダニは、繊維をしっかりとつかんでいるため、掃除機の吸引力くらいではなかなか吸い取れない。

ダニは熱に弱い。ベッドのマットレスの場合には布団乾燥機を利用しよう。60分ほど乾燥器を作動させ、その後、掃除機で死骸を取り除いておくことが大切だ。

布団乾燥機がない場合には、市販のダニ駆除薬剤などを利用しよう。その場合にも、駆除後に掃除機をかけておくことを忘れてはいけない。

ベッドマットレスのカビ掃除

カビはあっという間に広がってしまうので、見つけたら早急に対処する必要がある。ひどい場合には、マットレスの買い替えを余儀なくされる。

まず、カビの掃除に必要なのは「消毒用アルコール」だ。消毒用アルコールをスプレーなどでカビに吹きかける。1時間ほど置いて、カビに消毒用アルコールが浸透したところで、濡らした布で拭き取る。このとき、ゴシゴシと擦ってしまうとカビの胞子を広げてしまうことになる。ポンポンと叩くようにしてカビを拭き取っていこう。掃除の後は、十分に乾燥させることが大切だ。

4. 掃除しやすいベッド環境を保つコツ

ベッドを掃除するのは大変だと思うかもしれない。しかし、掃除しやすい環境にしておけば、簡単に掃除を終わらせることができる。

ベッドシーツ・マットはこまめに交換する

ベッドシーツやマットを使うことで、ベッドのマットレスへの直接の汚れを防ぐことができるため、掃除もラクになる。汗を吸収し、体から出る皮脂汚れやフケ、髪の毛などをマットレスに付きにくくする。

さらに、ベッドシーツなら高温で乾燥させることができるため、ダニを完全に死滅させられる。

除湿シートを敷く

カビやダニは、湿度を好む。布団と違ってベッドのマットレスは天日干しするのは難しい。そこで活用したいのが除湿シートだ。汗による湿気も吸収してカビやダニの発生を抑えてくれる。

除湿シートは硬めの素材でできているため、マットレスの上に敷いてしまうと寝心地が悪くなる。マットレスと床板の間に敷くのが正解だ。これで十分マットレスの除湿ができる。

時折、取り外して天日干ししてやることで、除湿力は復活する。

結論

ベッドの掃除では、マットレスを中心に汚れ、ダニ、カビ対策を行うことが大切だ。ダニやカビが好む環境を作らないためには、こまめな掃除と湿気対策がポイントとなる。ベッドの掃除を簡単にするためにはベッドシーツやパッドを敷いて、さらに除湿シートを利用することをおすすめする。快適な睡眠でさわやかな朝を迎えよう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ