このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
デニムジャケットの洗濯は難しくない!コツや注意点を徹底紹介

デニムジャケットの洗濯は難しくない!コツや注意点を徹底紹介

投稿者:ライター 吉田ひとみ (よしだひとみ)

2020年8月31日

ファッションアイテムとして欠かせないデニムジャケットだが、色落ちや型崩れなどの失敗が怖くてなかなか洗濯できない方はいないだろうか?コツを知れば、自宅でデニムジャケットを洗濯するのは難しくない。アウターは汚れやすいアイテムだ。キレイな状態で長く着るためにも、正しい洗濯方法を知ってしっかりケアしよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. デニムジャケットは自分で洗濯できるの?

デニムジャケットは適切に洗濯しないと縮みやすいし、色落ちもしやすい。デニムジャケットが色落ちしたせいで、一緒に洗濯したほかの衣服に色移りしてしまった経験がある方も多いだろう。

上記のような理由から自分で洗濯するのは難しいと思われがちなデニムジャケットだが、注意すべき点やコツを知っていれば、自分で洗濯するのも決して難しいことではない。後述するポイントを守って正しく洗濯しよう。

2. デニムジャケットの洗濯前の準備

デニムジャケットの洗濯は難しくないと言ったが、ただ洗濯機に入れればよいわけではないし、すべてのデニムジャケットが自分で洗濯できるとは限らない。洗濯をする前に以下の点を確認しよう。

洗濯表示を確認する

デニムジャケットに水や洗剤をつける前に、必ず洗濯表示を確認しよう。デニムジャケットには洗濯機が使えるもの、手洗いなら洗えるもの、家庭では洗えないためクリーニングに出さなければいけないものがある。洗濯表示の指示を守らずに洗濯すると失敗の原因になるため、しっかり確認しよう。

汚れが目立つ箇所は前処理する

洗濯表示を見て洗濯できることが確認できたら、デニムジャケットに目立った汚れやシミがないか確認しよう。汚れが目立つ箇所には洗濯する前にオシャレ着用洗剤の原液を塗布して、歯ブラシなどで軽くこする。このときに強くこすると色落ちの原因になるので気をつけよう。デニムジャケットは袖口や襟がとくに汚れやすい。事前に確認して前処理をしておこう。

3. デニムジャケットの上手な洗濯方法

デニムジャケットを失敗がなく洗濯するためにはいくつかのポイントがある。しっかり把握して失敗を防ごう。

オシャレ着用洗剤を使用する

デニムジャケットを洗濯するなら、刺激が少なくて色落ちを防いでくれるオシャレ着用の洗剤を使おう。逆に漂白効果のある洗剤は色落ちの原因になるため、避けたほうが無難だ。

一緒に防臭効果のある柔軟剤を使うと肌触りがよくなるだけでなく、汗などのにおいがつくのを防いでくれるためおすすめだ。

ほかの衣類と一緒に洗濯しない

デニムジャケットの染料は洗剤や水によって溶け出すため、ほかの衣類と一緒に洗濯すると色移りすることがある。ほかの衣類とは別にして洗おう。

裏返して洗う

洗濯する前にデニムジャケットを裏返すことで、こすれによる傷みや色落ちを防げる。さらに内側に付着した汗や皮脂などの汚れも落ちやすくなる。デニムジャケットのボタンは外しておこう。

洗濯機を使用するならネットに入れて優しく洗う

洗濯機を使う場合はデニムジャケットを洗濯ネットに入れてから、手洗いコースやドライコースのような優しい水流で洗えるコースを設定しよう。デニムジャケットがを傷むのを防いでくれる。脱水は短時間で軽く行う。

手洗いの場合は押し洗い

手洗いする場合はデニムジャケットが入る大きさの桶などに、水やぬるま湯を入れて洗剤を溶かす。その中に裏返してから軽く折りたたんだデニムジャケットを入れて、優しく押し洗いをする。新しい水に替えながらしっかりとすすぎ、最後に洗濯機で軽く脱水する。

4. デニムジャケットの干し方

デニムジャケットは洗濯が終わったからといって油断してはいけない。洗濯が終わったら放置せずにすぐに干そう。洗濯が終わったまま濡れた状態で放置すると、色落ちや型崩れの原因になる。

デニムジャケットを乾かすときは、乾燥機や天日干しは避けて風通しのよい日陰で吊り干しする。型崩れや色落ちを防ぐため、デニムジャケットは厚みのあるハンガーに、裏返した状態でかける。手のひらで軽くたたいてしわを伸ばして、形を整えてから乾かそう。

結論

失敗を恐れて洗濯を避けがちなデニムジャケットだが、ポイントをしっかり守って洗濯すれば失敗を防げる。頻繁に洗濯する必要はないが、汚れやほこりがたまりやすいため定期的に洗濯をしよう。ハンガーはデニムジャケットの肩幅に合った厚めのものを使うと型崩れしにくい。正しくケアすれば色落ちや型崩れを防ぎながらキレイな状態を保てるので、しっかりマスターしよう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ